1
/
5

What we do

オンライン英会話「レアジョブ英会話」を提供しています
ユーザー数80万人、法人導入数2900社、学校導入校数280校に上ります
レアジョブは、教育の領域での上場ベンチャーとして、 ビジョン「Chances for everyone, everywhere.」に基づき、世界中のより多くの人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会となるよう、まずは「日本人 1000 万人を、英語が話せるようにする」ことを目指しています。 レアジョブ英会話は、ユーザー数 80 万人のオンライン英会話に発展し、法人導入数2,900社、学校導入校数280校 を突破し、成長し続けています。今後はAIによる音声認識や自然言語処理といったテクノロジーの力を活用し、誰もが英語を話せるようになるサービスの開発を加速させていきます。 グローバルに活躍するための人材のニーズも加速的に拡大しており、今後は英語関連事業の展開のみならず、グローバルリーダー育成及びキャリア関連への事業拡大や、事業の海外展開も進めることで、より早期にビジョンを実現します。 ▼AIを活用した採点自動化で語学試験を変革 英語スピーキング力測定システム「PROGOS」を開発 https://www.rarejob.co.jp/news/service/2020/0617/8865/ ▼短期集中で、ビジネス英語スピーキング力の向上を確実に保証するプログラム 「スマートメソッド®コース」法人・個人向けにサービス開始 https://www.rarejob.co.jp/news/service/2020/1014/9863/ ▼Skype®不要のオンライン英会話へ、WebRTCを用いたレッスンルームを提供開始し、英語学習を効率的に、そして効果的な学習に https://www.rarejob.co.jp/news/service/2018/1129/5900/ ▼事業子会社「エンビジョン」を設立し、文教市場への事業展開を加速 ▼オンライン英会話を「英語教育のインフラ」するべく三井物産と資本・業務提携 https://www.rarejob.co.jp/news/corporate/2015/0722/1764/ ▼シンガポールGeos社を完全子会社化し、アジアでの事業展開を見据えたグローバル水準のR&D拠点開設 https://www.rarejob.co.jp/news/corporate/2019/0319/6227/ ▼JR東日本が訪日外国人への応対力強化に向け、レアジョブ英会話を導入 https://www.rarejob.co.jp/news/service/2019/1010/6977/ など、多くのチャレンジを進めています。 オンラインにおける学びの場は、世界的に急拡大しています。 共通する課題は、「学習をどう継続するか」。 『 Education 』×『 Technology 』×『 Global 』の 3 つを掛け合わせ、 過去の教育業界では成し得なかった「教育の新しい答え」を見つけようとしています。

Why we do

全国の小学校・中学校・高校・大学での導入も加速
累計4,000万回以上のレッスンを提供した実績有り
企業の海外展開や外国人労働者の受け入れ、訪日外国人増加など、英会話のニーズは急速に拡大しています。また学校教育の場においても、英語学習早期化や大学入試の4技能化など、これまで変化の少なかった日本の英語教育は、大きく変わろうとしています。 ビジョンの実現に向けてはもちろんのこと、レアジョブで働く社員の多くは、自らも言語の壁に悩んだ経験がある英語学習者の集まりでもあります。自らのスキルを生かして、同じ悩みを持つ人を一人でも減らしたい、という想いが私たちの強いモチベーションの源泉となっています。

How we do

国を超えた多国籍チームで事業を加速
自社サービスの利用でユーザ感覚を忘れない
教育×テクノロジーの領域はまだまだ発展中です。 英会話を学びたい個人だけではなく、グローバルに展開したい企業法人や小学校高学年から英語が教科になることによる学校法人、そのほかキッズ向け、海外への展開など様々なユーザーのニーズに対して、レアジョブ英会話に蓄積された知見とデータをテクノロジーを介して提供し続けています。 ・リクルート、Yahoo、DMM、カカクコムなど大手インターネット企業出身のメンバー ・ベネッセやベルリッツなど大手教育事業出身のメンバー ・BCGやGoogleなど海外ビジネスをリードしてきたメンバー 各領域で活躍したプロフェッショナルと事業を作り上げていきます。 レアジョブのメンバーは、誰もが発案者として提案ができる環境であり、その提案の実現をリードすることができます。やりたいことがあって、それが会社のやりたいこととアラインしているのであればよい。という文化があります。 レアジョブで称賛される行動は、RareJob Wayを体現しているメンバーです。 RareJob Way  やりたいことをやろう  ストーリーを語ろう  変化を生み出そう