1
/
5

【先輩社員インタビュー】プロジェクトマネージャーとして日々邁進!目標があるから日々頑張れる。

こんにちは。人事部木下です!
今回は帰社日で帰って来てた山口さんにインタビューしました。

★学生時代は何をしていましたか?

大学ではラテンアメリカ研究会に所属していました。音楽が好きということもあって研究内容としては中南米の音楽について調べて、ギターを弾くということを行っていました。ギターは研究をきっかけにはじめて触れましたが、4年間の大学生活でギターを弾けるようになりました。大学外部の活動もしていて男声合唱団に幼い頃から入団していたのでその練習にも参加していました。

★社会人になって学生の頃と変わったことはありますか?

給料の使い道であったり、スケジュールの管理をよく考えるようになりました。給料面で言えば、先を見据えて保険に入りました(笑)スケジュール面では現在も男声合唱団に入団しているので、それに参加するためには仕事をいつまでに終わらせたら練習に参加できるかなどを計画的に立てて、仕事とプライベートの両立をうまく行っています。学生の頃だと与えられたスケジュール(時間割等)があったけれど、社会人になったら自分で何かと考えなくていけないことが増えました。

★現在のプロジェクトはどういったことをしていますか?

国際ローミングといって、ネットワークを海外に行った時に使えるようにしたり、その反対に海外から来た人がネットワークを使う環境というのを古くなってしまった機器を新しいものに構築しようということをしています。ネットワークでも中心部の機器なので様々な機器が関わってきたりするので数億の規模にあたる案件に携わっています。請求書の作成などをメインに業務を行っています。

★今後どのようなエンジニアになりたいですか?

現在行っている仕事のネットワークの設計は自分で考えたわけではなく、プロジェクトマネージャーが作成しているのですが、今よりも仕事ができるようになってきたら、こういうネットワークがあればこんなことができますよと設計したネットワークをお客様に提案したり、お客様の相談に対応できるよう技術力を身に付けて、プロジェクトマネージャーになりたいと思います。

いかがでしたか?

エンジニアの山口さんのインタビューをお送りさせて頂きました。
PsiDではエンジニアになりたい人を一人でも多く社会に羽ばたいていけるようにIT技術教育事業部一丸となって学習環境できる構築してまいります。ご興味をお持ちいただけましたらぜひエントリーください! 

株式会社Polestar-ID's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more