社内Slackで副業コミュニティを発足しました

こんにちは、メディアエンジン株式会社でエンジニアをしているナバロです。
今回、弊社で始めた「副業コミュニティ(仮)」という取り組みについて書きたいと思います。

前回の記事では、
弊社の軽い紹介とエンジニアチームのスケールするために、
バリューを策定した話を書きました。(ぜひ読んでいただけると有り難いです!)

この度、エンジニア組織のスケールの一環として、副業コミュニティ(仮)なるものをはじめました。 (そのうち改名しますw)

副業コミュニティ(仮)とは?

今回新しく取り組んでいる副業コミュニティ(仮)という仕組みについて説明します。

弊社では、副業をしてくれる予定のエンジニアの方を社内Slackにご招待させて頂き、社内Slackにてコミュニティを形成しております。

そして、社内Slackのチャンネルでは、副業案件の相談をしたり、雑談をしたり、技術的な話をしてます。

弊社の副業は、 週○○時間稼働してくださいといった形ではなく、 タスクの成果報酬型でお願いしているところが特徴です。

例えば、ページ単位でのコーディングや、バックエンドのAPI単位での実装など細かくお願いしていきます。

また、希望メンバーでのオフ会も予定しております!


発足の経緯

大きく分けると下記の3点で発足することを決めました。

どちらかというとうちの会社視点での話になります。

  • エンジニアリソースの確保
  • ノウハウの共有
  • 緊急度が低く、重要度の高開発

①エンジニアのリソースの確保

開発を進めていく上で、エンジニアのリソースというのは大事ですが、 そもそも正社員を採用するのが難しく、 カルチャーマッチ、スキルマッチしている人を探そうとするのは結構大変です。

ですが、副業をする人たちは増えているので、 副業したい人と上手く連携してエンジニアリソースを確保できないか考えました。

また、副業で手伝ってもらってるうちに、カルチャーマッチやスキルマッチする人かわかってくるので、その時にお互いがマッチしたら、正社員になってもらえるのではないか?と思いました。

結果、短期間ですが、15名の駆け出しのエンジニアからベテランレベルの様々なエンジニアを副業コミュニティに参加して頂くことができました!

②ノウハウの共有

コンテンツマーケティング事業をやってることもあり、
SEOのノウハウや、マーケティングに関わるノウハウは溜まってきていますが、
技術的なところはまだまだこれからです!

例えば、社内で開発すると1ヶ月かかってしまうものを、 その道のプロにお願いしたら、1日で終わることもある世界です。

たくさんのエンジニアの方と関わらせてもらうことで、 社内には無いノウハウを副業の方に共有をしてもらい、 それに対して対価を払うことでwin win なのではないかと考えました!

③緊急度が低く、重要度の高い開発

副業の方は、本業があるため時間の融通が利きづらいです。
なので、緊急度が高い開発とはあまりマッチしません。

弊社では、 緊急度が低く、重要度が高い開発を副業の方にしてもらうことで、
重要なタスクをスピード感持って開発できるサイクルを回していこうと思っています。

一例ですが、緊急度が低く、重要度が高い開発には
リファクタリングや改善系の開発があります。
これらは、事業系の開発により後回しされる傾向にあります。

売上に直結する事業系の開発度が高い場合が多く、それだけをやっていると、
技術的な負債が溜まっていき、システムが複雑化していくので開発コストがドンドン高まっていきます。
なので、開発と同時にリファクタリング系のタスクもやっていくと開発コストが膨らむことを防げますね!

非常に参考になる、いい記事があるので貼ります!

副業コミュニティに参加する人たちに提供できる事

僕らのやりたいことだけを説明しても、コミュニティとして成立しないことは重々承知しております。
今度は「コミュニティ参加者」にとってどういう価値を提供していきたいか、どんな人と一緒に関わっていきたいかを記載していきます。

副業でもあり、コミュニティでもあるので、
エンジニア同士でのコミュニティの場を提供できます。
幅広い分野で意見を交換していくことで、
それぞれのスキルアップや、選択肢を広げることに繋げられる場を提供していきたいと思います。

もう一つは、成果報酬型なので、短時間で効率よくできる人が稼げる副業を提供していきたいです。
時間給でお仕事をお願いする場合は、長く働いた方が稼げるので、
効率よく短時間で終わらせる人にとっては、仕事量をこなさないと稼げなくなってしまいます。
短時間で成果を出せた場合、次のアクションにすぐ移れるメリットもあるので
同じ仕事でも、効率が悪く、時間がかかってしまう人よりも効率がいい人に単価を上げるのは間違ってないと思います。

なので、エンジニアとの人脈を広げたい方 や、実力に応じて稼げる副業がしたい方 に来て頂きたいです!

コミュニティを通して実現したいこと

副業コミュニティを通して、弊社のエンジニア組織をスケールしていきたいと思います。僕たちの会社はこれからもっと成長していきます(させます!)社内と社外の方(フリーランスや副業の方)で協力していくスキームを確立していくことで、健全でスピード感のある開発を目指していきます!


今後の展望

経緯は一通り話せたと思います。

このコミュニティを急ピッチで作ってきました。 そのためか仕組みがまだまだ整っていないところもあり、 副業の方に仕事をお願いするフローがまだまだ確立していないなど 課題がいくつか残っていますが、 しっかりと改善していき、 画期的なコミュニティにしていきたいと思います!

副業コミュニティに入りたい方募集してます!!

弊社のメイン技術は Ruby on Rails と Nuxtになります。(Goも導入検討中です!)
また、直近の案件はWPの改修案件でフロント案件が多めとなっていますが、
自社プロダクトのバックエンドやフロント部分の改修案件や、
社内ツールの開発案件もお願いしていきます!

下記のようなエンジニアの方はぜひぜひ、ご参加をお願いします!

  • スキマ時間で働きたい人(細かい粒度のお仕事なので)
  • 色々なエンジニアと交流したい方
  • 実力に応じて稼げる副業がしたい方

それ以外でも、入りたい方がいらっしゃれば、ぜひお声がけください!

コミュニティ参加のための選考などはないので、気軽にいらしてください〜!

MEDIA ENGINE INC.'s job postings
社内Slackで副業コミュニティを発足しました
Ray Navarro
MEDIA ENGINE INC. / Web engineer
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more