1
/
5

リモートワーク中にあってよかったものBEST3~エンジニアみさみさ編~

リモートワークで通勤時間がなくなり運動不足のポケラボエンジニアのみさみさこと、たかだみさとです。(人事の人が勝手につけたあだ名)

AppleWatchが好きでお風呂の時以外ずっと身につけています。

心拍数や環境音、運動量などをずっと測ってくれるんですよ、AppleWatchって。すごく可愛いですよね。


そんな可愛いAppleWatchが測ってくれた、直近1週間の私の運動量のグラフがこちらです。

この3つのリングが3つとも1周すると、からだの運動量的には良いのですが、
リモートに入るようになってから全然リングが一周しなくなりました。

あと肩とか腰がしんどい!どうしたらリモートワーク中にこの不満点を解消できるのか…

と色々試していたら人事部の藤岡さんに興味を持っていただけたので、今回記事を書かせていただくことになりました。

今回は、リモートワーク中にあってよかったものをランキング形式に紹介していこうと思います。

第3位:小さなちゃぶ台

ちょっと前にAmazonで購入しました。リモートになってから活躍の幅が広がってます。


ずっと座りっぱなしだと疲れませんか?

私はずっと机の高さが自由に変えられる机が欲しかったのですが、
このちゃぶ台を机の上に乗せて、その上で作業することにより簡単にその機能を実現させることが出来ました!

立つだけで結構気分が変わっていい感じです。

(でも個人的に、立ちながらプログラムを書くのはすごく難しいということに気づいたのでメールとかチェックしてます)

第2位:AppleWatch(第5世代)

今年のはじめくらいから使い始めているのですが、これはガジェット好きにぜひおすすめしたいアイテム!!

ずっと座り続けていると「そろそろ立ちましょう!」と促してくれたり、日々の運動量を測ってくれたりします。

心拍数を図れるモデルだと、自分の心拍の変化も可視化されるので、自分のからだの変化を数値で見ることができます。

これを腕につけていることで、リモートワーク中の運動量の減少に気づくことができました。

(そして、通勤中の運動量が結構多いということも気づくことができました……

噂によると、心拍数を図れるAppleWatchは風邪を感知して報告してくれるらしい。

風邪にかかる予定はないけれど、今の状況を心強く支えてくれるアイテムです。

第1位:バランスボール

色々な使い方ができて、リモートワークになってから本当に重宝しています。

ストレッチとか筋トレにも使えて一石二鳥。

私の場合、からだが疲れてきた時や行き詰まった時にバランスボールに座りながら作業してます。

これに座るようになってから腰や肩のだるさが結構解消されました。

ずっと座って作業していると背中や肩がだるくなってくるのですが、
そんな時バランスボールに座って何回か上下に跳ねると幾分かスッキリします!

ちょっと奇抜な動きが仕事中がすぐできるのはリモートワーク勤務ならではのいいところかもしれませんね。

番外編

リモートワークに入った直後くらいに、前田社長と面談した時に褒められたアイテム。

内臓のマイクが良く、zoom中相手にこちらの音声がクリアに聞こえるらしいです!

そしてノイズキャンセリングを使用することで相手の声もクリアに聞こえます。

通勤時もリモートワーク中でも活躍してくれるアイテム。

かなりこだわって購入したヘッドホンなので、もし紹介する機会があったら紹介します。

からだのことになると全然プログラマっぽいこと紹介できません!

外に出られない状況ですが、リモートだからこその利点もたくさん見つけられたので、頑張って乗り越えたいです。

それでは、またの機会に!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
宜しければ、記事へイイネをいただけますと大変励みになります。



また、ポケラボに関する情報は、弊社のマスコットキャラクターポケロボくんがTwitterで随時展開中!是非フォローしてあげてください。


5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings