Wantedlyで一歩踏み出すという選択

ナイトレイ採用担当の管井です。

10月から採用担当になり、これから最大限にWantedlyを活用して、私たちナイトレイの魅力を発信していきたいな~!と思っているのですが、

その前に、、、

私はありがたいことに、Wantedlyのスカウト経由で就職し、働いています。今思い返せば、新卒で働き始めた時から、結婚出産を経て、予想もしないことの連続で転職活動も3回経験して、今に至っています。

今この記事を読んでくださっている方の中には、スカウトが来ているけど、実際どうしたらいいの?という方や、まだまだWantedlyを登録したばかりの方や、色んな会社の募集記事を見て情報収集中の方がいるはず(いや、いて欲しい。)ということで、

Wantedlyを活用して新しい一歩踏み出してみるべき!!という記事にしてみました。


一歩、踏み出すその時に

みなさんご存知かもしれませんが、キャリア理論の中にスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱されたこ「計画的偶発性理論/計画された偶発性理論(プランドハップンスタンスセオリー)」という考え方があります。

この理論は、「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」その偶然を計画的に設計して自分のキャリアを良いものにしていこう、というキャリアパスに関するポジティブな考え方です。

私はこの理論を、大学でキャリアカウンセラーをしている友人に勧められて知ったのですが、それ以来常に頭と心に意識して自分のキャリアを考えるようにしています。

そして、この理論を実践するためには、5つの行動指針が示されています。

5つの行動指針

①「好奇心」―― たえず新しい学習の機会を模索し続けること

②「持続性」―― 失敗に屈せず、努力し続けること

③「楽観性」―― 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること

④「柔軟性」―― こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること

⑤「冒険心」―― 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

この①~⑤の行動指針、ベンチャー企業で働くこととリンクしているような気がして、ますますこの理論を実践したいな~と日々思っています。そして、そんなチャレンジ精神を持って日々働けるのがベンチャー企業で働ける醍醐味だと思います。

ぜひ、新たな一歩を

この記事を偶然目にしてくださった皆さんには、そんな理論もあるんだな~と偶然を計画的に設計して、新たな一歩を踏み出してもらえると嬉しいです。

私たちナイトレイは、位置情報ビックデータ解析のトップランナーとして最もニーズの高い訪日外国人の位置情報解析に取り組んでいます。

今後はこれからニーズが高まっていくと予想されるコネクテッドカーをはじめとする自動車領域や、ATMやカード決済のログデータなどの金融領域のデータ解析・ビジュアライズ化にも力を入れていきます。

世の中のニーズや社会的意義のある位置情報解析という領域に挑戦し、絶えず顧客の声に耳を傾け、プロダクトの考案・改良に努め、世の中に価値ある情報を提供したいという仲間を募集しています。

ぜひ私たちの職場に遊びに来てください。

株式会社ナイトレイ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings