1
/
5

【社員インタビュー】テックリードに聞く。オムニスでの働き方

ご無沙汰しております!

こんにちは!株式会社オムニスの澤田です。すっかり1年ぶりのフィード記事となってしまいました💦
さて、今回はテックリード喜村さん(写真:左)と渡辺さん(写真:右)に、オムニスでの働き方を中心にお話を伺いました。

お二人の簡単なプロフィール
========================
喜村さん
入社時期:2019年3月
入社経緯:Wantedlyでの自己応募
転職回数:3回
ポジション:テックリード(バックエンド)
========================

========================
渡辺さん
入社時期:2019年3月
入社経緯:Wantedlyでの自己応募
転職回数:1回
ポジション:テックリード(フロントエンド)
========================

今回のトピック5つ

オムニスに入社した決め手
現在担っている業務内容
テックリードとしてやりがいを感じた経験
働き方で気に入っている点
全社的に今後改善が必要だと感じている点

前半はエンジニアならではのお話が主ですが、後半は全職種の方に参考にしていただける内容です。
ぜひ最後までお付き合いください!

ーーオムニスに入社した決め手

喜村:私はGolangを使っている企業で調べていて、ファッションが好きなのでオムニスの募集記事が目に留まりました。(株)ワールドグループの傘下なので、”ファッション×IT”業界で影響力が大きい会社だと思ったことが、入社の決め手です。

澤田:オムニスの一番の特徴は”ファッション”ですよね。最近はファッション好きな方が増えたなと感じます!渡辺さんはいかがですか?

渡辺:オムニスはWantedlyのアカウントを作った日に応募した4社のうちの1社です。とにかく”新しい環境で新しいことをしたい”気持ちが強かったので、初めに内定を頂いたオムニスに決めました。ちなみに、喜村さんほどファッションに興味はないです笑

澤田:決断力がすごいですね!早い!

ーー現在担っている業務内容

喜村:私はクライアントやビジネスサイドから来た依頼をどう開発するか決めています。ビジネスサイドとエンジニアの橋渡し役ですね。具体的には、プロダクトを作るのにどんな技術とサーバーを使うかや、サーバー間の連携の設計などをしています。コードはほとんど書いていないです。

渡辺:テックリードとして、PMが作った開発スケジュールをタスクとして落とし込むことが主な業務です。予算に応じた今後のアサインの人数や技術の難易度を踏まえた開発組織の戦略策定も担っています。また、フロントエンジニアとして1日に1回はプッシュする程度にコードを書いています。

ーーテックリードとしてやりがいを感じた経験

喜村:入社当初は関係者が多いため調整が必要な局面が多くあり、進捗の遅さを感じました。特にビジネスサイドの人員不足を感じたので、元々コードを沢山書く役回りでしたが担う仕事を変えていきました。その結果、周りから”開発に集中できる””働きやすくなった”という声をもらうようになったので、自分のやりがいになっています。

渡辺:約1年前は人数が少ないこともあり、誰が何をするかなどの個人の責任範囲が明確になっていませんでした。この”組織としてゆるやかに死んでいきそうな状態”に、周りが気が付いているかがわからずストレスに感じていました。そんな時にGitHubが使えず開発に空きが出たタイミングがあり、kibelaに自分の意見を綴った記事を投稿したことがきっかけで議論が始まり、組織としての課題認識を促せたことがあります。おかげで当時より状況は良くなっていると思うので、日々の業務にやりがいを感じています。

澤田:お二人とも役職にとらわれずに、組織を俯瞰的に見て問題解決をしていらっしゃいますね。オムニスはフラットで意見を言いやすい環境なので、個々人が主体性をもって組織がより良くなるように変えていける点が強みだなと思いました。

ーー働き方で気に入っている点


渡辺:一番気に入っているのは裁量労働制ですね。MTGだけ、や夜な夜なオフィスに来ることもあります。本当に働き方は”自由”です。

澤田:時間に関しては本当に自由ですよね。この前、退勤して駅に向かっていたら、渡辺さんと鉢合わせたので少し驚きました笑

喜村:私は年が近い人が多くて、仕事以外にも仲良くできるところが好きです。たしか平均年齢は20代だとか… 終業後のオフィスでは、たまにスマブラ大会が開催されてます。

澤田:皆さん仲がいいですよね!ちなみに、インターンも4名いますが、たまに飲みに行ったりしてます。

渡辺:あと、オムニスの特徴は英語を使う機会が多いことですね。外国籍の方が何名かいるので常に英語が飛び交っていて成長機会が多い環境だと感じます。

澤田:わかります、自然と英語が入ってくるので無料のスピードラーニングみたいでお得ですよね。

ーー全社的に今後改善が必要だと感じている点

渡辺:エンジニアとしては、更に外部から高い技術をもつ方に入ってもらうことが必要ですね。そのために、勉強会やミートアップの主催もしていきたいと思っています。オムニス全体のレベルアップを目指していきたいですね。

喜村:私はファッション業界に関する知識不足を感じています。例えば、SPAやサプライチェーンの仕組みなどの業界における常識的な部分を知っていれば、システムの構築に活かすことができます。この部分も社内勉強会などで足していきたいですね。

澤田:既にオムニスは勉強会文化がありますが、これからより活発化させていきたいですね!そのためにも、ぜひ様々なバックグラウンドを持つ人が集まった組織にしていきたいと、採用を担当している身として思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事は”オムニスという環境”について知ってもらうことができる内容だったと感じております。

少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひカジュアル面談にお越しください☺

ご応募お待ちしております!

株式会社オムニス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more