1
/
5

オンライン面談でイメージを塗り替えます!

PRIME人事の高崎です。

PRIMEでは3月以降、採用面談・面接をオンラインに切り替えています。
対面に勝る体験になるよう、常に面談設計は改善し続ける必要がありますね。

実は面談・面接後、高確率で「話聞く前のイメージと全然違いました」と感想をいただきます。
いい意味で捉えてくださる方が多いのですが、なぜ齟齬が起こるのか。

「ライブ配信」のイメージと、PRIMEの事業内容にはギャップがある

・若い人がターゲット?
・ライブ配信アプリ(プラットフォーム)をつくってる会社?
・制作担当とかプロデューサーがいそう

   実のところ、上記すべて異なります。

ライブ配信のことはよく分からない、馴染みがない。そういった方が多いのではないでしょうか?
近しい事業内容の企業もほとんどないので、調べても詳しい情報が出てこないはずです。
自社プロダクトに至っては、どんなものをつくっているか見当もつかないかもしれません。
(私自身も入社を決める時にやや戸惑いました。)

更に言えば、社内のメンバーは落ち着いた語り口で人柄も穏やかです。
企業のイメージカラーはピンクですが、メンバーのイメージカラーは黒やグレーなのでは・・・

オンラインだったら話を聞いてもいい

実態が分からない企業の話を聞くためだけに、わざわざ来社してもらえるとは思っていません。
せっかくの貴重なお時間、オンラインでなら話してみたいという温度感で結構ですので、ぜひ一度機会をいただきたいです。

興味範囲に合わせてお話ししますので、ご希望申し付けください!

ライブ配信市場や事業概要が知りたい
自社プロダクトについて知りたい
ライブ配信は知らないが職務内容には興味がある
Mission・Vision・Valueには共感できる
今後の事業展開が気になる
スタートアップに挑戦したい、力をつけたい

またPRIMEでは、オンライン面談でも本音かつ直球で、深いところまでお話しするようにしています。
ご興味をお持ちいただけた方にはできるだけ早く、濃い情報をお伝えするためです。
バリューの1つであるスピード(E=mc²)に通ずるものかもしれません。
オンラインや初めての接点でも、懸念や気になる点は遠慮なく聞いていただきたいと考えています。

▶カルチャーマッチについて

そうは言っても、オンラインだけで入社先を決めるのは難しい

入社への納得感を持つためには「直接会わないと実感が湧かない」「何となく決め切れない」というのはもちろんのことですので、最後はぜひお会いしましょう!

価値観や考え方を重視する社風だからこそ、せっかくいただいた時間の充実度を最大化させるため、オープンに何でもお伝えします。
選考の進め方については、一緒に相談しながら決めていきたいと考えていますので、ご安心ください。

お話しできる日を心待ちにしています!

株式会社PRIME's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more