What we do

ロールモデル輩出PROJECT「英語教師編」の様子。貧困地区出身の若者へジョブ&ライフトレーニングを行っています。貧しくても、十分な学歴がなくても、必要な"能力と意志"さえあれば修了できます。
トレーニングの卒業生は「PALETTE SCHOOL」で英語教師として2年間働きながら学びます。その後のセカンドキャリア、そして自分らしい人生を歩むための「自立」を前提とした「School In Business」型を採用しています。
私たちは、経済的貧困下にある若者の「"どうせできない"をなくす」をミッションとして掲げるソーシャルベンチャーです。 フィリピンには「100人小学校に入学出来ても、大学まで卒業出来るのは8人」という教育の失敗があります。 進学・就労機会が欠如する若者に、School In Business型のキャリア支援モデルを構築しようと以下の事業を行っています。 ①フィリピン貧困層若者向け就労支援「ロールモデル輩出PROJECT」 http://www.pa1ette.org/ ②日本人若者向けフィリピン留学事業「PALETTE SCHOOL」 http://www.pa1ette.org/school/

Why we do

マニラにあるゴミ集積場スラムの様子。「生きること」で精一杯な環境に囲まれた子ども・若者のキャリア観は、極めて限定的。本来備え持つ潜在価値が発揮されにくく、貧しい人は貧しいままという悪循環から抜け出すことが難しい。
英語教師として働くロールモデル輩出PROJECTの卒業生たち。貧困地区出身で学歴も十分ではなくても、優秀なパフォーマンスを発揮出来ることを証明してくれています。次世代の若者が「自分もあんな風になりたい!」という希望になってほしいという想いを込めて取り組んでいます。。
学生のころ訪れたフィリピンのとある貧しい村で、 「お医者さんになって、同じように困ってる人を助けてあげたい。」 そう語る彼女に「努力すればきっと叶う!応援してる!」 と胸を張って言えなかった悔しさ、もどかしさが、PALETTEを創設しようと思ったきっかけです。 「その日を生き抜くこと」「家族を守ること」に精一杯で、進学・就労機会が欠如する環境の中、「本当はあきらめたくなんかない。もっと自分の可能性を追求したい。」という子ども・若者が、特に発展途上国にはたくさんいます。 その強い意志に応え、一緒に挑んでいきたい。 「どんな理不尽な環境だとしても、 "どうせできない"ことなんてない、 夢に挑戦し続けていい。」 そんなことを胸をはって言える世界にしたい。 それがPALETTEの願いです。

How we do

オフィス外観。フィリピン最大のNGO「Gawad Kalinga」と提携しており、ソーシャルビジネスのインキュベーション施設でもある「GK Enchanted Farm」内にオフィスがあります。
ミーティングの様子。フィリピン人、日本人の垣根を超えて、「支援を受ける人」としてではなく「変化を起こす仲間」として、肩を並べて事業を作っています。
ミッションにある通り、私たちはお金がなくたって、どんな理不尽な環境下であっても、「本当はやりたいことへの挑戦」を応援する団体です。 社内メンバーに対しても「自分は何がやりたいのか」を問うことを大事にしています。 「PALETTEは、どうしてそこまで信頼してもらえるのかが理解不能なくらい、やりたいことをやらせてもらえる場です。 なぜそれをやりたいのか、ゴールは何なのか、どうやったらゴールを達成できるのか、そして成果がどのようにPALETTEの成長にも繋がるのか。これらを説明できれば、大体のことは出来ます。 また、たとえ失敗してとしてもただ咎めるのではなく、何故うまくいかなかったのか見直す機会を与えてくれます。失敗は教訓にして次に繋げよう。そんなポジティブなカルチャーがPALETTEにはあります。」 こんな私たちと一緒に、社会を変えていく挑戦を仕掛けていきませんか? ーーPALETTEの6つの価値規範ーー ▼超え続ける Beyond Myself 現状に満足せず、より良い状態を模索し、変化し続けます。「もっと良くするためには何が出来るだろう?」と考え、新しい挑戦を歓迎します。 ▼違いを楽しむ Puzzle 1つのパズルを完成させるかのように、各々の長所を活かし合うことを楽しみます。違って当たり前、「そんな考え方もあるんだ」と受け入れ発揮させ合う柔軟性を歓迎します。 ▼ビジョン第一主義 Visionary Heart 「それはビジョンに沿っているのか」が全ての判断基準において優先されます。ビジョンに繋がらないことはやりません。日々の行動はKPIへ、KPIはKGIへ、KGIはビジョンへと繋がっています。 ▼自分で決める Decide with Courage 最終的に決めるのは他の誰でもなく、自分です。「◯◯が言ったから」「◯◯のせいで」とはなりません。1人ひとりがその決断に責任を持ち、最後まで遂行します。 ▼出来る理由>出来ない理由 Reason We can 難しい状況にぶつかったとき、「これは無理だ。なぜなら◯◯だから。」と出来ない理由を探さない。「これは難しい。どうしたらクリア出来るだろうか?」と出来る理由を探します。 ▼チームでやる We are PALETTE 1人で出来ることには限界があります。そんなとき、素直に他のメンバーの力やアイデアを借りる。また、他のメンバーが悩んでいるときに惜しみなく力を貸します。

Page top icon