採用後あなたは何がしてあげられますか?

株式会社リクルートキャリアに入る前

今年で、いまの会社で働いて16年目になります。 もっともその前にエンジニアとして働いていた期間もあるのですが、わたしの社会人としての青春はいまの会社といっていいでしょう。 そして長い間、同じ業界にいると、自分の業界が世の中一般から見ると特徴があっても気が付かないことが多くなってくるなぁと思うこのごろ。 入社するときは長くいないと思いながらも、面接時にお会いする方々が割と魅力的だったことを思い出します。ただ、一方で軽い感じにも見えてしまい、自身にフィットするか不安でした。 面接時に適当な話をしたところが気に入られたのか、転職しても良いという気持ちになって現在に至ります。

現在

これまでを振り返って、「成し遂げた・やりきった体験」や「夢中になった・ こだわって打ち込んだ体験」などあればと思うのですが、正直、いままでの人生でやりきったというものはありません。 人生、死ぬ時も同じで、どこかで途中でやめるんだと思います。 でも、だれかのためであれば、もう一踏ん張りできる自分がいるんです。 なので、努力ではなく、夢中になるのもそういう時。 こだわって打ち込んだのは、いまの部署の事業を考えたときでしょうかね。 まぁどこで働くにしても、自分自身が会社以上に高いミッションで、会社を捉えられるかどうかを探求することが大事です。そして、健全な危機感をもって頑張ってます!

株式会社リクルートキャリアについて

RCA(リクルートキャリア)って青臭さと経済合理性を大事にしている会社。 求められる青臭さは、自らが認められる、役に立っている、がんばっていることを認められ、そして人の力を信じるとか、そういうことかと思います。 RCAの事業成長は、「きみのおかげ」といわれないと満足しない「血」をもった人を採用していることに起因する。たとえば、うちが採用しているのは、「自分が頑張ったおかげで何かが変わる」ことへの感度が強い人。 今後においても、「きみのおかげ」といわれるサービスや商品にすべきであり、理屈ではなく、血にあったものを選択すると、結果として、社員のエネルギーによって成功する事業が予想以上にはじけて伸びる、RCAの強さを実感するのは、そのエネルギーに働きかけられたときということは恐らく変わらない。

今後どういうことをしていきたいか

変わりたいと考えていた顧客と考えてきたことはたくさんあるのですが、これからは偶然ではなく意図的に、第2のゼクシィやホットペッパーを作っていくべきであり、そのために新しい種をまくことと、モデルを磨くことの両方が必要だと思っています。 また、やりきることだけでなく生み出す力とのバランスを、うまくとりながら蒔かれる新しい種は、RCAのコアを生かした事業であることがポイントになるでしょう。 こういった新規事業をデザインする力は、発想力ではなく、新しいサービスを「創りたい」「生み出したい」「リーチしたい」と想う気持ちが第一。その想いの強さは、価値が通用しなかったという悔しい想いの裏返しであり、どれだけ多くの不平不満をリアリティにもっているかということに尽きる。 新しいサービスを生み出すきっかけは、顧客と向き合うことで得られます。 今後は、RCAらしさが薄まることを恐れるより、広げてみることの優先順位が高く、視点や捉える枠組みで、できることが変わることを意識しながら社会に貢献し得る事業を創っていきたいですね。

株式会社リクルートキャリア's job postings
Anonymous
Picture?1523196419
31e258e9 bfea 4d9c b1f5 d79500dc7a85?1514904806
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
3 Like
Anonymous
Picture?1523196419
31e258e9 bfea 4d9c b1f5 d79500dc7a85?1514904806
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
3 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon