1
/
5

エンジニアの枠にはまらず仕事をしてきた私がOLTAを選んだ理由

山際 康貴(プロダクトグループ研究開発チーム)

ゲームがきっかけでプログラミングを学び、ソフトの可能性に覚醒めた学生時代

もともとゲームが好きで、中学生の時に本屋でプログラミングの本を見つけ自分でもゲームを作ってみたいと思ったんです。そこからプログラミングに興味を持ち始め、実際にシューティングゲームも作ってみました。Flashがなくなっちゃって今は動かなくなっちゃいましたけど(笑)

その後、プログラミングを学習するために長岡高等専門学校の電子制御工学科へ進学しました。そしてソフト系のみならず、ロボットの制御などハード系の学習もしました。高専では期待通りの学習ができましたが、内容がハードよりであったのでもう少しソフトよりの内容も学びたいと思い、愛知県の豊橋技術科学大学の情報・知能工学課程に進学しました。けっきょくコミュニケーション・ロボットの研究をしていましたが、ロボットを一つ一つ製造・納品・メンテナンスするのはなかなか大変な仕事だと感じました当時、研究室のサーバーに情報共有のためのウェブアプリケーションをインストールする機会がありました。そのとき、一つサーバにあれば何十人もその恩恵が受けられるソフトの世界に感動しました。「ソフトいいじゃん!」という感じで(笑)
そこでウェブサービスの仕事に興味を持ち、ウェブアプリケーションの会社への就職を心に決めました。

エンジニアとしての枠を越えて奔走したピクシブ時代

当時は、逆求人のブームが来ていて自分で企業を調べるというよりは企業の側からたくさんオファーを頂きました。そしてTo Bの企業も含め受けた全ての企業から内定を頂きましたが、当時はTo Cへの興味があったことと、自らがユーザーでもあったこと、そして入社後に自分がどういう活躍ができそうか明確にイメージできたことからピクシブに入社を決めました。エンジニアが約7割とエンジニア主導の会社であったことも、技術が好きな自分には魅力的でした。

(ピクシブ時代、カンファレンスに登壇して広告配信システムについて語る様子)

ピクシブではとても裁量が大きく、与えられた仕事をこなすだけでなく、Twitterなどでユーザーの声を拾って社内で提案をし、実装までを主導するなど積極的に行動しました。また、より収益を伸ばしてユーザーにより良い体験を還元したいと思っていたとき、当時エンジニアがいなかった広告部門へ異動させてもらい、エンジニアリーダーとしてチームの立ち上げを経験しました。他にも、営業の方に頼み込んで営業に同行させてもらったりと、エンジニアの枠に収まらずに仕事をしていて、いい意味で「エンジニアぽくない」と言われることもありました(笑)

思えば、学生時代にもビジネスコンテストに出場して日常の名刺に変わる有機ELを用いた電子名刺を提案して優秀賞をいただくなど、昔からエンジニアといった枠にとらわれずに活動していました。


(ピクシブ時代、高専プロコンのブースに出展したとき)

中小企業の課題と向き合い、OLTAに入社

ピクシブでの仕事は順風満帆でとても楽しかったですが、新しいことにも挑戦してみたい思い転職を決めました。転職時にも非常にたくさんのオファーを頂きましたが、その中でも特に丁寧なメッセージをくれたOLTAの面接を受けることに決めました。そして面接でも非常に多くの方とお話をする機会があり、自分が入社後にどのような働き方をするのかというイメージが明確に掴めました。また、一般にAIでの審査などAIでなんでもやっているかのように謳うことで人が集めやすくなりますが、OLTAの面接時には審査においてAIと人間の両方を組み合わせているという説明され、OLTAの人たちは真っ直ぐにプロダクトに向き合っているのだなということと、実直なこのチームで働きたいと思いました。
同時に、私自身いくつものAI案件を請けてきた経験からもAIが得意なことと人が得意なことの両方があると感じていたため、OLTAの人たちはわかってるな~とも思いました。

そして、当時たまたま知り合いづてに中小企業の経営者と交流する機会があり、多くの中小企業が資金繰りで課題を抱えていることも知っていました。当時はどうやって資金面での支援ができるのかわかりませんでしたが、OLTAで提供しているクラウドファクタリングなら、売上の入金を早めることで救える企業が多いなと気づいて入社を決意しました

強みを活かしてOLTAの「脳みそ」と「心臓」の調和を目指す

2020年6月にOLTAに入社して最初は、審査システム改善など社内での業務フローに関する開発を行いました。そしてその次は地銀OEMの管理機能の開発やメール配信システム、クラウド請求管理サービスINVOYの入金消込機能の開発を行いました。そして今は再びOLTAの社内向け開発に戻って業務フローをどのように改善できるか考えています。直近だと、24時間審査を確実に行うためにアラートの仕組など業務の可視化に関するプロジェクトに従事しています。


銀行OEMなどに比べて審査システムの改善などのプロジェクトは活躍がわかりにくい領域ではありますが、OLTAの経営とユーザーの体験にとっては非常に重要です。OLTAへの債権買取の申込みが増えてくれば、それに比例して審査など裏側のオペレーションの負担も増えていきます。だからこそ、申込みが増えても負荷があまり増えないようにシステムを改善することはOLTAの経営にとっても、ユーザーの体験にとっても重要なポイントだと思っていて、そこに自分は非常にやりがいを感じていますスコアリングモデルや与信をOLTAの「脳みそ」とするならば、オペレーションを司る審査システムはOLTAにとって「心臓」のようなもので、業務が回っていく上で不可欠な存在です

今後はOLTAの「脳みそ」であるスコアリングモデルや与信についても携わっていく予定です。私はOLTA入社前から副業でAI案件を請けてきて、高度なAIにはデータが最も重要だと身をもって気づきました。OLTAにはオペレーションを通じて貴重なファイナンスデータが蓄積される仕組みがあります。この心臓から送り出される「血液」とも言えるデータを、うまく活用できるかどうかは「心臓」と「脳みそ」の連携にかかっています。

「心臓」と「脳みそ」は互いに独立しているものではなく、片方が進化すればもう片方もそれに合わせてうまく動くようにしなければなりません幸い、自分は「心臓」のためのウェブアプリケーションと「脳みそ」のためのAIの両方に知見があるので、「データ設計とそのためのオペレーション設計」のように、その強みを活かして両者を調和させることにチャレンジしていきたいと思っています

経営者を目指して

私は、中小企業をエンジニアリングで支援したいと考えてOLTAに入社しました。中小企業経営をエンジニアリングで支援するためには、経営者の目線を学ぶ必要があると考えており、そのために個人でも仕事を請けています。実際に中小企業の経営者さんと話していると、使われないシステムが世の中に多く存在していると感じます。往々にして、せっかく作っても使ってもらえなかったり、逆に要望しても期待していたものが納品されなかったりということが起きているのがわかります。これはどちらかが悪いという問題ではなく、ただのミスコミュニケーションによるものだと思うんですねそこで、個人での仕事を通じて自分自身が経営者の視点に立つことによって、このミスコミュニケーションを減らしていくことができたらいいなと思っています


また、このミスコミュニケーションを減らすためには、自分自身の経験から培ったノウハウを共有していくことも必要だと思っています。そこで、学生や未経験のエンジニアなど今後エンジニアになろうとしている人たちに対して「現エンジニアがどういうことをやっているのか」や「エンジニアがどのようなものか」を教える活動をしています。これら2つは現在も既に個人で取り組んでいますが、一人でやる限界値も見えてきているので事業として大きくしていきたいと思っています。

そして、自分自身も将来は経営者になりたいと考えています。そのために必要なのは、AIと人手をどのように組み立てるかなど「自分でゼロから仕組みを作ること」と、エンジニアリングを活用しての業務フローの改善など「業務効率化の方法を学ぶこと」だと思っていますそしてこの2つは将来経営者となる上で必要なだけでなく、OLTAの経営に貢献するためにも重要だと考えています

掛け算で指数的に事業を発展させられる人と働きたい

自分の役割を全うすることはもちろんですが、「この人とこの人を、この部署とこの部署を、このプロジェクトとこのプロジェクトを組み合わせることでもっとおもしろいことができるんじゃないか」というような発想が自然にできる人と仕事がしたいと思っています。OLTAにはまだまだ伸ばせるところがいっぱいあって、それを指数的に伸ばしていくためには掛け算的な力が必要です。そのために、自分のプロジェクトや部署以外にもアンテナを高く張って連携していくことができる人と働きたいと考えています。


また好奇心が強いことも大切だと思います。OLTAは「与信の仕組み」を中心として、中小企業の経営を支える「プロダクト群」を作り続けるという、答えも終わりもないチャレンジに向かっています。金融など業界特有の制約がある複雑な環境で事業を成長させるには、エンジニアが好奇心を持って積極的に事業を理解し、その成長にコミットすることが重要です。テクノロジーと好奇心で、事業を成長させられる人と働きたいです。

OLTA株式会社's job postings
28 Likes
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings