1
/
5

IT業界未経験からベンチャー企業への挑戦! 突破力を持ったパワフル社員が語る、新規事業開発部の仕事と魅力

こんにちは。株式会社Odd-e Japan(オッドイージャパン)の土居です。今回は、株式会社Odd-e Japanの新規事業開発部でパワフルに活躍をする唐澤さんにインタビューをしました。ぜひご覧ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

唐澤幹子(新規事業開発部)

 卒業後、OA機器販売の営業を5年務める。その後、4年間バックパッカーをしながら世界の山々に登るという生活を送る。
帰国後、フルーツの訪問販売の職につき、リーダーとして後輩のマネージメントに携わる。その後、新規事業となるフルーツ定期宅配事業に参画。
責任者として事業の立ち上げに関わる中、何もない所から試行錯誤し事業を立ち上げていく事に面白みを感じ、2019年より株式会社Odd-e Japanに入社。

現在、新規事業開発部にて信頼感に溢れたトーク力と貪欲でチャレンジングなマインドを武器に活躍中。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なぜOdd-e Japanに入社されたのですか?

 私には子供がいることもあり、働く中で制約がたくさんありました。子供のことで会社を休むかもしれない、残業はできないと条件を出し、その条件に当てはまる会社を探していましたが、自分に何が良いか分からなくなっていました。

ある日、知人と転職について会話をする機会があり、その時に「自分に掛けている制約や条件がなくなった時に働きたいと思う会社にしたほうが良いよ」と知人からアドバイスをもらいました。無意識のうちにがんじがらめになっていた自分に気づき、一度全ての条件をクリアにし「自分が働きたい!」と思える会社・業務を突き詰めよう、と転職の軸を見直すきっかけとなったのです。その軸を見つめ直した結果、出会った会社がOdd-e Japanでした。

これまで経験してきた企業では「自社の事業があります。あなたの経験が自社の事業においてどのような価値を出せるか教えてください」という考えをベースに面接をしている所が多かったのですが、Odd-e Japanは「あなたがやりたいことって何?」というシンプルな問いを突きつけられたのです。求められている役割を全うすることではなく、自ら考え、価値を生み出すことをしなければいけない会社なのか!と面食らったことを覚えています。

 また、多くの会社の新規事業開発部では、必死に自分で考えても実現できないことも多く、考えがまとまっていても採用されないことが多いのが現状です。

しかし、実際に入社してからも「さあ唐澤さんどうします?やりたいこと考えてきました?」という感じに聞かれ「面白くて筋の良いものを考えたら実行することができる!本当にこんなことあるんだ!」とワクワクしたのを覚えています。

すぐに「常に新しい発見や学びがありそう。この会社だと挑戦し続けることができ、常に夢中になれるかも」と思いましたね。


入社後はどうでしたか?ギャップはありましたか?

 あまりにも自由や自律を求められる環境だったので良い意味でのギャップがありました。

これまでいくつかの会社を経験してきましたが、今までの考え方や常識と違いすぎていて、理解するには時間がかかりました。

この会社はなぜ自律したチーム活動ができるのだろう。そう考えた時に、社員それぞれの価値観が確立されていることや、自由に挑戦できる土台は「スクラム」にあると気づきました。

そして、せっかくこの会社で挑戦していくなら、まずはこの価値観の土台・基礎の部分からしっかり学びたいと思いましたね。


実際の業務はどのようなことをされているのでしょうか?

 私はプライベートも関係なく常にアンテナを張り、世間の状況を見ながらビジネスチャンスがあるのではないかと考えています。

新規事業開発部の仕事は形になっていない構想の状態から営業を行います。何もないところからどう作り上げていくかは正解がないんですね。だから、常に模索しながら挑戦し、失敗し、仮説立てをして検証することを繰り返し行っています。

例えば、弊社としては新規参入となる業界に業務改善システムを提供するために動いています。新規参入の業界であっても、事業企画や営業企画はもちろん自分達で行います。

「スクラム・アジャイル」という価値観が、リリース当初は小さく・ユーザーの声を聞きながらプロダクトを大きくしていく、というものなので、お客様と一緒にプロダクトを成長させていく楽しさもあります。

 他にも、元々Odd-e Japanの強みである研修・トレーニング事業なども並行させて進めているので、常に複数のことが頭を行ったり来たりするのは、このチームの特徴かもしれません。


新規事業部で働く上での面白さを教えてください。

 1つは常にゴールがないところですね。ここまでやると自分ができるようになったと満足することはありません。常に新しいことや、できるようになりたいこと、やってみたいことを発見することができます。現在も「これもしたい!これもしたい!」整理しないといけないくらいあります。

 また、チームで業務を進めていくところもこの会社にしかない面白さだと考えています。私の前職では、部署はあるが、やはり個の力で業務を行っていました。チームだからこそ売り上げがあがる経験や、相乗効果でより良い結果に繋がるというのは経験がありませんでした。

 この会社で、チームで協働をする「スクラム」という考え方と出会い、実践しているとチームとして成長しているのを感じます。そしてチームの成長と比例するように業務もどんどん楽しくなっているので、今後もすごく楽しみです。


この記事を見てくださった方へ最後にメッセージをお願いします。

 この会社は本気で成長したい方におすすめです。

新規事業開発であるため、とても幅広い業務を行います。そのためできないことも多く、苦手なことが出て来たり、壁にぶつかることもあるかもしれません。

できないことにネガティブにならず、できないことができるようになったその先の未来の自分を想像するなど、自分の成長を楽しみながら一緒に仕事をしたいですね。

 また、Odd-e Japanはチームで仕事を行います。そのため、本気で切磋琢磨できる仲間を見つけていきたいと考えています。私の場合、今いるメンバーが好きだからこの環境を選び、働き、成長しています。

直感でもこの人と働きたいと思った人と働くと良いかもしれませんね。

株式会社Odd-e Japan's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more