1
/
5

マーケロボの核となる3つのバリュー|人事ブログ

Wantedlyストーリーをご覧頂いている皆様、こんにちは!マーケロボ人事の荒川恵理加です。

人事部の私達から見た弊社についてをお伝えする【マーケロボ通信】。

今回の投稿では、弊社がとても大事にしている価値観である”バリュー”についてご紹介させていただきます!

(テキストでは分かりにくい点もあると思うので、お気軽に会社説明会にも遊びにいらしてください☺︎)

マーケロボには「つよく」「まっすぐ」「氣持ちよく」という3つのバリューがあります。

それぞれの定義は以下の通りです!

【つよく】

しなやかで柔軟な姿勢で可能性を信じ、

正々堂々、熱い想いを持って諦めずに突き進みつづける。

【まっすぐ】

どんなことも正面から素直に受け止めて、成果に責任を持ち、

愚直に誠心誠意やりきる勇氣を持つ。

【氣持ちよく】

自分の機嫌は自分で取り、笑顔と感謝で愛嬌よく、

人としての正義のもと、期待を超えた感動を提供する。

バリューを体現するということ

私は中途入社でマーケロボにジョインしましたが、今まで在籍した企業でここまでミッションビジョンバリューのMVVを意識したことはありませんでした。

入社後、このバリューを徹底的に叩き込まれたことが、自身の成長に間違えなく繋がっていると感じています!

と言うのも、私は人事なので毎週開催する会社説明会で毎回MVVなどについて熱く語らせてもらっているんですよね。その人間が”こういう人でありましょう”というバリューを体現しておらず、有口無行(口先だけで行動が伴わないこと)だったら、きっと説得力が薄れてしまいますよね。。汗

だからこそ日々この言葉を意識する為、書斎の目の付く場所に付箋に書いて貼っています!!(IT企業に居ますが、こういうところはアナログ派なんです☺︎)

さて、そろそろ本題に・・

マーケロボ流のつよさとは

バリューの1つ目である「つよく」。これは正直、私達社員も一番苦戦している部分です。

仲間は勿論のこと、時にはクライアント企業様にも間違っていることを正す言葉を言わなければならない時もあります。クライアント様の成功の為には、勇気を持って伝えることも必要なのです。

その為には、お客様以上にお客様のことを知り、想い、感情移入して、愛を持って喜びや悲しみも共有し合える関係を日頃から築かなければなりません。

平均年齢27.7歳と若い会社ではありますが、ビジネスのプロフェッショナルである限り、年齢は関係ありません。

これからも社員一同「つよく」を体現できる様、尽力してまいります!!

まっすぐであるということ

続いて、2つ目のバリュー「まっすぐ」についてです。

代表をはじめとして、社員全員真っ直ぐな人が多い印象ですね。

”正面から素直に受けとめ、成果に責任を持ち、誠心誠意やり切る!”

これって当たり前の様で、なかなか難しいことだと思います。。

チームで協力し、OKR達成に向けて全員が努力しているので、これからも伸ばしていきたいバリューです。

氣持ちの”氣”に込めた想い

続いて3つ目のバリュー「氣持ちよく」についてです。

「氣」という感じは皆さんがいつも見る「気」という漢字ではなく、敢えて「氣」を使っています。

違いは「米」か「〆」かどうかです。

「米」にはエネルギーが八方に広がることを意味している事に対し、「〆」は閉じ込める事を意味しています。社内外に大きなエネルギーを放出していこう想いを込め、「米」としています!

そんな目に見えない力を本気で信じる事も、マーケロボらしさの一つです。

マーケロボの展望

弊社では近い将来IPOを目指して、全社で尽力しています!!

その為に、「全員セールス!全員がリクルーター!」を合言葉に日々切磋琢磨しています。

ベンチャー企業あるあるかもしれませんが、自分の業務はここまでなどという概念は基本的になく、どんどん新しいことにチャレンジする!そんな風潮が蔓延しているのが特徴です。

バリューに少しでもビビッと来て頂いた方へ

熱いメンバーと共に会社を大きくしてくださる仲間を、大募集しております!

新卒も中途も東京と福岡の両拠点で募集しておりますので、まずはお気軽にオープンタイム(会社説明会兼懇親会)にお越しください。

少しでもご興味をお持ちいただけましたら、Wantedly募集ページ又は採用HPからエントリーをお待ちしています〜!


最後までご高覧いただき、ありがとうございました。また次回☺︎

アイセールス株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more