1
/
5

作品愛、爆発!ポケラボ社員が描く「アサルトリリィ」ファンアートまとめ

先日ゲームリリース当日の様子をお伝えした「アサルトリリィ LastBullet」、通称 "ラスバレ"。
※前回記事はコチラ→遂に「リリィス」!「アサルトリリィLastBullet」リリース記念イベントをチラ見せ

本作では、ポケラボとしてファンの期待を超えるものづくりをするために、より上流であるアニメ製作委員会に参加し、ゲーム開発だけでなくIP/作品制作にも主体的に関わるという挑戦をしています。

この挑戦をするにあたり、IPやファンの方々への理解をより深めるため、様々な取り組みをしていますが、今回は有志のクリエイティブ部社員が制作したファンアートをまとめてご紹介!

ゲームリリース前から「アサルトリリィ」の盛り上げに寄与したいという想いで、2020年9月に行われた舞台「アサルトリリィ The Fateful Gift」の演者の皆様への応援イラストとして制作したものです。
Twitterでは演者さん達に取り上げていただき、反響をいただいたイラストの数々を制作者のコメントとあわせて是非ご覧ください!

(参考)ラスバレのキャラクター詳細はコチラ。アナタの推しを見つけよう!

▲K:ヘルヴォルのキャラクターデザインに関わったので(初鹿野さん以外)ヘルヴォル出演のお祝い絵を描きたいと思っていたところ、演者の方々が仲良さそうにお写真撮られている様子がすごく素敵だな~!と思ったので、そちらを元にイラスト化させていただきました。


▲K:ルドビコ女学院の過去作品を拝見しつつ、今回舞台に出演されていないシュベスターにも思いを馳せつつ描かせていただきました。


▲M:舞台での石川葵役:広沢麻衣さんの「ヒュージサーチャーが反応している!」というところの演技がとても可愛かったので、ぜひ皆さんに見てほしい!と思いイラストにしてみました。
琴陽ちゃんもお揃いの猫耳型でとってもかわいいですよね…!
細かい設定まで魅力たっぷりなアサルトリリィ、アプリはもちろん、アニメや舞台、ドールなど色々な媒体でぜひ楽しんでみてください!


▲A:葵さんと楓さんの関係性が見せられるようなイラストになればいいなぁと思って描いてました。

▲K.A:舞台では素敵な楪さんの剣さばきを見て、とても感動しました!かわいい……!
そして個人的に押しの初鹿野さんと同じ舞台に立たれていたので一緒に描かせていただきました。
今後どうなっていくのか。楪さんと初鹿野さんに接点ができるのか……!楽しみにしております!


▲M.T:アサルトリリィといえばやはり夢結様と梨璃!と思い舞台応援イラストとして真っ先に描いたイラストでした。


▲M.T:御台場女学校は魅力的なキャラクターがいっぱいで、舞台でもその良さをとても引き出していらっしゃってとても感動しました。


▲M.T:舞台での御前様の立ち回りはびっくりするくらい素晴らしく引き込まれてしまいました。もっと色んなところで見てみたい、という一心から描いてみました。


▲T:一葉の固くまじめなイメージを、恋花がほぐしてくれるいいコンビだなと思って描かせていただきました。


▲T:船田姉妹の2人で一緒に生きてきた背景から、ニコイチっぽい感じをイメージして書かせていただきました。あとは舞台のエンディングでのファンサービスが印象的だったのでファンを見ている感じが出るようなポーズにしてみました。


▲T.Y:舞台を拝見して、燈は肉食系なところが魅力的だなと感じたので、美味しいものも是非食べていただきたいという思いで制作しました。
ギャグテイストなイラストですが、舞台の息抜きとして楽しんでいただけていれば幸いです。


▲T.Y:舞台袖から舞台へと向かうイラストです。個人的に好きなキャストのお二人を描かせていただきました。
Twitter上でキャストの皆さんが、レギオンを超えた珍しい組み合わせのオフショットをよく撮っている印象だったので、一柳隊の中でもこういう珍しい組み合わせもあったかもしれないな、と思って描きました。


▲H:舞台は夢結と梨璃を中心にした物語となっているのですが、同時に、同学年として夢結を見守ってきた梅、いつでも梨璃を想って行動してくれる楓…という関係性もとても素敵に描かれていました。その関係性を意識して4人の並びで描いてみました。Twitterのリプライを見ましたら、ファンの方も並びの意図を感じ取ってくださったようで嬉しかったです!


▲H:神琳と雨嘉は舞台の作中でも関わりがあり、私も大好きな人気のコンビなので絶対一緒に描こうと思いました。
2人は一柳隊のなかで背が高めなので、背の小さい鶴紗を加えて身長差が可愛い並びになったらな…と思い描きました。鶴紗は「仲間」や「友達」という存在に慣れていないので仲良しなスキンシップに巻き込むと、照れて可愛い!という持論があります……。


▲H:舞台の中で、「純お姉さま」を連呼する燈が印象的で素敵でしたので、同じく純のことが大好きな姉の初と一緒に描きました。ぬいぐるみは私の勝手な創作で付けたしてしまいましたが、ファンの方が好意的に受け取ってくださって安心しました。


▲H:作品の中で「ちびっこ」と呼ばれている2人です。
一柳隊の「ちびっこ」達が個人的に好きなのでことさら楽しく描きました。

▲H:舞台千秋楽の日に感極まって描いた絵です。
舞台での2人の美しい関係性に感動しました!という気持ちを少しでもお伝えできたら……という想いで描きました。

キャラクター間の関係性や、実際に舞台を観て感じたキャラクターの特徴などを表現していて本当に素敵ですね!

折角なので、イラストを制作したうちのひとり、デザイナーのHさんに話を聞いてみました。

熱量を感じられる舞台の仕上がりに魅了され、すっかり「アサルトリリィ」の虜になってしまったので、応援イラストは、はりきってたくさん描いてしまいました。
また、私はデザイナーとはいえ、3Dエフェクトを中心とした業務を行っておりイラストレーションは専門外なので、こうしてイラストを見ていただき、自分のできる事・好きな事を知ってもらえる機会になったのは、とても有り難かったです。
私自身、大好きなコンテンツの更新を毎日の楽しみとして生きているので、ファンの方が大好きだと思ってくれる気持ちにこたえられるような、いつでも期待して待ってもらえるようなゲーム開発を行っていきたいなと改めて思いました。

絵からも言葉からもコンテンツを愛する熱い気持ちが伝わってきます。
まさに作品愛、爆発。

そんなクリエイティブ部が行っている取り組みについては、グリーグループオウンドメディアである6Dにて部長 三浦とシニアマネージャー 下澤が詳しくお話していますので是非ご一読ください。
「驚きが連鎖するクリエイティブ」ファンの期待を超えるため、ポケラボが続けるIP理解

株式会社ポケラボ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings