1
/
5

NTTドコモからベンチャーへ。発展途上だからこそ、自分たちの手で会社を大きくできる

2018年12月にジョインした薮大毅(やぶ・ひろき)さんは、NTTドコモ出身。大企業からスタートアップに転職した理由は「世の中を変えていくことにチャレンジしたい」と思ったからだそう。まだまだ未完成な営業チームをより良い組織にするべく、常に会社のことを自分ごととして考えているという薮さん。POLと薮さんご自身の未来をどのように見据えているかを伺いました!

世の中を変えるような会社をつくっていきたい

――薮さんは、前職が大企業のNTTドコモですよね。なぜスタートアップのPOLに転職したんですか?

転職理由は大きく2つあって。1つが、加茂、宮崎、松崎と一緒に働くならこのタイミングしかないと思ったからです。加茂は大学時代からの知り合いで、宮崎はドコモ内定時代に知り合って、松崎はPOLに入るか悩んでいた時に加茂から紹介されて知り合いました。

もう1つが、自分の仕事観である「仕事は世の中を変えるためのものである」にマッチしたこと。今でもドコモは大好きな企業ですが、大きな組織である分、一社員だった自分の力が及ばない部分もあり、そして何より「ドコモのために最適化された組織人」に成長する怖さを持っていました。もしドコモのような大企業を通じて世の中を変えるとしたら、敢えて外の経験を積んでからドコモを変えて世の中を変えるような人材になる必要があると思ったんです。

――世の中を変える……。POLならそれができると考えたのですか?

そうですね。どのように世の中へ貢献しているか見いだせなければ転職していませんでした。POLのサービスが世の中の成長に繋がっていると思ったし、それはつまり、世の中を変えていくことだと思ったので転職したんです。

実際に入社してみたら、そういう意識を全員が持っていたんですよね。他者のために何ができるか、世の中にどう価値を提供できるかというのを考えている人が非常に多い。1人ひとりの意識が高いから、迅速に判断して動ける。

入社前からスピード感があって、しかもいい人材が多いイメージでしたが、それは入社してからも変わりません。

自分たちに関わる人みんなに幸せになって欲しい

――POLに入社して、何か印象的な出来事ってありました?

毎週金曜日に開催している「BUMP FRIDAY」ですね。

ある時、中途入社の方が1人退社することになり、その報告が行われた際加茂が、「その人の本当の幸せを考えられる企業でありたいよね」って言ったんです。

その言葉がなんかグッときて。と同時に、この会社が急成長しているのは、ただサービスの成長を考えるのではなくて、自分たちに関わる人みんなの幸せを考えているからなんだろうなって腑に落ちました。

――営業として、どのように人の幸せを考えていますか?

僕は営業として単にサービスの契約を獲得するだけの営業担当になりたくないと思っています。その企業あるいは担当者が今何を課題に感じ、どういう想いで働いているのかをしっかりと向き合ったうえで、最適な関わり方を伴走できる営業を行っていきたいと思っています。

だからこそ、自分の提案が目の前にいる人・会社にとっての幸せに繋がるような提案をするよう意識しています。僕が1回訪問に行くごとに、その会社にとって何か得るものがあるとベストです。

ただの営業メンバーではなく、組織を作っていくような人になれる

――POLの営業チームの特徴って何ですか?

実はほぼ未経験者が多いんですよ。僕もそうなんですけど。そのせいもあって、まず自分たちで学んでいこう、組織を作っていこうという意識がすごく強いです。今まさにやっていることとしては、自分たちはどういう営業組織にしたいのかというのを、全員で時間を取って考えています。

また、目標に対しての意識もかなり強いです。目標達成するためにはどういうアクションを取ればいいかというのを、全員が常に考えています。

これはPOLの文化として、全員がリーダーという意識で行動していることが大きいと思います。全員が会社のことを自分ごととして捉えている組織ゆえなのでしょう。

――そうやって、みんなが会社のことを自分ごととして捉えて考えているのは何でですかね?

僕たちの組織自体がまだまだ未熟だからでしょうね。未熟だからこそ正解がない。ドコモみたいな大組織だと自分たちで考えて動かせる余地は少ないけど、POLはその反対で、自分たちが何か考えて動かないと、絶対に組織が良くならない環境なんですよ。

なので、何か課題があったら、その課題を見過ごしたらいけません。自分たちで気付いて、課題解決しないといけない。しかも、自分の想いばかりをぶつけるのではなく、周りの人の想いも聞いた上で行動しないといけない。

未熟というとマイナスな印象を受けるかもしれないですけど、僕のように組織作りに興味がある人間からするとかなり素敵な環境です。これこそスタートアップの醍醐味だと思いますし、ただ単に会社の歯車になるのではなく、自分が会社を作っていくような人間になりたいという人だったら、POLに向いていると思います。

POLの一員として世の中に価値を提供し、社会を前進させたい

―薮さんはこれからどんな人になっていきたいですか?

POLという会社を一人称で語れる人間になっていきたいですね。

僕たちの会社って、中長期的に見た時に今後どういう会社になっていきたいどういう世の中にしていきたいかを語れる人が、まだまだ少ないと思うんですね。なので、POLが何を目的にして、どういう風になっていきたいかというのをきちんと語れるようにしたいです。

営業は会社の顔です。僕を通してPOLを知っていただいた人に「POLってすごくいい会社だね」って思ってほしいですし、知り合いの知り合いにもPOLの良さが伝わるような発信をしていけるような人間になりたいです。

―POLについての展望は何かありますか?

まず営業チームのことで言うと、「POLの営業ってめちゃくちゃイケてるよね」って言ってもらえるようにしたいです。サービスの価値を提供できて、しかも営業の数字を上げている。営業組織として短期間で多くの取引を獲得できるようなチームにできたらいいですね。

あともう1つ。これは全社員共通だと思いますが、この会社をめちゃめちゃ成長させたい。その高い目標に全員でチャレンジして、全員で達成する喜びを味わいたいなと思っています。もちろん会社が大きくなったとしても、社員全員に「POLが好き」って言ってもらえるような会社でありたい。

そして、POLを世の中のロールモデルにしていきたいです。その一員として、世の中に価値を提供し続けることが僕の責務だと思っています。

僕自身は無力です。何かをひとりで成し遂げらえるようなタイプではないでしょう。けれど、自分の考えを伝えたり、出会った人たちを繋げるハブになることで、世の中を変える一助になれたらいいと考えています。

―薮さん、ありがとうございました!

共に会社を大きくする仲間を募集中!

POLはまだまだ成長過程。だからこそ、1人ひとりが会社のことを自分ごとに捉えて、自分が会社を大きするんだという気概で日々切磋琢磨しています。現在、複数の職種にて、共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは1度気軽にお話してみませんか?

法人営業
学生の就活環境を良いものに変えたい!力貸してくれる心の優しい人を募集!
◆研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTechスタートアップ”のPOL 「研究室×IT=LabTech」の領域で事業を展開するPOL。 世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。エムスリーが医療領域で事業群を構築したように、POLは研究領域で事業群を構築していくことを目指しています。 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、 企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービス ※TV CM放映実績あり https://www.youtube.com/watch?v=y43W0Lm5kQo 2021年6月時点で、登録学生数約4万人、利用企業数400社を突破し 2017年2月のサービス開始から4年足らずで「日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービス」になっています。 (2)LabBase Now (ラボベース ナウ) https://now.compass.labbase.jp/ オンラインイベントプラットフォーム 理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、すでに参加学生2,000名・現在利用企業は200社を超え、イベント経由の内定者も続出しており、『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長中です。 (3)LabBase plus (ラボベース プラス) https://plus.labbase.jp/ 技術者/研究者向けのダイレクトスカウトサービス 第二新卒・中途向けのキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。 すでにCxOクラスの内定者やエンジニアの入社者を創出する実績も出しています。 今後は新卒領域に加えて、提供価値の幅を広げて、理系人材のキャリアプラットフォームとしてサービスを展開していく予定です。 2019年にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施し、代表加茂がForbes「アジアを代表する30歳未満の30人(Forbes 30 Under 30 Asia)」へ選出されるなど急成長を遂げる一年になりました。より科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 【メディア/TV紹介記事】 ▼Wantedly: これからはエモい会社が勝つ https://www.wantedly.com/hiringeek/interview/rc_kw11/ ▼FASTGROW: コロナ渦でも新規事業で攻めの構え https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai ▼Forbes:「LabTech」で日本を変える東大発のスタートアップが10億調達した狙い https://forbesjapan.com/articles/detail/29733 ▼日本経済新聞:POL、理系学生の就活をデータベースで強力支援 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53512450Y9A211C1XY0000/ ▼会社noteはこちら 社員の入社エントリーや日々の学びなどを共有しています https://note.com/pollabbase
株式会社POL
株式会社POL's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more