1
/
5

営業から転身したエンジニアが、パン×IT×サブスクのシステムを通じて描く、未来とは?

パンスクチーム エンジニア 飯野健次郎

新卒で大分のメーカーの営業として就職した後、エンジニアを目指して上京しベンチャー企業に転職。フリーランスとして、様々な企業で主にC向けサービスのシステム開発を経験。現在はパンフォーユーにて、パンスクチームのシステム開発を担当。

個人向けに、全国のパン屋さんの美味しいパンを届ける事業「パンスク」チームで、フリーランスのエンジニアという立場で働く飯野さんに、今までの人生や、パンフォーユーのこと、将来についてなど、お話を伺いました。

ーまずは、現在の仕事の内容を教えてください。

「パンスク」のシステム開発を担当しています。内容は、フロントエンドからバックエンドまで開発全般です。パンスクはプラットフォーム事業なので、消費者である一般ユーザー用のシステムの他に、パンを作って発送してくださるパン屋さんが使用するシステム(※弊社が独自開発した「パンスクモット」)、社内のメンバーが使用する管理画面があり、その全てを対応しています。

ー入社して半年ほどになりますが、パンフォーユーで働いてみていかがですか?

会社の雰囲気が好きで、自分にあっているように思います。トップダウンではないですしギスギスしておらず、皆能動的に仕事をしているのではないでしょうか。とてもいい環境ですね。


ー今は、エンジニアとしてパンスクの根幹を支える飯野さんですが、新卒で入った会社ではエンジニアではなかったとか。これまでの経歴をお聞かせください。

新卒でメーカーの営業として就職しました。その後、将来はフリーランスという形で、自分で持っているスキルを武器に仕事をしていきたい、と思うようになりました。ならばエンジニアが良いのでは、とスクールに通いながら就職先を探したんです。そして無事、ベンチャー企業に、入社しました。その後も仕事をしながら勉強を続けて、今はフリーランスになる目標を実現できて、いくつかの会社で開発の仕事を経験してきました。

ー大小様々な会社と関わってきたとのことですが、なぜパンフォーユーで仕事をしようと思ったのですか?

CTO経験者である包さん(※パンスク事業責任者 記事参照)がいることを知り「すごい人がいるぞ!」と思い応募しました。スタートアップ企業ですと、人数が少なくエンジニアとして頼りにできる人がいることは稀で、フリーランスを頼りにされることが多くなってしまいます。私は仕事を通じて学べる環境がよかったので、技術力の高いエンジニアから学べる環境があることに惹かれました。


ー入社のきっかけとなった包さんと、実際に一緒に仕事をしてみていかがですか?

包さんは、技術者としてのたくさんの経験をもつ一方で、2Cの事業責任者としてサービスに対する熱い思いもお持ちです。エンジニアとしての技術力と思いを兼ね備えている人は、珍しいのではないでしょうか。私にとって一番の仕事のモチベーションは技術を磨くことですが、熱い思いがある包さんと一緒に働くことで、事業に対する思いもモチベーションの一つになっていると思うようになりました。エンジニアというのは、優れたものを作るだけの作業者になってしまう可能性が、往々にしてあります。パンフォーユーでは、事業に対して根本的な思いを持てるので、私もデザインについても意見したりと、工夫の余地があって好きだなと思います。

また、エンジニアだった人が事業責任者なのは安心感がありますね。

ー安心感ですか。それは具体的にどういうことですか?

例えば、作ることを想像せずに思いだけで進めた結果、開発チームに無理を強いてしまったり、細部にこだわりすぎて、変更のコストがかさむシステムになっていってしまうことがあります。パンスクは、包さんがエンジニアですからそんなことはありません。それが絶対的な安心感ですね。

ー実際に開発しているパンスク事業についてはどのように思っていますか?

場当たり的な開発ではなく、本質的なものを追っているようで、良いなと思っています。

パンスクは、目先の利益だけではなく、コンセプトや目指したい姿に向かっている感じています。自分が、ものづくりする上で大事にしていくべきだと思っているところは、そういった本質的な価値です。例えば、自分が担当する部分だけにフォーカスしてしまうと、その一部分だけはよくなっても、ソフトウェア全体は必ずしも品質が上がるとは限りません。ソフトウェア全体の品質を上げることで、本質的な価値を高めていくパンスクの今の方法は、自分の考えとあっていますし、事業の成長を促すことができると思うのでとても好きです。

ーものづくりをされる方の視点ですね。ユーザーとして、パンもお好きなんですか?

もともと、特に好きというわけではなくて、パンフォーユーに入ってからが人生で一番のパンブームですね。

自分は、パンスクというサービスのターゲットではないのですが、それは開発する上では重要ではないと思っているんです。むしろ自分が作ったサービスが、自分とは異なる考えをもったターゲットに共感されていく様子を、外からみるのが楽しいです。パンスクにはサンクスメッセージという機能があって(*パンを食べたユーザーがパン屋さんに送るメッセージ)熱心なコメントを見ると、とても気に入っていただけているなぁと実感できます。

ーユーザーの反応がダイレクトに伝わる、2C事業の特徴かもしれませんね。

そうですね。特にパンスクは、メーカーではなくパン屋さんが作って下さったものを提供するサービスなので、ユーザーとパン屋さん双方の思いが集まるプラットフォーム事業ならではかな、と思います。

ー飯野さんは今後どのようになっていきたいと思っていますか?

今はフロントエンド、バックエンド、インフラ、がどれも浅くわかっている状態なので、次の目標としては、全てのレベルをあげていきたいと思っています。自分がCTOという立場になっても、周りの人を引っ張っていけるくらいのレベルを目指しています。もう一つは、少し遠いですが海外に興味があります。英語力を磨いて、日本以外の仕事もできたら良いな、と思います。

とは言うものの、実のところ、遠い将来のことはあまり考えてもわからないものだと思っています。

以前営業職を辞める際に、周りの人にエンジニアになってどうなるのか?勝算はあるのか?と聞かれ、止められることもありました。でも、エンジニアになって当時を振り返ると、エンジニアのことを、今の5%くらいしかわかっていなかったな、と感じます。だから自分は遠くの先をみるより、半歩先、一歩先のできるようになりたいことを考えるようにしています。できるようになったら、その時に初めて次に何をやりたいのか、わかるようになるのではないか、と思います。

ーパンフォーユーでの仕事は、今の目標を叶えるのに役に立っていますか?

はい、とても役に立っています。

一つはスキル面です。今までに持っていなかったスキルへ、挑戦する機会をいただいています。これまで書いていた言語は、主にRubyやJavaScriptなどの動的型付け言語だったのですが、今は元々興味のあった静的片付け言語であるGo言語やTypeScriptを書いていて、それが少しずつ身についているように思います。チャレンジではありましたが、おかげで勉強ができています。

また、働く会社を選ぶ時に気づいたことなのですが、仕事をしていて楽しい時は休日の勉強も捗ると思っていて、今はそれができているし、成長につながっている実感があります。平日疲弊してしまうと土日休みたいと思ってしまうのですが、パンフォーユーの仕事では勉強したいことが仕事でできているので、勉強と仕事をあまり区別しないのがすごく良いことですね。

ー勉強熱心ですね。

ゼロからのスタートだったので、勉強しないといけない、と常に思っています。今は仕事をしているとわからないことが必ず出てくるので、その度に調べて追いついていきたいです。


ー最後に、どんなエンジニアがパンフォーユーに合っていると思いますか?

大きい会社か、小さい会社か、で働き方の向き、不向きがあるので、小さい組織で働くことが性に合っているかは大事だと思います。「技術も磨きたいが、事業にも関わりたい」「フロントエンドもバックエンドもやってみたい」といった風に自分の専門性を超えて色々やってみたい人は、合っているのではないでしょうか。


どこまでも勉強熱心な飯野さん。柔らかな物腰の裏に、未来への熱い思いを秘めて、パンスクに向き合っていることが伝わってきました。あなたも、パンスクの重要な面を担うエンジニアとして、一緒に働いてみませんか?
株式会社パンフォーユー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings