1
/
5

What we do

●何をやっているのか 私たちは福岡・北九州に拠点を持つITのスタートアップです。「UPDATE THE INDUSTRY」というミッションを掲げ、地方産業・レガシー産業に対してIT技術を生かしたサービスを提供し、産業全体を技術の力で革新していくことを目指しています。主にSynQというブランドの自社サービスの開発/運営を行い、個別の企業に対するコンサルティングも行っています。 ※レガシー産業=鉄鋼・食品・繊維など古くからある産業のこと。 北九州は明治期から、鉄鋼をはじめとする重厚長大産業のまちとして栄えてきました。 ところが世界中でIT化が進む中、産業全体としてはITの技術革命の波に乗れず、かつての勢いを失っています。こういった状況は北九州のみならず、日本、世界中の地方産業・レガシー産業の共通課題であり、私たちは下記のプロジェクトを通じてそれら課題の解決と事業の革新を行っています。 ◎SynQ Remoteの開発 初の自社サービスとして、遠隔コミュニケーションツールSynQ Remoteの開発と運営を行っています。建設業や設備管理業等において本部と遠隔地の現場との間で指示や情報共有を可能にするサービスです。 ◎SynQ Mentainanceの開発 設備管理業において、現状、紙によるアナログな管理や統一されていない形式での管理が多く行われています。管理している情報を管理元や点検業者間で共有する際も非効率なコミュニケーション方法で行われています。SynQ Mentainanceはあらゆる設備の情報を一元集約し、関係者間で効率的に情報共有できるサービスです。 ◎次期自社サービスの種の研究開発 上記2つの自社サービスに次ぐ新たなサービスを提供する為に、不正金融取引検知システムと工作機器自動制御システムの開発を行っています。どちらのシステムも機械学習の技術を使ったチャレンジングな試みです。

Why we do

CEOの下岡とCTOの中野は、北九州で育った小学校の同級生。別々の大学院を修了後、下岡はP&Gや博報堂コンサルティングで経験を積み、中野はエンジニアとして海外での通信事業の立ち上げなどを経験。2017年4月、共同経営という形で株式会社クアンドを立ち上げました。起業までの経緯はメディアでも取り上げてもらっています。 AERAdot記事:https://dot.asahi.com/aera/2018112600021.html Fukuoka StartUp News記事:https://fukuoka.startupnews.jp/post/quando/ 北九州を起業の地に選んだ理由は、2人の地元である北九州が「UPDATE THE INDUSTRY」というミッションを実現する「起点」となる地と感じたからです。北九州はモノづくりで大きく栄えたものの、残念ながら現状としては衰退しつつあり、人口も減っています。しかしそんな中でも依然として重厚長大産業を中心とした強固な産業基盤があり、それらの産業はIT技術により大きな変革を起こせる大きな可能性を秘めています。北九州のみならず、日本、ひいては世界中の地方産業・レガシー産業が似たような状況であり、私たちが培ってきた事業変革やIT技術の知見によりそれら産業をアップデートしていくことを目指しています。 また、福岡が若いIT企業を手厚くサポートする「エンジニアフレンドリーシティ」を打ち出しているのも、ここで起業した理由の1つ。いま、福岡はエンジニアにとってアツい場所です。エンジニアカフェやエンジニアアワードが設けられ、次々とスタートアップが生まれているので、周りのエンジニアやスタートアップと切磋琢磨しながら自分たちも大きく成長できる環境があります。エキサイティングな事業に関わりたい!というエンジニアにはとても刺激的な場所です。 下記のNoteにも私たちの「なぜ」が詰まっているので見ていただけると嬉しいです。 https://note.com/shimonujp/n/nee84fbc6a51a?fbclid=IwAR0E58CNbak3Sy9dCBj3MXEILnFADVZZifqQksdH9wSpSmkrzWBZ5xP8HBk

How we do

業務においては、ソフトもハードも取り扱いますし、サーバサイドからインフラまで1人が担当するので、幅広い技術に触れられる楽しさがあります。 エンジニアの仕事は画面の中だけで終始するイメージがありますが、私たちの仕事は、リアルなモノとITを結びつけること。エンジニアが顧客の現場に足を運んで機械に触れることも頻繁にあり、リアルな現場の状況を感じながら仕事に向き合える面白さがあります。 また、オフィス周辺にはおいしい飲食店やディープなショップが集まり、おいしいもの大好きなメンバーたちが日々、隠れたグルメ探しを楽しんでいます。