1
/
5

What we do

クラウド型モニター、約30のコンテンツなど自社で開発し現場へ提供しています。
知財を保有するタッチパネルで直感的な操作性と様々な情報取得性能を両立しています。
クェスタ株式会社はベンダーとして、インダストリー4.0(第4次産業革命)をIoTの進展(考える工場)を軸に支えます。 事業内容: 建設業許可を持つスタートアップ企業であり、IОT技術を利用したシステム・サービスの開発で社会課題の解決に挑戦しています。大規模建設作業現場向けデジタルサイネージのベンダー集団です。 会社の特長: 安全性追求市場におけるデジタルサイネージのNО1企業として挑む少数精鋭のベンチャー企業★5年後のIPОを目指し各業界×IT化をグローバルに展開。 詳細: クェスタ株式会社は、4G対応工事用デジタルサイネージなどIoTに特化した事業を展開しています。 ■デジタルサイネージ領域(https://questar.ac/service/) デジタルサイネージは、工事現場における安全対策・近隣対策を画期的に変える仕組みで、大手ゼネコンをはじめとして日本全国の工事業者から高い関心を集めています。 IoTに特化した弊社デジタルサイネージは、AIを駆使したコンテンツにより差別化を図っており 建設業界をはじめ、医療介護や工場など新たな市場への展開を検討しています。 ◇前年比250%超の成長率!急成長を遂げるプロダクトの優位性 ・ユーザーの意見をもとにプロダクトを改善 当社はお客様にヒアリングを行い、常に最新の現場の声を開発に活かしています。また表には出てこないシーズにも目を向けた開発を行っています。充実の機能を取り揃え、現場目線を大切にプロダクトを開発してきました。そのため、今年度は前年比250%超の成長をしており、建築業界以外へも広がりを見せています。 ・業務時間の削減・業務効率化に大きく貢献 日本の工事現場では、工事のスケジュールや図面、作業上の留意事項などの詳細情報は、すべて紙で管理されています。そのため、従事者全体への必要事項や情報更新のタイムリーかつスマートな周知が難しい現状にあります。 弊社のデジタルサイネージはこれらの情報を一元で管理・閲覧することができるため、業務時間の削減・業務効率化に大きく貢献することができます。 【参考】 埼玉りそな銀行が邦銀として直接出資したベンチャー企業として4期目に入り3年連続増収増益を達成しております。 当社の特許が有効とされる潜在市場『IOT安全対策用モニター事業』 1)大規模建設・土木市場 年間10~15万件×50万(平均単価)=750億円の市場存在 2)戸建市場 年間63万件×30万(平均単価)=1890億円の市場存在 3)工場・物流倉庫・港湾作業所市場 年間45万ヵ所×30万(平均単価)=1350億円の市場存在 4)介護・医療現場市場 年間1.2万ヵ所×30万(平均単価)=36億円の市場存在 合計 4026億円規模 先人の築いた歴史と文化を受け継ぎ、ともに生きともに集う、ともに考えともに創る、世界に負けないトップランナーな新時代の日本を。

Why we do

顧客目線でのたゆまぬ改良と新たな開発
新しいアイデアを自由に出し合うフラットな組織
■クェスタが目指す次の社会 〜建設現場にペーパーレス文化を広める〜 日本の建設現場では、図面、工事のスケジュールや作業上の留意事項などの詳細情報は、すべて紙で管理されています。そのため、従事者全体への必要事項や情報更新のタイムリーかつスマートな周知が難しい現状にあります。 クェスタが開発するデジタルサイネージは、建設現場で日常的に紙に描かれる情報をペーパーレスにしようというものです。 現場の方が本来行うべき価値ある仕事に集中できるような世界を作り、現場の士気向上、安全衛生向上、省力化、生産性向上に寄与する様々なコンテンツを使って、「現場」をイキイキさせるお手伝いをいたします。 ■クエスタのデジタルサイネージの機能紹介 ①工事現場の振動・騒音の値を見える化。近隣住民への説明責任を果たします。 工事現場側と近隣住民様の間でトラブルになりやすい問題の1つに、騒音・振動問題があります。 環境省で定められている騒音は85db振動は75dbとされていますが、それが体感ではどのくらいなのか、実際の工事作業中の数値はどれくらいなのか、はっきりわかりません。 弊社のデジタルサイネージでは騒音振動計とデジタルサイネージを連動させて、騒音・振動の値を表示することができます。 また、アラート機能も搭載しており、設定した閾値を超えると管理者に即時通知が送られます。これにより基準を超えた騒音、振動のまま作業を続けてしまう、ということがなくなり周辺環境への影響も緩和されます。 ②気象計を使った工事現場の安全管理が可能です。 工事現場にとって風速をこまめに確認することは、現場の安全確保する上でとても重要です。しかし現状では人がアナログな方法で確認しており正確な数値が確認できません。 弊社のデジタルサイネージを使えば、簡易気象計と連携して風速に加え風向、温度、湿度、暑さ指数、雨量も表示することができます。これにより正確な情報をリアルタイムの情報を得ることが可能です。

How we do

埼玉県産業技術総合センターSAITEC
綺麗なオフィスで働いています。
■社内の雰囲気 現在のメンバーは15名。 ユニークで若い発想力を持つ社長のもと、IT企業やメーカー出身者など少数精鋭のメンバーが集まっています。 職場は上下関係がなく、フランクな雰囲気です。  誕生日会や外部委託者との交流会など、タイムリーでフランクなイベントを積極的に開催しています。 ■オフィスは埼玉県産業技術総合センターSAITEC SAITECは、埼玉県が運営する公設試験研究機関です。 県内産業の技術力強化のため、技術支援・研究開発支援・事業化支援等、様々な支援を受けることができます。 弊社も事業運営に関する助言を受けたり、会議室等をよく利用させてもらったりしています。 https://www.pref.saitama.lg.jp/saitec/