1
/
5

What we do

ブラック企業で働くペンギン・パンダとその上司が繰り広げるコメディアニメです。
今一番伸びている領域です!
私たち株式会社Plottは、 YouTube上にてIPコンテンツの制作・配信を行っている エンタメベンチャー企業です。 現在自社で制作・運営を行っているYoutubeアニメ『テイコウペンギン』はチャンネル登録数95万人を突破、月間再生回数は3,000万回を突破いたしました。 >> https://www.youtube.com/channel/UCUTgXNqRBqR33D5q10DfQXw 今後はさらにチャンネルの数を増やして テイコウペンギンのようなアニメだけでなく、 漫画を用いたYouTubeチャンネルなどのコンテンツを展開していく予定です。 ーPlottの意味 Plottは小説などを書く前に作るプロットからきています。 オモシロイを生み出すコンテンツをずっと作っていきたい という想いをコンテンツの構想を示すプロットに込めました。 また、プログラミング等で使用される 「++」(インクリメントと呼ばれ、加算処理を行う)を 「Plot」とかけ合わせ「Plott」とすることで、 「コンテンツをエンジニアリングする」 「ずっと成長し続ける」という意味を込めております。 【Plottだからできること】 ▶︎動画メディアの運営やバーチャルYouTuberプロデュースなどの経験から、 20代中心の若いチームの感性を活かした「デジタルネイティブに刺さるアニメ制作」を心掛けてコンテンツを制作を行っています。 ▶︎今までのレガシーなコンテンツとYouTubeの違いはデータが収集出来ることです。 YouTubeならではの数値ベースの意思決定と、 それだけに捉われない発想を活かした感性による意思決定によって 数値と感性をハイブリッド化することができ、 今までにない新しいコンテンツを制作しています。 ~~~~~~~ 参考記事 PR TIMES >> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000047837.html

Why we do

働く人がHAPPYであるように
なぜやっているのか 【本気のアソビで世界をアッと言わせよう】 CEOの奥野は過去にゲーム制作やバラエティ動画メディアの運営などを経験しており、 「人を楽しませる」ことをこよなく愛する人です。 自主制作をしている人も沢山在籍していて、 集まっているメンバーもアニメや漫画、映画、ドラマ、小説、ラノベなどのエンタメが大好きで、人を楽しませることが大好きな人ばかりです。 誰よりも創り手が楽しんでつくることで、オモシロイものが生まれ、見る人を楽しませることができると考えています。 アソぶように働くことができる組織がPlottの目指す理想です。 【YouTubeアニメのパイオニア】 様々な動画配信サービスによって、アニメ市場が拡大し、アニメを視聴する人が世界規模で急速に増えています! しかしながら、YouTubeに特化したアニメ制作会社はまだまだ少なく、YouTubeにおけるアニメコンテンツの割合も低いです。 私たちはここに着目し、隙間時間にスマートフォンで見るのに最適なアニメコンテンツを打ち出すことで、YouTubeアニメという新領域におけるナンバーワン企業を目指します。

How we do

クリエイターが多く在籍しています
ミッションである「本気のアソビで世界をアッと言わせよう」を実現するため、3つのバリューを掲げています。 ・心に目を向けよう ワクワクや違和感を発見しよう。固定観念の先にある自分の心を観察しよう。「本当はどうしたいのか」を大切にしよう。 ・分かち合おう 良い悪いの判断を脇におき、ありのままを受け止めよう。感じたことを共有し、互いに共鳴しよう。みんなの心に目を向けて、分かち合いの輪を拡げよう。 ・やっちゃおう 無意識にかけている制限を外そう。やっちゃいけないことはない。まずはやってみよう。Plottは一人ひとりの「本気のアソビ」の集合体。 これらを通じて、社員一人ひとりが「本気のアソビ」を体現できる会社を目指しています。