【組織での問題解決方法】ステークホルダーを正しく認識し管理する

発表者:中山
聴衆:宮嶋、河野、三枝、森泉、國本、島田、高尾、ウェイ、鈴木
写真:武

以下、中山

ステークホルダーという言葉を知っていますか?
ビジネス用語なのですが、直訳をすると利害関係者という意味になります。
詳しく説明をすると、組織が行う活動により、
直接的または間接的な影響を受ける全ての利害関係者を指す、ビジネス用語です。

利害関係者というと限られますが、実際にステークホルダーで表して分かりやすいのは、顧客です。
または株主、社員や社員の家族が挙げられます。幅が広いということが分かると思います。
企業や団体に関係する人全てがステークホルダーという括りになります。

上記を前提にします。
ステークホルダーを上手に管理し、円滑なビジネスを目指すコツとして
「平時のステークホルダーと有事のステークホルダーは異なる」という話題について
かみ砕いていきます。

例として、組織内部で完結する小規模プロジェクトの場合を挙げます。
今回、このプロジェクトで使用したいのは、連絡フローとしてのステークホルダーです。
プロジェクトなので、プロジェクトのリーダー、サブリーダー、
そしてメンバーのうちの一人が自分という構成のプロジェクトです。

普段連絡を取り合い、常に連携し協力関係にあるのはプロジェクトのメンバーだと思います。
この場合平時のステークホルダーというのはプロジェクトのメンバーになります。
常にプロジェクトのメンバーと連携を取り合い、コミュニケーションを円滑に行うことで、
プロジェクト成功に導くというのが、平時の場合です。
有事は大きなトラブルが起こった場合、普段とは違う状況に陥った時だと思います。
ではこの場合どこがステークホルダーになるでしょうか?
おそらく有事のステークホルダーはリーダーになると思います。
何かトラブルがあった時に、連絡を取ってトラブルの解決や全体の見直し、
立て直しを行う時に連絡をするのはプロジェクトのリーダーだと思います。
よって有事のステークホルダーは、プロジェクトのリーダーになります。
このように、自分がどのような人と協力、連携をしているかを適切に把握し
正しい管理をし、関係を構築することにより、有事の際の損害を抑えることが出来ます。
例えばステークホルダーを正しく理解せず誤認してしまった場合、
トラブルが起きた時に平時のステークホルダーと同じメンバーにだけ協力を求めてしまった場合、
どうなるでしょうか?
平時のステークホルダーが誤認し、トラブルがより大きくなってしまう、
被害が拡大し損害が大きくなってしまうという状況に陥ります。
これは、他の企業と顧客の関係でも言えます。

例えば大きな企業が製品を開発し、世に出すとします。
この時の平時のステークホルダーは顧客、社員になると思います。
製品にトラブルがあった場合、社内だけで共有するとどうなるでしょうか?
事故が実際に起こり、損害賠償を請求されたり、裁判をすることにつながってしまう場合もあります。
その時に平時のステークホルダーにしたがい、社員の中だけで共有をすると被害が大きくなります。
しかし、有事のステークホルダーは、製品を購入した人、広告をしたすべてのメディアが含まれます。
このように使い分けをすることで、被害の拡大を抑えることが出来ます。

まとめです。
ステークホルダーというのは、利害関係のある全ての人を指します。
ステークホルダーを正しく認識し管理することで、有事の際も正しく対処することが出来ます。
しかるべき人にしっかりと情報共有が出来るよう、
常にステークホルダーを意識して生活していきましょう。

以上でプレゼンを終わりにします、ありがとうございました。

一同:拍手
(10分30秒)

中山:何か質問はありますか?

島田:ステークホルダーになりえない人はいると思いますか?

中山:いないと言えばいない、いると言えばいるという考えです。

高尾:報告を間違い、結果として大きな問題になってしまったときの解決方法は
どうすれば良いと思いますか?

中山:正しく周りの状況を認識し、自分が持っている情報を必要としているのが誰なのか、
報告すべき場所はどこなのかを正しく認識することが重要だと思います。

國本:連絡フロー以外で当てはまることはありますか?

中山:ステークホルダーに優先順位をつけることで、管理をして連絡だけでなく協力関係、
信頼関係を上から順番につけるのも重要になると思います。

鈴木:有事のステークホルダーの人は、日頃からどんなことを考え方をしているのか
どういうトレーニングをしていると思いますか?

中山:常日頃から色々な可能性を考えることで、
トラブルが発生した場合の解決案のストックが出来ると思います。

以上でプレゼンを終わります。ありがとうございました。

一同:拍手
(21分03秒)

株式会社Polestar-ID's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more