1
/
5

デザインの力で人々を幸せに、社会をより良くしていきたい/Webデザイナー 村上由夏

皆さまこんにちは!
今回は新卒3年目、デザイナー社員として活躍する村上由夏をご紹介したいと思います。

村上由夏
2018年新卒入社
宮城県出身、東北芸術工科大学デザイン工学部グラフィックデザイン学科卒業
新卒入社後、セブ島での新卒研修に参加
2018年7月~:仙台拠点に配属され大手アパレル会社さまにてWebサイトの運用業務を担当
2018年10月~:構築チームに異動し、画面設計・新規デザイン・ガイドライン・モジュールの制作を担当
2019年4月~:東京に異動、お客さま先に常駐しデザイナー兼コーダーとして運用業務を担当
2020年8月~:大手アパレル会社さまのUIアプリチームに社内公募で異動

どんな学生時代を過ごしていましたか?

大学では、パッケージやポスター、広告、ブランディング、Webなどデザインに関わるものを幅広く学びました。授業では、五感をデザインで表現したり、形のないものを視覚化したり、ものに価値を生み出す為にコンセプトを考えてプレゼンしたり、0→1のデザインをする力が鍛えられたと思います。
もともと高校までガチガチの体育会系で大学からデザインの勉強を始めたのもあり、デザインセンスがなく苦しんだこともありましたが、ニーズにあったものを作るのは得意でした。大学が山形で地域の人との共創が多かったのですが、実際に授業で行った地元の梨のブランディングが商品化されたことなどもありました。他にも「山形の冬を表現する」というテーマで写真集を作ったりしましたね。

↑学科紹介の写真(グラフィックデザイン学科)で卒業制作作品を制作している様子


↑デザセンの決勝大会に出場する高校生と会話をしている様子

どんな就活を経てメンバーズへ入社しましたか?

大学の先輩がよく来校していたのと、別の先輩からもメンバーズの話を聞いていたことがきっかけでメンバーズを知りました。
学生時代『デザセン』という高校生の『「社会を良くする」ための企画・アイデアの全国大会』のスタッフを行なっており、私もデザインで世の中をより良くしたいと思っていたため、そのような理念を持っている会社で働きたいと思いながら就活をしていました。
私の考えとして、かっこいいだけのデザインはデザインではなくアート、課題を解決できるものがデザインと思っており、私はデザインで社会の課題を解決していきたいと思っていました。

そして当時のメンバーズの理念である「”MEMBERSHIP”でマーケティングを変え、心豊かな社会を創る」という考えが自分の考え方とマッチし選考を受けることにしました。他にも、CSVを行なっていることや、デザイン業界はブラックな企業が多い中で、残業が少なかったり、副業ができる点が魅力に感じていました。

先輩には大手広告代理店に就職した人もいましたが話を聞いていたらとても大変そうで続けられる気がせず…。働くことは好きですが、自分の時間もきちんと取りながら生活していきたいと思っていたんです。学生時代にも展示会の準備とかで2時間睡眠の時とかありましたがすぐに体調を壊していました。そういった経験から、結婚や出産しても働いていける会社が良いと思っていましたし、実際にメンバーズはそれが実現できる会社だと思います。

入社してからどのような仕事を経験しましたか?


入社して最初の部署では大手アパレル会社さまのプロジェクトにて3ヶ月ほど、メンバーズでは珍しい店舗のPOP制作等に携わっていました。
その後構築チームに異動し様々なプロジェクトを横断して担当していました。
当時Webデザイン初心者だった私ですが、仙台構築チームにいるその道のプロフェッショナルな上司達に鍛えていただいたおかげでとても成長できたと感じています。悔しくて泣いたことなどもありましが、仙台の構築チームにいたからこそ今の自分があると思っています。新卒でまだ微力なのに、やりたいと言ったことにチャレンジさせていただいた上にたくさん指導していただきとても感謝しています。

そして業務を行っている中で、デザインするにもコーディングの知識がないとデザインできないと思い、デザインコーダーとして成長していきたいと考えるようになりました。また、もっとお客さまと近い距離で働いてみたいと思ったのもあり、東京に転勤して大手金融会社さまのシステム会社にて常駐勤務を始めることになりました。
そのプロジェクトでは、常駐先でお客さまと一緒にグループ全体の運用をしていました。また、お客さま向けに画面設計書の書き方やアイコンの作り方等のデザインの勉強会もしていましたね。
一番印象深いのは、あるサイトのUIデザインを私が中心となって担当することになり、プレゼン資料の作成やガイドラインの制作、モジュールの制作からコーディングまで行ったことです。今まで運用メインだった常駐先のチームで構築の仕事ができるようになったこともあり、事業部で新人クリエーター賞をいただきました!

そしてその後、改めて自分のキャリアについて見つめ直すタイミングがあり、アプリのデザインや構築、UIデザインをしたいと考え、目指すキャリアが達成することができる現在のチームに社内公募で異動しました。
現在は主にアプリデザインなどを担当しており、アニメーションの作成やプロトタイプツールなど使ってのデザインなど、日々新しいスキルの習得ができています。

また、ほぼ毎日定時に帰っているので退社後は社内外のセミナーに参加して知識をインプットすることが多いです。その他、趣味では資産形成のセミナーに参加したり、知人の繋がりで他社のデザイナーと話をすることもあります。また、デザインだけじゃなくてメンバーズが大事にしている社会貢献に力を入れている人にも会ったり。もともと上京してくる時に、せっかく東京に行くならいろんな人との縁を増やしたいと思っていたので、いろいろな人に会うようにしています。

仕事をする上で大切にしていることは何でしょうか

チャレンジする姿勢を大切にしています。できないことにも恐れずまずは挑戦してみることですね。やったことないことって最初は不安ですが、やってみると案外うまくいったりすることも多いと思います。

メンバーズで働いていてこういうところが強みだなと思う点はありますか?

学ぶ場がたくさんあることでしょうか。メンバーズは若手の割合が高い分、勉強会やイベントがたくさんあるので、スキルアップに繋がりやすい環境が整っているかなと思います。部署内での勉強会だったり、それぞれのカンパニーでウェビナーをやっているのでそれに参加したり、あとはデザイナー向けの社内コンペとかもあります。ただその環境に甘えるのではなく、貪欲に自主勉強することが大事かと思います。その点では、メンバーズには勉強熱心で真面目な人がとても多いですね。

あとは、案件状況にもよりますが残業が少ない点ですね。全社的にも月平均15時間以内であり、私も今はほぼ毎日定時に仕事が終わるので、仕事が終わった後に自由な時間がある分、運動したり勉強してスキルアップに繋げることができています。
個人事業主という形で副業もOKなので、本業へ繋がるようなスキルアップができる仕事ができるのも面白いなと思います。

また、在宅勤務も行っていて時代に合った働き方ができているのがとても良いです。
有給も消化しやすいので、私のチームではコロナが感染拡大する前はバカンス休暇をとって旅行に行っている方が多かったですね。私もコロナが落ち着いたら海外旅行に行きたいです。

あと、一番大事だと思うのですがとにかく性格が良い人が多いです。性格が良い人しか採用していないでしょ、というくらい誠実で思いやりがある人しかいないと感じます。友人の話とかでは理不尽なことを言われたり人間関係で悩んで仕事が嫌になったり、という話をよく聞くのですが(特にデザイン業界ではそういうことが多いです)、メンバーズでは全くそんなことないですね。

今後の目標を教えてください

UIUXもできるデザイナーになりたいです。デザインのプロフェッショナルになり、ビジネスサイドからもアプローチをして、上流部分から幅広く対応できるようになることが目標です。また、性格面では、実力とともに信頼感もある人になりたいです。
そして自分の仕事を通して、社会をより良くしたり、世の中の人々の幸せに貢献できたら嬉しいです。

学生の皆さんへ一言お願いします!

メンバーズはとても働きやすく、手を挙げれば若手でも色々なことにチャレンジできる環境があります。また、残業も少なく有給も取りやすいので、仕事もプライベートも充実させたい方はメンバーズをおすすめします!ただし、ただ働きやすい、というだけではなくそこには社員全員で生産性向上へのただならぬ努力があり、お客さまも大企業がメインなので日々難易度の高い仕事を行っています。
そんな中で挑戦していきたい!という方は自分の可能性を信じてぜひチャレンジしてみてください!

株式会社メンバーズ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings