What we do

「Misoca」は事業者には無くてはならない請求書を作成するサービスです
業務ソフトウェア業界では最大規模の弥生カスタマーセンターがお客様をサポートします
『世の中を仕組みでシンプルに』をミッションに掲げ、未来にあるべきシステムを自分たちで作ることにチャレンジしています。 クラウド請求管理サービス「Misoca」は2011年のサービスリリース以降、日本の多くの中小企業・フリーランスの皆様の事業活動をお手伝いしてきました。 2016年には「Misoca」をより多くのお客様に届けたいという想いを持って、会計ソフト大手の弥生株式会社にグループ入りしました。 日本の中小企業・小規模事業者は約385万。 弥生シリーズの登録ユーザー数は約170万。(2019年現在) インターネットが個人の生活を変えていく一方で、事業者間の取引においては、電話・郵便・FAXといった従来からのやり方が多く続けられており、中小企業の取引のクラウド化は始まったばかりです。 取引のプラットフォームとして日本の産業を支えるサービスを、Misocaの技術力と、信頼と実績の弥生ネットワークを活用しながら、私たちと一緒に作っていきましょう。

Why we do

オンライン会議システムを常時接続し、リモートでも働きやすい環境を整えています
ペアプロに積極的に取り組んでいます
Misocaは名古屋のエンジニアが立ち上げた会社です。 最初は「自分たちの得意なことで一人ではできない大きなチャレンジをしてみたい」「エンジニアが楽しく働ける環境を作りたい」という気持ちでスタートしました。 そんな想いは「Misoca」の開発につながったり、働き方として残業無しやフレックスタイム、リモートワークという方針になって実現していっています。 「Misoca」は、実際に自分たちが会社を運営していく経験の中で発生する、請求書を印刷して、封入封緘して、郵便局に持っていくということを、全国の人がやっているという無駄を無くしたいというところから誕生しました。 Misocaに入社するエンジニアの中には、かつて、実際に「Misoca」のユーザーだった人もいます。自分で使ってみたサービスを気に入ってくれてそこからMisocaに応募し入社してくれるのはとても嬉しいです。 今後も事業を営むすべての人たちに役立つサービスを提供していきたいと思います。

How we do

Ruby biz Grand prix 2016で大賞を受賞しました!
数値分析をしながら開発を進めていきます
現在は30人ぐらいのチームでやっています。 開発拠点は名古屋ですが、リモートワークも推進しており、島根や鳥取、富山、福岡、京都、埼玉、東京、茨城といった場所にも開発者がいます。 残業は基本的にありません。8時間みっちり頭を動かせば脳みそはヘトヘトになるからです。また、人それぞれベストなパフォーマンスが出せる時間というもの違うはずですのでフレックスタイム制を採用しています。 時間や場所にとらわれず、ベストな開発をできるように体制は今後も改善していきたいと考えています。 具体的な開発面で言うと、Misoca は Ruby on Rails (RoR) で開発されており、多くの場面でRubyを使います。 Github, Jenkins, Trello, Slack, Zoomといったツールを活用しており、リモートでもコミュニケーションには支障がありません。 また、開発においてはアジャイル開発やテスト駆動 (TDD)、リーンスタートアップといった手法や考え方を志向しています。 チームでの開発を基本として、ペアプロやモブプロも実践しています。 メンバーの8割がエンジニアのため、エンジニアドリブンで物事が進められていきます。 開発チームの様子はMisoca開発者ブログ( https://tech.misoca.jp/ )もご覧ください。