1
/
5

What we do

有料老人ホームmusubi
サービス付高齢者向け住宅 musubiまちの家
<高齢者の生活をアシストする> どんなに良い介護を受けても、どんなに良い医療を受けても、食事が美味しくなかったり、空間が合わなかったら「ここで暮らしていて幸せ」とは思えないと思っています。 病院のように限られた期間だったら我慢できるのかもしれないですが、自宅や高齢者住宅は何年も生活する場所だから、介護や医療も大事だけど、その人の生活に自分らしさがあるかどうか、 「高齢者の生活をアシストする」 という視点が必要だと思っています。 musubiでは介護医療だけではなく、食事や空間にもこだわり、高齢者が自分らしく安心して生活できるサービス提供を目指しています。

Why we do

事業理念は、高齢者が自分らしく生活できる地域を創ること
所属長も作業療法士です
こんなに社会に求められている仕事はないのではないだろうか? 介護にはもっと誇れる部分があると思うからこそ 「なんでこうなるの?」という素朴な疑問がたくさんありました。 地域とのつながり、食事、外観、空間、スタッフ… 親を預けたいと思う施設がない… ここで働きたいと思う施設がない… 「もっとできることはあるはずなのに…」 「もっと、普通の感覚で良いはずなのに…」 それが、musubiを創るきっかけでした。

How we do

代表は32歳!経営陣もほぼ30代前半です
男女比は半分ずつです
弊社には、介護スタッフ、ケアマネジャー、看護師、PT/OT、調理スタッフ、管理部門の様々な職種の人が働いています。 介護スタッフの平均年齢は約35歳。 まだまだ若い会社ですが、新卒3年目でリーダーになった人や、新卒で介護スタッフを経験し、その後管理部門で採用担当をやっている人もいます。 小さい会社だからこそ、実力のある人は若くても上を目指せる環境です。 社員間のコミュニケーションは、Talknoteという社内SNSを利用!勤務時間がバラバラでも、入居者さんの情報共有がこまめに出来たり、メール機能で直接コミュニケーションもとれています。 また、毎月1回、全社報告会という場もあり、代表から業績報告や今後のビジョンなどの共有、各部門の活動報告、新入社員の紹介などが行われています。 最近では、外部講師をお招きして勉強会なども実施しています!