経営理念はいつどのようにつくるか?

こんにちは!PR TIMESの山口です。先週、上場後初めての通期決算を発表しました。業績予想を上回り、事業開始以来10期連続で売上高25%成長を達成できて、関係者の皆様には感謝しています。この決算発表会では業績に関わることに加え、当初史上初のミッションを披露いたしました。こちら決算説明資料のP.29をご覧ください。

行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ

インターネットが人の生活に入りこみ始めて四半世紀。
一人ひとりが情報を編集・発信できるようになった。
そして、テクノロジーによってかき集められた情報が
無造作に拡散されることも増え続けている。
本当に必要な情報や本当に触れたい感情や想いに出会う確率は、
残念ながら、総じて減ってきている。

揺るぎない真実は、何を言ったかではなく、何をしたか。
その行動は嘘をつかない。
ゆえに、行動者の情報価値が高まっていくことに、
インターネットやテクノロジーの力が発揮されることに意味がある。
頑張りに直結した情報が、最も確かで人の心を揺さぶる潮流を生みだす。
スポーツでも芸術でも、政治でも経済でも、そして、仕事でも家庭でも。
それが、大きいことでも、小さいことでも。

行動者発の情報の質と流通速度が上がっていくことで、
それが世の中の情報のメインストリームになれる。
そこから生まれる物語が、想いが、
一人ひとりの、そして、世の中の心を揺さぶっていく。
ポジティブなエネルギーが循環していく。
そのプラットフォームになることが私たちの使命です。

なぜ今、ミッションを策定するのか?

上場審査で必ず問われること、それは経営理念です。経営理念の内容だけでなく、その経営理念を採用した経緯・理由・時期、社員への浸透方法や浸透状況も聞かれます。

私たちは上場審査当時、まだ経営理念を掲げていませんでした。経営理念が企業にとって大切なことは、経営者なら誰もが認識しています。経営判断から日々の日常業務まで、迷ったときに原点回帰できる「経営理念」があると、目標の設定にも戦略の立案にも戦術の実行も良い影響を及ぼします。ただ経営理念が重要な役割を担うからこそ、経営理念が形骸化したときの逆に大きな負担にもなります。

また現実離れした経営理念では今一つピンとこないし、近すぎても未来が制限されてしまいます。そこで上場審査時には、株式上場の翌期には経営理念を掲げると約束し、今回のミッションの発表となりました。

経営理念はミッションだけでは不完全です。社会×Wilのミッションに加えて、組織×Can/Willのビジョンそして組織×Mustのバリューを策定中。現在5名のプロジェクトチーム中心に、想いを紡いで言葉する作業を試行錯誤しています。

2017年度第1四半期の決算発表にはお披露目できると思います。ぜひお楽しみに!また、理念オタクとしても有名なカヤック代表の柳澤さんに、当社の経営理念が目に留まり、解説される日が訪れると嬉しいですね。

もちろん、経営理念を策定するなんて貴重な経験をしたい方も絶賛大募集中です!

オープンポジション
PR TIMESで社長とフラットに仕事する方をWANTED!
当社は企業とメディアそして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMES」を中心に、PR・コミュニケーション領域で様々な事業を展開しています。 ◆PR TIMES(プレスリリース配信サービス) https://prtimes.jp/ 企業や団体など「世の中に広めたい情報を持つ人」がサービスを利用し、メディアや生活者に対して情報を届けることが出来ます。 企業には、ユニークな新商品の発売、画期的な研究成果の発表さらには電撃的な業務提携など、多くの人に知って欲しい出来事があります。しかし、近年メディアが受け取るプレスリリースの数が増加しているという傾向もあり、多くの中から記者に選ばれなければ生活者に届けることが出来ません。 (もちろん自社HPやSNSでの発表で話題になるケースもありますが、注目度の高い企業はひと握りになっています) PR TIMESは、企業とメディアのマッチングにとどまらずに、企業の一次情報であるプレスリリースを生活者に"ニュース"として二次情報のように楽しんで読まれるようなサイト、サービスを実現しています。 常に最新の情報が集い、企業自身が発信者となっていることから情報への信頼度も高く、メディアや生活者にとってのネタ探しの場として機能しています。 その他事業として以下を展開しています。 ◆PRの戦略立案・PRプランニング企画実施 事例: http://prtimes.co.jp/works/works_cate/pr-planning/ ◆Tayori(カスタマーサポートツール) https://tayori.com/ ◆Jooto(タスク・プロジェクト管理ツール) https://www.jooto.com/ ◆WEBクリッピングサービス(広報効果測定サービス) ※子会社運営 https://webclipping.jp/ ◆ ITスタートアップニュースメディア「THE BRIDGE」 運営 http://thebridge.jp/ ◆若手ビジネスパーソン向けメディア「U-NOTE」運営 http://u-note.me/ ◆WEBメディア運営 ※子会社運営 https://isuta.jp/ https://irorio.jp/ など
株式会社PR TIMES

ちなみに、あの会社の経営理念はいつどのように?

ベンチャーの経営理念でパッと思い浮かぶのがサイバーエージェントさんの「21世紀を代表する会社を創る」ですね。実はこのビジョン、2001年当時はちょっと違うものでした。

2000年の決算説明資料にはビジョンが見当たらないので、このこの頃にビジョンを策定したと思われます。また当時のサイバーエージェントさんのミッションも公開していたようです。

株式会社PR TIMES's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings