当社のManagerが夢見る世界と実現したいサービス

こんにちは。Regrit Partners Managerの大木聖也です。本記事では私の妄想にしばしお付き合い頂けたらと思います。

キャリアにおけるゴール

2016年VR元年と言われてから、不動産業・製造業・医療業などをはじめ様々な業界においてVR・AR技術を活用したサービス・ソリューションが徐々に浸透してきたと感じております。都内でも一般の人たちがVR体験できる施設が新宿やお台場にもオープンし、少しずつではありますが世間の人たちにも認知して頂けているフェーズではないでしょうか。

私がVRについて興味を持ち始めたのは2014年頃になります。私は、特にエンジニアでもVR分野に強みを持っているビジネスパーソンでもないのですが、単純に「自分の思い描いているサービスが実現できる技術」だなと直感しました。それ以来、いつかVR・AR技術をもとにしたサービス・コンテンツを世の中に発信することをジョブキャリア上の一つのゴールと掲げています。

価値ある時代を具現化するVR技術

上記で触れた「自分の思い描いているサービス」というところを背景踏まえて、少し掘り下げてお話したいと思います。小学校高学年~中学生のころになりますが、単純な好奇心として「日本が高度経済成長をしている昭和時代に行ってみたいな」と思っていました。生活レベルとして物凄い便利ではない時代ではないものの、国の成長とともに自分たちの生活の変化を肌で感じられる特別な時代ではないかと推測していました。

社会人になってからも飽き性なのですが、この好奇心が薄れることありませんでした。

私の考え方を1960年前後に10代・20代で過ごしていた、仕事でお付き合いのある方たちへお伝えすると決まって「実際は貧しかったし、そんな憧れる時代ではないよ」と言われることが大半です。

しかし、“当時”を経験している人からしてみれば良い思い出も悪い思い出もあるかもしれないですが、“当時”を生きていなかった人にとっては、“当時”自体に価値がある。

「Time is money」の解釈とは意味合いは異なりますが、「時代には価値がある」と信じています。そして、「価値のある時代」を具現化できる技術がVRではないでしょうか。

VRを通じて、1960年前後の世界をあたかも自分が生活しているかのように体験できたり、当時の人たちとVRを通じて会話を楽しんだり、といった疑似体験を想像しただけで正直ワクワクしてきます。

昨今でも戦国時代や明治時代の歴史が好きな方が大勢いらっしゃいますが(私はそこまで好きではないのですが)、戦国時代や明治時代をVRで体験して、織田信長に対して「明智さん攻めてきまっせ、どうします?」と声をかけた時の織田信長のコメントとか聞けたら楽しくないですか?

少し話は脱線してみますが、映画だと2001年に公開された『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』や2005年に公開された『ALWAYS 三丁目の夕日』の世界観がまさに私が憧れている世界観(=憧れている時代)に近い作品で今でも飽きずに観ています。これらの映画をそのままVR技術で作り出しても充分楽しいだろうなと思っています。知人にVRコンテンツを制作している高品社長(vLab株式会社)がいらっしゃいます。この方たちは、西野亮廣さん(絵本作家、お笑いタレント)の作品『えんとつ町のプペル』の世界をVRにて体感できるコンテンツを制作しております。個人的に非常に楽しみにしている試みです。

時間軸のない世界

VRに話を戻すと、一般消費者にはVRゴーグル・ヘッドセットのハードの普及がまだまだ浸透していない状況です。いずれはPCや携帯を持っているのが当たり前と同じように、VRゴーグル・ヘッドセットの保有している状態に数年後はなっていることを願います。

そして、私が思い描いている「時代の行き来を体験できる」コンテンツ・サービスが制作され、各家庭で「今日は戦国時代を体験してみようか」という会話がなされている世界を心待ちにしています。過去だけではなく、未来の世界も体験(=過去の事実に基づいていないのでこれは本当に想像の領域ですが)できるとなおさら楽しそうですよね。

こうして、「過去~現在~未来」をVRを通じて体験できることで、錯覚に近い概念ですが「時間軸のない世界」が訪れる日が待ち遠しいです。

私の今後のビジネスキャリア上で様々な方に協力頂きながら、上記コンテンツ・サービスを作り上げられたら最高ですし、自分がする前に世の中にリリースされたそれはそれで有難う、です。自分が創造している未来が早く実現することに越したことはないので。

現時点では弊社はVR技術(エンジニア)を保有していないですし、私が個人的に好きな当領域がビジネスとして成立するのかという課題はまだまだありますが、弊社からVR事業・サービスがローンチする日に向けて日々奮闘ですね。

改めて弊社Regrit Partners(リグリットパートナーズ)では、主事業であるコンサルティング事業のみならず、新規事業・サービスにも全社的に注力しております。

VRだけではなく、自分の興味・好きな領域のビジネスやサービス展開を目標にしている方がいらっしゃいましたら、業界・業種は問わず一度弊社メンバーとカジュアル面談しましょう。弊社に少しでも興味がございましたら、ご連絡お待ちしております!!
Regrit Partners's job postings
Anonymous
D90f488b b3f1 4d12 8eb2 6d95738e84b9?1543369767
3c3b7173 0ece 49e3 ae2d 83467547b70d?1521696715
812d1d5f 713e 4248 9bba f642e734b232?1541407063
268b93ad 6f0e 49d8 a7cd bd1148711f02?1522879064
F60d4d91 d4d4 42ca b2a7 c2a25b1cc0e3?1515491476
8 Likes
Anonymous
D90f488b b3f1 4d12 8eb2 6d95738e84b9?1543369767
3c3b7173 0ece 49e3 ae2d 83467547b70d?1521696715
812d1d5f 713e 4248 9bba f642e734b232?1541407063
268b93ad 6f0e 49d8 a7cd bd1148711f02?1522879064
F60d4d91 d4d4 42ca b2a7 c2a25b1cc0e3?1515491476
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon