1
/
5

<シリーズ:入社の理由>自分の個性や強みを活かし、「事業目線習得」と「技術向上」の両方を叶えてくれると思った

今回ご紹介するのは2019年4月にリクルートマネジメントソリューションズへ入社後、新機能の開発のフロントエンドを中心に活躍する李さんです。李さんは世界的に認知度の高い、React Native Communityのプロジェクトメンバーという大変優秀なエンジニア。李さんにとってみればリクルートマネジメントソリューションズ HRテクノロジー事業開発部は事業規模もチームとしてもとても小さいはずです。彼にとって何が入社の後押しとなったのか、詳しく語ってもらいました!
(インタビュアー:HRテクノロジー事業開発部 荒井理江)

<profile>
李 立 (リー リー)HRテクノロジー事業開発部プラットフォーム開発グループ
2015年来日、リクルートグループに新卒入社。リクルート住まいカンパーニのスーモのウェブサイトの開発とリクルートライフスタイルのAirレジの開発参画。2019年4月リクルートマネジメントソリューションズ入社後は新機能の開発、フロントエンドを中心に活躍。尚、OOSに熱中して React Native Community のメンバーとして活躍している。@nicholaslee119

技術の向上だけでなく、自分のやりたいことを元に事業目線や人の動かし方も教えてくれる。

李さんにはエンジニアとして、内部のツール開発、主にフロントエンドをお願いしています。今後はバックエンドまで手を広げる予定だという李さんに、入社の決め手やリクルートマネジメントソリューションズの強みについて伺ってみたいと思います。
そもそも、なぜリクルートマネジメントソリューションズに入社しようと思ったんですか?色んな会社の募集もあるなか、ちょっと珍しい会社ですよね。

面接をした際に「色んな事ができそうな会社だな」と思ったのがきっかけでした。私は決められたことをやるだけというのはあまり好きじゃなくて。大きな会社だと、決まったことをやっているイメージだったのですが、リクルートマネジメントソリューションズはそうじゃなかったのが魅力でしたね。

自分で考えるのが好きということですか?

そうですね。それにエンジニアがちゃんと企業の中で認められているとも感じました。技術を磨くだけじゃなく、事業の目線とか、人を動かすこととかも学べそうだと感じられたんです。自分がやりたいことに向かって周りを動かしていけるということは、ここでしかできないことだと思いました。

技術を使って何かをするだけではない、と。面接での印象はどうでしたか?

自分の話したいことを理解してくれた、自分の意気込みを理解してくれていた、という印象でした。ほんとうに、たくさん話を聞いてくれる面接だったんです。それがすごくよかった。リクルートマネジメントソリューションズのことはもともと全く知りませんでした。本社のある大崎にも面接で初めて来たんです(笑)。でも入社してよかった。

なるほど。自分をしっかり理解してくれた、と感じられたんですね。

尊重された、という気持ちかもしれません。私は日本語があまり上手ではないのですが、ちゃんと自分の強みとか熱情とかを見てくれている、と感じました。それがすごくよかったです。

うちの会社は技術やスキルも大事にしますが、人間としての魅力もすごく大事にしている会社なので、そう感じてくれてすごくうれしいです。

リクルートマネジメントソリューションズは、自分がやりたいことだけではなく、顧客の要望とか、事業方針を理解して仕事ができるのが良いですね。うちに入社してから、すごく育成してくれていると感じます。知らないことは丁寧に説明してくれますし、うちのグループの特徴なのかもしれませんが、上司の役割もしっかりわかれていて、何というか、お父さんとお母さんみたいな感じなんですよ(笑)。厳しい面と優しい面のバランスがすごくいいです。

自分のことを理解して、次のステップへ導いてくれる環境。

組織についてお話が出ましたので、「組織として良かった点」についてもう少しお話を伺えますか?

うちのスローガンである「個と組織を生かす」が、組織の中で一貫していると思いました。このスローガンが、仕事現場や、「よもやまミーティング」にまで浸透しているなと感じています。

(ちなみによもやまミーティングとはマネジャーとメンバーがゆるやかに状況共有を行う1on1ミーティングですね!)具体的にはどのような場面でそう感じました?

例えば仕事を振るにしても、いきなり無理難題を割り当てるのではなく、ひとつずつステップを踏みながら導いてくれます。自分の強みや苦手なこと、得意なことを上司がちゃんと理解して、それを踏まえてチャンスを作ってくれているな、と感じられるんです。

自分のことをしっかり理解した上で、次のステップとして極力いい塩梅の仕事をアサインしようとしてくれるということですね。確かに、それはうちのマネジャーたちが結構こだわっているポイントに思います。

今までの上司で一番です。リクルートマネジメントソリューションズは、リクルートグループの中でも平均年齢が高いですよね、定年を迎える人が多いというのも聞きますし、職場が安定していて、信頼して働きやすいとうことだと思います。だからこそ、もっとチャレンジしたいという気持ちもわいてくるのだと思います。

今は何にチャレンジしたいですか?

下期から、ずっとやりたいと思っていた機能開発をしており、はやく披露したいです。これは技術面のチャレンジだけではなく、「事業目線」や「人を動かしならチームを作る」という面でも大きなチャレンジができた仕事でした。みんなの力を借りてやり遂げている、という仕事は初めてなのですごくいい経験をしています。これも上司がチャンスを作ってくれました。プロジェクトのリーダーという立場で、周りの力を活かし、意見を反映しながら進めています。

プロジェクトを進めるうえで大事にしていることや、意識して気を付けていることはありますか?

意識したのは「自分の立場」じゃなくて「関係者の立場」を考えるようにしていることです。例えば「この機能を追加したい」と思ったときに、それを実現するためには追加でリソースが必要になりますよね。じゃあ上司にOKと言われるためにはどうするべきか、どんな情報があれば「リソースを使って良い」という判断になるのかを、上司や経営などリソース配分を判断する人の立場になって考えるようにしています。こういった考え方もここで学びました。上司に「自分で起業したい」という話をしたら「それなら投資とかマーケティングとかに関心がなければダメ、人を動かすということを勉強しないといけない」と言われたんです。常に、自分がやりたいことへのGAPを考えてくれて、足りないものを指摘してくれるのがとてもありがたいです。

事業を作るための指導をしてくれるということですね!将来的には起業してみたいという思いもあるのですか?

今は起業だけにはこだわっておらず、既存の事業に参加するということでもいいなと思っています。能力が身についている実感はあるので、「やれる」という自信はついてきていますね。これからも新規事業に参加できるような力はもっと身に着けたいと思っています。

事業もわかるエンジニアに成長しているとは、すばらしい。チームについても少し聞かせてください。どんな点が「好き」ですか?

さっきも少し話しましたが、「お父さんとお母さん」という雰囲気がすごく心地いいです。たぶん無意識にやっているんだと思いますが、意識して他のチームにも横展開してほしいくらいです(笑)。自分もこれからチームを作るときには絶対に真似したいと思っています。

いいですね!入社してびっくりしたこと、意外だったことなどありますか?

一番びっくりしたのは「一貫性」です。経営陣から発信されたことが下までしっかり浸透している点にはびっくりしました。普通はなかなかここまで浸透はしません。事業方針も、自分の仕事に活かせそうだな、と思うことが多いので、それも浸透する理由なのかもしれません。

そう感じられたのは新鮮です。私はこの会社が長いので、すっかり当たり前になっているのかな。面接時には「この会社、自分に合いそうだな」という感じはありましたか?

そうですね、みなさんとても親切だったので馴染みやすかったです。面接者は管理職なはずですが、いわゆる部長や社長の「威張った感じ」がなく、気軽に話しかけられる点には、最初はすごく驚きましたし、すごくいいなと思いました。もちろんある程度の壁はあるんですけど、その壁がとても薄いという印象です。

自分の強みを生かしながら「事業視点」と「技術」の両方を取得したい人に薦めたい。

最後に、どんな人にリクルートマネジメントソリューションズをおすすめしたいと思いますか?

技術だけを磨きたいというエンジニアは向いていないと思います。どちらかというと、事業に関心があって技術面でもある程度挑戦したい、という人であればとても相性がいいと思います。事業視点だけでも、技術の向上だけでもない、こんなにバランスの良いところは珍しいです。将来的にCTOを目指したい人にとってはベストな職場だと思います。大手企業に入っても、CTOになるためのスキルを磨くのはすごく難しいと思います。うちの、このバランスのよい育成環境は、なかなか他にはないと感じます。

育成環境もあり、同時に事業に関わるチャンスもある、ということですね。ある意味、ビジネスサイドではたらくエンジニアとしての基礎をしっかり身に着けられる部署ともいえますね。

また、自分のダメなところや課題を指摘されるだけでなく、具体的な仕事のやり方を教えてくれたり、それを乗り越えられるチャンスをくれたりする点がとてもありがたいです。自分の成長のために仕事の機会まで作ってくれるというのは本当にすばらしい。

それは、ぜひマネジャーの宮崎さんに伝えておきます。きっと喜びます・・T_T。なお、そのほかにおすすめポイントはありますか?

副業ができる点もポイントですね。エンジニアは必ずと言っていいほど副業していますので。あとはテレワークが中途半端じゃなく、ちゃんと本気で取り入れているところもいいですね。みんな当たり前にテレワークをしているため、嫌がられることがないのは非常に良いです。この環境は、育児がとてもやりやすいと思いますよ。

確かに、育児をしながら働いているメンバーは多いですよね。

そうですね。チームメンバーを見ても、育児についてちゃんと理解してくれている雰囲気がとてもあります。仕事と育児を両立したければ、リクルートマネジメントソリューションズは絶対おすすめです。

うちの会社が、李さんにとって、自身を成長させられる有意義な職場となっていることを、改めてとても嬉しく思います。
今回はエンジニアとして働く李さんをご紹介しました。李さんありがとうございました!
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more