1
/
5

【新卒社員インタビュー】自分に自信が持てない自分を変えるためにリアライブを選んだ理由とは

こんにちは!リアライブの市嶋です。
今回はリアライブで働く人のリアルをお届けするコーナーです。

もともと教員を目指していましたが、どういう経緯でリアライブに入社を決めたのか…。
今年度入社をした1年目の小栗さんの想いをお届けします。

まずは自己紹介をお願いします!

小栗 康史(おぐり やすふみ)です。
愛知県出身で、大学入学のタイミング横浜に来ました。
3兄弟の末っ子として産まれ、ある程度やりたいことをやらせてもらえる環境で育ってきました。

性格は一言でいうと、、、ビビりです(笑)
いい感じに表現すると慎重派、心配性といったところでしょうか。
何をするにしても先のことを考えすぎてしまうことで足踏みが止まってしまったり、失敗を恐れたりしてしまう気持ちが強かったりするので自信がないように見られるかもしれません。


リアライブのことを知った、興味を持ったきっかけって何ですか?

就活媒体を使ってリアライブのことを知りました。
もともと、大学では教育学部に所属していたので教育、人材事業に関心はありました。
リアライブは人材業界ではありますが、教育要素が強い会社だなと思い説明会でお話を聞いたところ、「入社3年後のミスマッチをなくす」という理念に共感して選考を受けようと思いました。


リアライブへの入社の決め手は何でしたか?

理念環境です。
環境というのは当時の自分を変えられる、成長ができると一番思えたからです。
先述したように自信がない自分を変えたいと思っていました。

選考を進んでいく過程で当時、新卒3年目で働いていた近岡さん面談をしました。

今でも面談の内容を思い出すのですが、
私が近岡さんに「自分を変えていきたいんですよね...」と伝えたところ、こういう返答が来ました。

「変わりたいな、勝ちたいな」ではなくて「変わりたい!勝ちたい!」
もっというと「変わる!勝つ!」だよ、と。
そう断言したうえで、その後にどんな行動をするかが大事だよと。
例えば、本気でリアライブに入社したいと考えているなら、面談が終わった後すぐにでも「次の面接を受けさせてください!」とか、、、これくらい行動で示さないとね。


面談が終わって、近岡さんにお礼のLINEを送ろうと思ったら、長文のLINEが先に送られてきました。

小栗君

先ほど人事担当から明日、当社の杉内と面談すると聞きましたので、
激励の為ご連絡をしました。
当社を受けくれることが 非常に嬉しいですし、
小栗さんはしっかりと受け取ってくれる方だと思っていますので、私もしっかりと本心で記載しますね。

私の立場で伝えるのは恐縮ですが、
現在の小栗さんの実力では五分五分というのが本音です。
私の中で、小栗さんと面談していて足りないなー。
と思ったのが、「熱量」です。
熱量と聞くと抽象的かもしれません。
勝負事において、実力の高い人間が勝つのは当たり前かもしれませんが、
それでも、奇跡を起こせる人間は、勝ちたい!という熱量が強い人間です。
熱量は人の限界を超えるただ一つの人間の武器であり、
私達は不可能を目指すベンチャー企業だからこそ足りないと感じました。

小栗さんは、今もしかしたら、
「リアライブに受かればいいな。」という熱量じゃないでしょうか?
その程度の熱量では絶対に、当社の門は開きません。
「リアライブから絶対に入りたい!」
「人生で一番の挑戦をしたい!」
その気持ちを大事にして欲しいなと心から思います。

小栗さんは難しい質問を 懸命に考え、答えを出している時、「絶対に自分で答えを出す!」という気迫を強く出しています。
でも、就職活動の話をしているときは、なんだか普通の学生に戻ってしまいます。


これは勿体ない。


若さは、現実論で突き進むことではないです。
若さは、不可能に対し、可能だと信じて疑わない強さのある事です。
覚悟を持ち、自分は成し遂げるんだと熱意を持ち、絶対に勝ち取ってやるんだ!という、
気持ちをぶつけてください。


ぶっちゃけ、今の小栗さんは普通です。


でも、未来の小栗さんには強く明るい将来が開けると感じます。
明日は、私の上司の杉内が担当しますので、
自分が持てる限りの力を出してみてください。

近岡


「この人のいる環境でなら、自分のなりたい像になれる!」と確信しました。

いまはどんな仕事をしていますか?

採用コンサルティング事業部で新規開拓の営業をしています。
主にテレアポ・商談が中心ですが、営業以外にはリアライブ主催の採用マッチングイベントの運営スタッフとしても当日の運営に携わっています。

まだ入社して半年程度しか経っていませんが、商談の場では1年目ながらも会社説明やヒアリングをするなど上司の同席のもとで話す機会を設けてくださります。

もちろん頭ではイメージできていても実践すると難しさはありますが、たくさんの経験を積ませてもらえるところにやりがいを感じます!

小栗さんが所属しているチームを一言で表すと?

【個の意識とチームを両立した集団】だと感じます。
個人としてそれぞれの業務や成長に向き合っているだけでなく、チームとしてお互いの成長・より良い方向に進めるためには何ができるか?を追求しているチームです。

小栗さんが大切にしている仕事やビジネス上でのこだわりってありますか?

自分がその会社の採用担当になったつもりで企業の採用課題に向き合っていくことです。
もちろんリアライブ社員として第三者視点は持ちつつも、どうすれば採用成功にコミットできるのかを考えたうえで、リアライブの価値・自分の価値を提供していきます。

リアライブの事業・サービスで好きなところはありますか?

学生がイベント・セミナーを通じて自分の人生・キャリアと真剣に向き合っているのを感じられるところです。
自己理解を深めるためには自分から見る自分視点だけでなく他者から見る自分視点は欠かせません。
リアライブが提供している採用マッチングイベントの "ジョブトラ" ではビジネスゲーム中での行動をベースに、強みや弱みが何かを参加企業の人事から客観的に評価されるので、非常にいい場だと感じています。

「リアライブらしいな」と感じる瞬間ってどんなときですか?

若手が活躍している、若手主体な組織であるところです。
周りの先輩の姿を見ていても、いい意味でで2年目・3年目とは思えない部分が数えきれないほどあるので、そこはリアライブが大事にしている環境かなと思います。

リアライブの採用支援サービスを利用する企業に向けて届けたい想いを教えてください!

学生一人ひとりに向き合ってほしいです。
入社前後のギャップをできるだけ少なく、ミスマッチを感じずに前を向いて働けるように採用活動や入社後の教育・定着に取り組んでほしいです。

リアライブの採用支援サービスを利用する学生に向けて届けたい想いを教えてください!

自分が選んだ道を正解だと言えるようになってほしいです。
就活中も入社してからも「この決断をして本当に良かったのかな...」と不安な気持ちになってしまうこともあるかと思います。しかし、社会には「絶対正解はない」ので、自分が決断した選択を正解にする努力と選んだ道で前向きに生きていけるように、ひたむきに努力し続けてほしいです。


リアライブでの仕事を通じて、やりたいことや成し遂げたいことなどありますか?

正直なところ明確には決まっていないのですが、自分からこそ提供できる価値で勝負していきたいです。
先輩方の商談に同席すると「〇〇さんがそこまで言うなら...」とか「ぜひ〇〇さんにお願いしたいです!」と圧倒的に企業から信頼されているんだなと感じる場面に遭遇します。

自分が介在したことによって企業と学生のいい出会いとご縁を作れたと心から思えるように、これからも目の前の仕事に向き合っていきたいです。

株式会社リアライブ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings