1
/
5

モンストのキャラクターはどうやって作られる?制作工程を0から追いかけてみた

ゲームを楽しむ上で欠かせない『モンスターストライク(以下モンスト)』の個性豊かなキャラクターたち。いったいどのように作られているのでしょう。そこで今回は、デザイナー・吉岡に具体的なキャラ制作工程について聞きました。実際に使われたラフデザインを使いながら“モンストキャラができるまで”を詳しくレポートしていきます。

キャラクター紹介

制作工程を紹介するモンストキャラは、大典太光世(おおでんたみつよ)。天下五剣と評される剣客の一人。年齢は15歳。高貴な身分のお嬢様だけれど、性格はじゃじゃ馬で天真爛漫、というのがキャラ設定です。


▲ 大典太光世(進化前)

▲ 天下五剣と評される5人の剣客

大典太光世(進化後)はこうして作られた

モンストキャラの場合、進化前・進化後・神化と3パターンがあり、同時制作されるのが一般的。今回は、大典太光世の“進化後キャラ”にフォーカスして、できあがるまでの工程を紹介していきます。

【0日目】デザイン開始

キャラクタープロデュースグループから、想定表(※)が渡される。ここからすべてのキャラ制作が始まります。大典太光世の想定表は、以下の内容でした。
(※)想定表とは、キャラに関する情報がテキストやイメージ画像で記載された表のこと。名前、性別、年齢、性格、設定などが細かく書かれている。

【大典太光世の想定表】

・名前:大典太光世(おおでんたみつよ)
・性別:女
・年齢:15歳
・性格:じゃじゃ馬で、天真爛漫。行動力はあるが、感情的に動いてしまうのが短所。箱入り娘なため、世間とはずれた考えを持っている。
・ストーリー設定:天下五剣と評される剣客の一人。高貴な身分のお嬢様で、悪霊や妖怪などを倒す陰陽師的な家系の息女。大好きな妖怪がボスに操られて悪さをしていることを知り、開放してあげたいと思う。そのため、両親の反対を押し切って城を抜け出し、ボスを倒すために旅を始める。しかし、どこにボスがいるか知らないため、行き当たりばったりな旅をしてとらトラブルを解決するのが現状。
・ルックスの設定:金色多めの衣装、洋服ベースの和風の混ざったような服、旅のトランク

吉岡:想定表に書かれたテキストやイメージ画像を見ながら、キャライメージをどんどんと膨らませていきます。たとえば、じゃじゃ馬で、天真爛漫というところから、天然なのかな?少し幼さがあるのかも?だったら髪型は二つ結びのほうが表現できる…?というような感じ。頭の中でイメージして自由に動かしていきます。

それから、他のキャラの特長や印象と類似しないことは、キャラデザインする上でとても重要です。その子独自の個性を持たせることは、ユーザーに覚えてもらい、好きになってもらうためには欠かせない要素なんですよね。

しかも今回の大典太光世は天下五剣の一人なのですが、想定表を受け取った段階で他の4人の剣客のキャラは決まっていたので、髪の長さや髪型、背丈などがかぶらないよう注意しながらキャラクターを形作っていきました。

【デザイン開始から2週間後】ラフ完成&キャラプロ提出

キャラデザインのラフ完成しました。この段階で、キャラの髪型・衣装・小物など細かなところまでデザインされています。キャラを作り上げる全てのものにはきちんと意味があり、たとえば着物に描かれた牡丹の花。牡丹の花言葉は、高貴・風格のあるという意味があります。大典太光世のキャラ設定とされていた“高貴な身分のお嬢様”のイメージを表現しています。

とはいっても、一人でデザインに没頭しているとどうしても広い視点が持ちにくくなるもの。そこで、モンストのキャラデザインは、必ず確認担当と呼ばれるイベント全体を統括する方相談役とペアで担当します。キャラプロからオーダーされた世界観とずれていないか、的確に表現できているか、アドバイスをもらいながら形にしていったそう。

完成したラフをキャラプロに提出。イメージとの相違がないか、他のキャラとかぶっていないかなどのやり取りを行ないます。

▲大典太光世(進化前)のラフが完成

吉岡:モンストのキャラを制作する際には、進化前・進化後・神化後の3パターンのつながりを考えてデザインしていきます。

たとえば、大典太光世の髪の毛の先。少し光らせているんですよ。グレーっぽく見えている部分です。実は、これは、神化になるためのトリガーみたいなもので。神化すると、この毛先が青く光って髪がぶわーっと長くなるんです。
“進化後”だけで完結するキャラクターではなく、その前後をデザインしていくことでストーリーを持った魅力的なキャラクターになるんだと思います。

ちなみに…
大典太光世(神化後)のデザインラフはこちら

▲大典太光世(神化後)のラフも同時進行で制作

【デザイン開始から3週間後】キャラ絵(初稿)完成

キャラプロからOKがでたら外部クリエイターにキャラ絵制作を発注。内部で制作することも多く割合は半々。どちらにするかは、制作スケジュールやデザイナーの技術力・キャパ・熱量によって決定していきます。“自分でやりたい”と手をあげて担当が決まることもあるそう。

この日は、外部クリエイターから3つの構図が上がってきたので、早速確認!一番重要なのは、キャラクターの魅力を存分に引き出せているどうか。大典太光世らしいキャラになっているか、確認していきます。


▲3つの案の中から選ばれた構図

吉岡:今回、外部クリエイターからいただいたキャラ絵の初稿を見て感動してしまいました。というのも、伝えていた性格や設定ストーリーを汲み取ったデザインが、“ゲーム内で使われるサイズ”で見事に表現されていたからです。
比べていただくと分かると思うのですが、最初に私が書いたデザインのラフは縦長だったのに対して、上がってきた初稿は正方形に近い形をしていますよね。これは、モンストのゲーム内に登場するキャラは、基本、正方形サイズになるからなんです。
細かすぎる表現はスマホで反映されなかったり、つぶれてしまったりするので、このフェーズにおいては規定の画角内で、キャラの魅力を表現していくことが求められています。

【デザイン開始から6週間後】キャラ絵(詳細ラフ)完成

外部クリエイターが制作した3つの構図から1つを選択し、ブラッシュアップ。
修正を繰り返し・・・続きはこちら

株式会社ミクシィ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more