【社員インタビュー】チームワークと自走心で自社サービスを成長に導くメイクショップWEBデザイナーの魅力とは?

こんにちは、GMOメイクショップ広報の戸恒です!

ECプラットフォームやマーケティングツールの提供からECの運営代行までおこなう弊社では、営業やマーケター、エンジニア、デザイナー、コンサルタントなど、さまざまな職種のメンバーが一緒に働いています。

その中でも今回は、弊社のデザイナーについて知っていただくため、主軸サービスであるMakeShopのUX/UIデザインやプロモーションデザイン、コーポレートブランディングまで担当するデザイナー3名のインタビューの様子をご紹介します。

右から、デザイナーの柳原・大橋・今井、そして人事の坂西がインタビュアーをつとめます!


WEB未経験や制作会社からインハウスWEBデザイナーへの転身!

坂西:まずはみなさんがメイクショップに入社した経緯を教えてください。

柳原:前職ではエディトリアルデザイナーとして雑誌などのデザインをしていました。そのうちにWEBをやってみたいと思うようになり、WEBの学校へ通って実務未経験でメイクショップに入社しました。

坂西:未経験での入社だったんですね。最初から問題なくスタートできましたか?

柳原:最初は慣れない分コーディングがしんどかったですね。今まではカタチを作ったら終わりだったんですが、それをコードで組み立てなければいけないので。ゴールのデザインは見えてるのに、組み立てがこんなに大変なのかと…

今井:私も前職ではデザインまででコーディングは別の人がやっていました。制作会社で大手ECサイトのデザインを担当したことがきっかけで、EC面白いなと思いメイクショップに入社しました。デザインだけでなく、自分で最初から最後まで作り上げることにやりがいを感じますね。

柳原:雑誌は作って終わりだったのですが、WEBはリリースしてからも効果検証までできるのが魅力かもしれないですね。

大橋:僕も前職は制作会社にいたので、クライアントの依頼に対し納品して終わりといった感じで効果検証まで深く関わることが難しい状況でした。自社サービスを持っている会社に入って効果検証しながらサービスを成長させていきたいという思いがあり、メイクショップに転職することに決めました。


イベント運営からサービスの成長までを担うメイクショップのデザイナー!

坂西:続いては、業務内容について教えていただけますか?

大橋:ざっくり言うと、自社サービスに関わる全てのデザインをしています。

坂西:そうなると結構他の部署の方と業務で関わることも多いですよね?

大橋:そうですね。例えばマーケティング担当者との定例ミーティングで数字の共有をしてもらい改善施策の話し合いをしたり、機能に関する開発のミーティングにも参加しデザイナー目線で意見を言えたりしますね。上流工程から関わることができるので、デザイナーの領域が広がった気がします。

坂西:確かにそうですよね。任せてもらえる範囲は広いですね。では、メイクショップで働いていて面白いと感じるのはどんなところですか?

柳原:やりたいと言ったらチャレンジさせてもらえるところですかね。僕はイベントに関わりたいなと思っていたので、自分から手をあげて社内のイベント活動などに携わらせてもらえるようになりました。

坂西:以前は管理部門が主導していた全社のミーティングも、今はデザイナーチームと管理部門で連携しながら運営されてますもんね。オープニングムービーが上映されるようになったり、演出が加わり進化していますね。あれって結構大変なんじゃないですか?

柳原:結構大変なんですよ。ぎりぎりまで資料が集まらないとか…

大橋:直前までバタバタしますよね。

柳原:大変なんですがやりたいことにチャレンジさせてもらっているので、開催後にはアンケートをとって次回の改善点を探るなど、少しでも良いイベントにしていけるよう取り組んでいます。今後もイベント系はどんどん首を突っ込んでいきたいと思っています!

坂西:今井さんは、メイクショップのどんなところが面白いですか?

今井:自社サービスを展開している会社なので、ひとつのサービスの成長を見届けられるところですね。先ほども話に出ましたが、効果測定をして改善していけるので。まだ測定の部分はしっかりできていないのですが、今後はもっと注力してより良いサービスにしていくという目標をもってやっています!

坂西:素敵な目標ですね。サービスの成長が自分の成長にもつながりますもんね。大橋さんはいかがですか?

大橋:僕もサービスを成長させていけるというところに面白みを感じていますね。また、MakeShopという年間総流通額が業界No.1のカートASPを提供している会社なので、MakeShopを使ってECを展開しているお客様の成長にも関わることができます。最近ではAxコマースという上位版のサービスもリリースされたので、お客様の売上規模も大きくなってきていますし影響力も大きいと思います。そういった大きな流通を支える一員になっているという点に魅力を感じていますね。

坂西:では逆に大変なところはありますか?

柳原:大変というか、インハウスだと社内の人がクライアントのようなものなので、コミュニケーションを大切にしていますね。ちゃんとヒアリングをして、依頼内容や目的を汲み取るようにしています。

大橋:社内にはいろいろな立場のいろいろな意見の人がいるので、そういったいろいろな人たちの意見を聞いてデザインに落とし込んでいかなければならないのは、責任重大だなと感じますね。

柳原:大変だし、それもまたやりがいですよね!


チームワークをもって自走できるデザイナーを募集!

坂西:最後に「こんな人と一緒に働きたい」というような、新たなデザイナーメンバーへのメッセージをお願いします!

柳原:自分で走っていってくれる人が良いですね。せっかく自社サービスがある会社なので、やりたいことを自分でみつけてチャレンジしてもらえたら良いと思います。

大橋:そうですね。でも、みんなで一緒に進めることも多いので、自走するなかでもただ突っ走るのではなく、チームワークも大切にしてくれる人が良いですね。

今井:はい。相手を尊重できる人が良いですね。

坂西:成長段階にある会社で一緒に働く限られたメンバーだからこそ、コミュニケーションをとりながら仕事を進めるというのは大事ですもんね。

柳原:今まさにいろいろと整備している段階ですので、お互いのスキルを共有しながら一緒に成長していけるデザイナーを募集しています!


以上、デザイナーインタビューをお届けしました。

デザイナーの仕事に興味をお持ちいただけた方、こんなメンバーと一緒に働きたいと思っていただけた方、ご連絡をお待ちしています!

GMOメイクショップ株式会社's job postings
【社員インタビュー】チームワークと自走心で自社サービスを成長に導くメイクショップWEBデザイナーの魅力とは?
戸恒 智美
GMOメイクショップ株式会社 / Marketer
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings