1
/
5

新卒メンバー突撃レポート!!! Vol.6あらゆるチャンスを全力でキャッチ入社一年目・Video BRAINコンサルタントの挑戦

みなさん、こんにちは。オープンエイト広報担当です。

新卒突撃レポート!!!6 回目の連載は、Video BRAIN コンサルティンググループにて活躍中の新卒メンバー:小林へのインタビュー。
入社半年にして、Video BRIANコンサルタントの即戦力となった小林が、オープンエイトに入社してからの自身の成長を振り返ります。

※新卒突撃レポートのバックナンバーは以下のリンクからご覧いただけます。
第1回目 フェンシング全日本選手権チャンピオン 社会人としての新たな挑戦
第2回目 自社プロダクトと共に成長する新卒エンジニアの挑戦
第3回目  インサイドセールスグループの月間MVPを受賞!ゼロからイチを創る楽しさを追求。
第4回目  プロクリエイターを目指して培った経験をもとに、変化を楽しめる社会人に
第5回目  インサイドセールスグループ 月間MVPが語る社会人奮闘記!

小林 匠/ Takumi Kobayashi

2020年卒の新入社員として、オープンエイトにジョイン。
オープンエイト初のオンライン入社式、オンラインOJT研修を経て、コンサルティンググループに配属。
インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」の導入クライアントとの商談を主に担当する。
大規模イベントコンテンツ東京2o20JAPAN IT WEEKのVideo BRAIN出展ブースでも大活躍中!

学生時代に経験した塾講師のアルバイトやサッカー、旅行を通じて、人間心理学に興味を持つ。
美術館巡りは趣味のひとつ。

今担当している業務について

小林が所属するコンサルティンググループは、インハウスAI動画編集クラウド「V BRAIN」の導入を検討している企業に対してサービス紹介や活用ケースなどを提案する役割を担っています。ビジネスシーンにおける活用事例だけでなく、運用体制等の動画活用全体によるクライアントの課題に向き合い、企業の成長に貢献する役割を担っています。

オンライン商談にもようやく慣れてきました。先輩社員の商談に同席してヒアリングを含めたコンサルティングスタイルを学ぶ傍ら、自分が担当する商談も徐々に増えてきています。

商談は「とにかく丁寧に」を心掛け、どんな場面でクライアントが動画活用を必要としているのかを確認しながら、目的に合った活用事例を紹介しています。
特に、「スキル」「コスト」「時間」をテクノロジーで解決することに興味を示してくださるかたが多いことや、企業における動画内製化のニーズの高さに、改めて驚かされています。
「Video BRAINを知って、動画制作へのハードルが下がった」とか、「Video BRAINなら本当に簡単に動画化できるんですね」とかコメントをいただくことも多いですね。

オープンエイトにジョインして良かったこと

オープンエイトとの出会いは、Wantedlyのカジュアル面談のWebページ。
「最先端のプロダクトを自社で開発している会社がある!」と知ったことがきっかけとなり、オープンエイトとは?Video BRAINとは?・・・と調べ、オフィスに数回足を運びました。活気がある会社の雰囲気も面接での感触もぴったりイメージ通りで、何よりオープンエイトが掲げるビジョンやミッションへの共感が増すを感じました。
現在の上長にあたる、執行役員 兼 Video BRAIN事業部長・原沢と面接した時は、キャリアの築き方や人生設計の仕方等を直接聞くことができて、ワクワクしたのを覚えています。

オープンエイトの目指す世界
世界を豊かにするコンテンツテクノロジーカンパニーになる。

そのために実現すること
人の気持ちを動かす、質の高い情報を体験できる世界を創造する。

入社して良かった!と改めて思うのは、あらゆる可能性に挑めるチャンスが誰にでもあること、そして、従業員のことを第一に考える温かい社風が根付いていることです。
日々目標のハードルを自分自身で上へ上へと設定して、チャンスは全力でキャッチしたい。- そんな強い意気込みと共に毎日を過ごしています。

そうは言えども、商談で悔しい思いをしたり、躓くこともあります。(笑)そんな時は、正直に悩みや課題を先輩社員や同期メンバーに打ち明けて、どうすれば解決できるのかをとことん相談します。オープンエイトメンバーは温かい人が多く、部署の垣根を越えてでさえも何でも気兼ねなく相談できます。そういった人間関係があるから、着実に仕事に取り組んでいけるという安心感と、もっとコンサルティンググループや会社全体に貢献できるような即戦力になりたい!と思えるんだと思います。

入社してからの変化

地味なことかもしれないですが、時間を気にするようになりました。時間って無限にないじゃないですか(笑)これも!あれも!と全部を叶えるには、戦略的なタイムマネジメントが必要になります。
Video BRAINコンサルタントとして、どんなタイムスパンで商談を調整していくのがクライアントにとってベストなのかとか、限られた商談時間の中でどのレベルまで話の質を高められるかとかを意識して行動しています。1に確認、2に確認、という感じですが(笑)、時間を意識することで考えがまとまったり、ヒアリングの質が上がったりしてきて、自分自身の変化を感じますね。

もうひとつの変化としては、自発的に手を挙げるようになったことじゃないかと思います。
もともと新しいものが大好きで、知らないものは積極的に攻略していくタイプなんですが、最近は、自分の意見を発信する大切さを改めて感じています。

オープンエイトには、部署や肩書、キャリアに関係なく、自分が手を挙げれば新しい仕事に挑戦できる環境が整っています。
若くしてマネジメントメンバーとして活躍していたり、MVPを受賞する先輩社員も周りに多いのが特徴的ですね。

2021年卒の就活生に伝えたいこと

新しい自分の一面を知るために、視野を広げてみることをオススメします。
アンテナの張りかたやこだわりは人それぞれ違うけれども、今現在の自分の枠を超えるためにも、新しい物事に興味を持つことはとても大切だと思います。

個人的には、最新のもの…例えば話題のサブスクリプションサービスや動画、紙面、書籍や雑誌、SNSなどといった、ありとあらゆる情報に触れることを意識して生活しています。自分が見えている範囲って、想像した以上に狭いですから(笑)

行き交う人々の日常生活の中で、なぜかある時一瞬で目に留まるものってすごいなって思います。なぜそういったサービスやプロダクトが存在するのか、誰に必要とされているのか、今後誰が必要としていくのか…。
そうやって連想ゲームみたいに思考を巡らせていくと、新しいチャプターがスタートしたみたいに 昨日とは違った自分になれると思います。

最新のサービスやプロダクトに触れる。それらのサービスやプロダクトの起源まで遡り、どんな経緯でリリースされたのかや創業者の想いまで考えてみる。こうして興味・関心に関するアンテナをめいっぱい張り巡らせると、カジュアル面談や面接先での質問の精度も同じように上がっていくんじゃないかなと思います。
ちなみに僕は、オープンエイトの面接でも「これは聞きたい!」とリストアップしていった質問(マネジメントメンバーが描く人生設計について)を直球で聞けましたよ。

OPEN8の2021年卒採用についてはこちらから
カジュアル面談も随時行っています。ぜひ応募ください^^
https://www.wantedly.com/projects/490411

◆インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」(ビデオブレイン)

「誰でも簡単、どこでも動画作り放題。」のインハウスAI動画編集クラウドVideo BRAINは、AIのサポートで誰でも簡単に高品質なストーリー性のある動画を数分で編集できるクラウドサービスです。未経験者のために作りこまれた操作画面で、まるでパワーポイントを使う感覚で動画を簡単に作成することができ、業界問わず多くの企業が導入。これまで外注していた動画作成が社内でできるようになり、コストも時間も抑えられると高い評価を得ています。
【公式】Video BRAIN (ビデオブレイン)|インハウスAI動画編集クラウド  https://video-b.com/

株式会社オープンエイト's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more