【マネージャーの目論見】"最強のWEBマーケター"を育てるための取り組みに迫る!!

こんにちは!

入社2年目のまつまーること松丸です(^_-)-☆

今回は、マネージャー陣に新人の私が話を聞きに行きました!

今回インタビューするのは社内一大きな部署となるストラテジックプランニング本部(以下、ストプラ)本部長の奥川と部長代理の鈴木です。

昨年体制が変化した部署のこと、会社の方針やメンバーのキャリアについてどう考えているのか、新人が気になるポイントを聞いてきましたよ~~~!

ストプラってなんなんだ!という方はこちらの記事からご覧ください!!!

▼パフォーマンスマーケティンググループ

▼アライアンスグループ

▼クリエイティブグループ

NFメンバーの1日をのぞき見!"勝つ広告クリエイティブ"を量産するクリエーター集団~クリエイティブグループ編~ | 株式会社ネットフロンティア
大人気のネットフロンティアお仕事紹介シリーズも第4回目に突入!(祝) 引き続きストラテジックプランニング本部(通称:ストプラ)にフォーカス! 今回は、 "クリエイティブグループ"の1日に密着 します。 クリエイティブグループは、 成果を出す広告クリエイティブを制作するための専門組織 として立ち上げられました。 ユーザーの心理状態を仮説立てして考え、行動を促す効果的な広告クリエイティブを制作 ...
https://www.wantedly.com/companies/net-frontier/post_articles/167041

ー おふたりとも30代前半とお若いですが、部をまとめるにあたって大変なことはありますか?

奥川:難しいことだらけだし、わからないところだらけだよ。考え方は人それぞれだけど、みんながベクトルを合わせてどうやったら同じ方向に向かえるか。これが最大の課題だと思う。

鈴木:1人で動いたほうが簡単だと思うんだよね。だって、自分が頑張ればいいから。部署とかメンバーをまとめる立場になると、メンバーを動かしながら目標を達成する難しさをすごい感じているかな。

ー 2018年にストプラの体制が一気に変わりましたよね。会社の方針はどのように変わったのですか?

奥川:以前までは、枠に囚われる傾向があったんだよね。それが、もっと新しいことに挑戦するとか、広告運用以上の知識やスキルを持とうという積極性を重要視するように変わったね。一人ひとりがプロフェッショナルになってほしいと思っているから、それに向かって努力していってほしいな。

鈴木:今まではちょっと考え方が固執していた部分もあったけど、今は一人ひとりのやりたいことを実現できるような会社になろうとしてるかな。

奥川:そうそう。広告代理店だけど、広告運用ができる人でとどまってほしくない!という想いがあるからね。今は広告運用を中心に活躍している人も、将来的には広告運用を超えるレイヤーで活躍できるように、スキル・知識を身に付けていってほしい。

ー 元々1つだったストプラがレポート作成や広告出稿等のオペレーション業務と、中小クライアントの運用を担当するアライアンスグループ(以下、アライアンス)と大口クライアント専属で広告のプランニング改善施策の立案・運用を行うグループのパフォーマンスグループ(以下、PM)に分かれましたね。分けてみてどうですか?

奥川:松丸はどう思ってる?

松丸:え~!私ですか?そうですね。変更前は1人で入稿、運用、レポート作成を行い、施策にじっくり時間を使えてない印象でした。それを2グループに分けたことで、PMは、もっと細かい施策まで行えるようになったし、アライアンスはレポートや入稿業務のスピードが上がり、作業効率が改善されたと思います。

鈴木:前の体制から比べると、今は各々で考えて自由にやれるようになったんじゃないかと思うよ。それこそ、今まで運用のメンバーがクライアント先に行くことは少なかったんだよね。今だと案件によっては運用メンバーが直接クライアント先に行って提案までできるようにもなったし。そういう部分では良くなったのかなと思ってるよ。

ー 部の目的をメンバーに浸透させるために気を付けていることはありますか?

奥川:基本的には継続的に言い続けることかな。特に今期だと総アフィリエイター計画が中心だけど、なぜアフィリエイトをやろうと思ったのか、背景・目的もしっかりと伝える。あとは、やっぱり楽しんでやってもらいたいという想いもあって。ゲーム性というか、自分たちから積極的に学べる環境を作っています!

例えば、広告運用の担当者が、バナーやサイトを作ることってないよね。でもアフィリエイトなら施策をすぐに試せるし、普段関われないところまで挑戦して実験することができる。そうすれば、運用型広告に留まらない分野からのアプローチでクライアントに貢献できるんじゃないかな。

松丸:アフィリエイトは難しいですが、自分の業務では経験できないことまで経験できました。自分に足りない知識やスキルが溢れて戸惑う日々ですが、勉強させてもらっています!

~ちなみに~

総アフィリエイターとは、「アフィリエイターは最強のWEBマーケターだ」という奥川の考えから、アフィリエイトを通してスキルや知識を身に付けるという計画です!

★総アフィリエイター計画が気になる方はこちら→https://ferret-plus.com/kork-style/12267

部署の変化をたくさん知ることができましたが、次はキャリアや評価についてお聞きしました!

ー 部のメンバーのキャリアについてどうお考えですか?

鈴木:自分で何かを解決できる力を身に付けてほしいかな。自分が「こうなりたい!」とか、「こうしたい!」っていう夢やキャリアプランを大切にしてほしいし、そういう部分を伸ばしていってほしい!

会社ありきの自分ではなくて、自分自身のこととして考えてほしいんだよね。持っている夢とか、この会社じゃなくても活躍できるようなスキルを身に付けてもらいたい。

会社が決めた目標ではなくて、自分自身で目標を決められるのもそのため。会社としてもそこを評価していくよ!

奥川:運用型広告しかできない、やりたくないという人にはなってほしくないな~。5年後10年後と見据えたとき面白みもなくなっちゃうと思うから。

1番大切なのはクライアントの成果を上げること。成果を上げるためにできることならどんどん挑戦してもらいたいし、挑戦できる環境を整えていくつもり!

松丸:すごく親身になってくださっているんですね。でも、入社してすぐに自分のやりたいことを決めらない人も多いと思います。私も、人生で達成したい目標のような明確なものは今はまだわかりません...…。

奥川:そうだよね。それなら、疑問に思うことに対してとにかく積極的に追求してほしいな。「なぜ?」がわかると自然と自分の興味あることがわかると思う。それに対して貪欲に学んで、キャリアを考えていってほしい。会社が決めたことを達成しても、松丸の本当の達成感にはつながらないと思うし、キャリア形成につながらないから。

松丸:ありがとうございます!興味あることならあります!疑問もたくさんありますし!むしろありすぎるくらいです...…。

奥川:いいじゃん!あとで教えてよ!全力でサポートするから!

~ちなみに~ネットフロンティアでは評価指標を自分で決めることができます!今期頑張りたいことを自分で決められるのは仕事のモチベーションにもつながりますよね!

奥川:もちろん、スキルを磨きながら周囲の人を育成してくれるようなメンバーが増えていくのが1番いいんだけど、だからと言ってそうならないといけないわけではない。メンバーが1番やりたいことを重視しているね。

鈴木:以前までは、マネージャー職が重要視されていたけど、マネージャー職じゃなくても評価してもらえるようになっているよ!マネージメントしながらスキルを磨くのか、自分の知識やスキルをとことん追求するのか。自分に合っているほうを選べるから、やりたいことは実現しやすくなってると思う!

ただ、組織として成果を出すことが1番だから、マネージャー職にならないとしても、周りをまとめつつ成果を上げられる人を目指す必要はあるけどね。

奥川:マネージメントではなく、スキルを突き詰めたいというメンバーもたくさんいて、実際会社に大きく貢献してくれているしね。

昔は「マネージャー職が上」みたいなのがどうしてもあって、マネージャー職じゃないと高く評価できなかったんだよね。でも今はマネージャー職を目指さない人も高く評価できるようになってる。ネットフロンティアで長く働いて欲しいからね。

鈴木:俺らの時なかったですもんね。

奥川:うん。いろんな人が働きやすいかなーと思うよ。あとは人間だから心変わりもすると思うし、あとから目標を変えたいと思っても全然OK。そこは臨機応変に対応できるようになってる。そのほうが会社が回りやすいしいろんな人が働きやすくなるよね。

ー 今後どういうチームになっていく必要がありますか?

鈴木:WEBマーケティングの上流からクライアントの悩みを解決するということ。会社としてもそうだけど、一人ひとりがそういう存在になってほしい。

チームとしてまとまりがあるのは当然だけど個人でも活躍できるようになっていってほしい。運用型広告に限らずWEBマーケティングに困ってるクライアントを総合的に支援できるスキルを個人として身につけてもらいたい。それに伴って成果もしっかり出せるような部署にしたい!

奥川:うん、個を際立たせたいね。個の集合体にしたいな。みんながもっとプロフェッショナルである必要があるし、会社はプロフェッショナルの箱でありたい。

ー ズバリ、会社をよくしていくためにはどうすればいいと思いますか?

奥川:みんなのベクトルが合うことじゃないかな。考え方は違うけど、会社としてやるべきことは、クライアントの成果を上げるということ。その方向にみんながベクトルを合わせてどう向かっていけるかが大切だと思うよ。

鈴木:ベクトルが合うっていうのとちょっと似てるけど、みんなが納得して仕事をやるっていうのが1番いいよね。

奥川:武田はどう?

武田(カメラマン):プラス思考!マイナスにとらえないで、良くしていこう!って気持ちで頑張る。

鈴木:おお~!いいじゃん!

奥川:いいね!松丸は?

松丸:運用型広告を好きになること。もっと好きになれれば「勉強したい」「知りたい」と思えるようになって知識もスキルもついてくるのではないかなと思います。

奥川:うん、いいと思う。組織として個人として活躍できる会社でありたい。今のメンバーもこれからのメンバーも本当の意味でのWEBマーケターになってほしい。

編集後記

ネットフロンティアのマネージャーはとにかく親しみやすい!

特に、メンバーの夢や目標を応援してくれているというのが1番印象的でした。

社内だけにとどまらず、どこでも活躍できるようにと応援してくれるのはとても嬉しいことですよね!

また、社員旅行や歓迎会などのイベントになると、先陣を切って盛り上げてくれます。

そのおかげもあり、社内イベントは役職関係なく全員で全力で楽しめます!

このインタビューの途中でも、「今度の社員旅行は何するか決めた?」「沖縄で何食べる?」などの会話で盛り上がりました。(今年の社員旅行は昨年に引き続き沖縄旅行でした)




このように、役職や立場に関係なく社員間の距離がとても近いのもネットフロンティアの魅力の1つなんです。そして、新しいことに挑戦したい、夢をかなえたい、という方をは全力でサポートしてくれます!

そんなネットフロンティアは、一緒に会社を引っ張ってくれる仲間を募集しています!

自分の個性を生かして、一緒に会社を創っていきませんか?

株式会社ネットフロンティア's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more