1
/
5

症状に悩む患者さんに記事を届けるため

メディウィルが運営する、患者さん向け医療情報サイト「いしゃまち」。掲載されている記事は「咳が止まらない」「お腹が痛い」といった、様々な症状が表れた患者さんの悩み・不安を解決するお手伝いを目指して作られています。

また、専門家や患者さんのインタビュー記事では、より疾患への理解を深めてもらおうと試みています。それではこれらの記事はどうやって作られているのか、実際に記事の編集・執筆に携わる担当社員が紹介します。

人々の症状に合う記事の作成

まずは編集部で症状や病気に関するテーマを考えます。症状のテーマを選ぶときは、不調に悩む方の「症状に合う」ことを重視しています。

例えばお腹が痛くなったとき、その痛みが上側なのか、下側なのか、それとも全体なのかなど、感じ方は違うかと思います。いしゃまちではできるだけ症状を細分化して、それぞれの痛む場合に考えられる原因を紹介しています。

また、病気についても「インフルエンザ」など誰もが知るものから、「こんなニッチなものまで!?」と思う記事まであります。これも病気のことが気になった患者さんら一般の人たちに知ってもらいたいため、様々な病気を取り上げるようにしています。

「命に関わる」ことを常に頭に

実際に執筆するのは弊社が契約しているライターさん、そして編集部員です。執筆する際は、編集方針に掲げる3本柱「正確に、公平に、分かりやすく」を基に、厚生労働省や公的機関、医学専門書を参照して作成しています。どの記事も参照元はこちらで全てチェックしています。

現在は協力していただいている医師の方の監修を経てから掲載しています。医療・健康に関する記事は、場合によってヒトの命を左右する非常にデリケートな話題です。そのことを常に頭に入れながら、取り組んでいます。

貴重な機会、情報を求めて

他にも、実際に専門家や患者の方々に直接会ってお話を聞く機会もあります。私たちは大手メディアのように、歴史や実績があるわけではありません。取材を申し込んでも、断られることも当然あります。だからこそ、お会いいただける機会、そして得られる情報は貴重です。

取材では病と向き合っている中で感じていることや、ぜひ多くの方に知ってほしいことなど余すことなく聞き、より伝わる形でまとめて届けようと腐心しています。もちろん取材記事も、最終的に内容に誤りがないか、確認していただいてから掲載します。

寄り添える記事を

体調を崩すと不安になるかと思います。また身近な方が病気になれば、その病気について詳しく知りたい方もいるでしょう。そういった切実な思いを抱えておられる方に寄り添える記事の提供を目指して、編集部は日々取り組んでいます。

株式会社メディウィル's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings