これまでにないビジネスモデルに挑戦していく。ネットとリアルから、顧客の価値体験を最大化する。ーGA technologies事業責任者の魅力

(写真は、左から、斎藤・田吹・中島)

<田吹>明治大学卒業後、2006年イマジニアに入社。企画やマーケティングに従事したのち、ヤマハ、カカクコムにて事業開発やマネジメント、よりそうではマーケティング部門長、新規事業部長を担当。2018年にGAテクノロジーズへジョインし、現在はマーケティング部門の責任者を務める。
<斎藤>情報通信系研究所などでプログラマとして勤務後、会社立ち上げ。出資企業だったベーシックへ入社し、マーケティングオートメーションツールの開発・採用・事業推進などの分野で活躍。「ferret One」開発責任者。2007年、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の「未踏ソフトウェア創造事業」に採択され、ビジネスシーズのプロトタイプを開発・発表した経験を持つ 。
<中島>明治学院大学卒業後、2005年日立システムアンドサービスに入社。インフラエンジニアを軸にしたキャリアから、HENNGE株式会社で事業部統括と人事の兼務を経験。採用のみならず組織開発部門の立ち上げを行うなど、幅広い人事領域で活躍。現在は、GAグループのプロダクト部門における採用と組織開発の責任者を担う。

CHAPTER 01:プロフェッショナルな「いい人」たち

中島:まず田吹さんがGAテクノロジーズに入社して感じたことはなんですか?

田吹:とにかくいい人が多い!というか、いい人しかいない。GAテクノロジーズの最大の魅力は「人」だと思いますね。「いい人採用」という人格重視の採用をしていますが、その成果が出ていると思います。

斎藤:たしかに、人柄の良さは職種問わず言えるかもしれませんね。

田吹:もちろん、専門領域においてプロフェッショナルであることがベースですが、根本にはやはり「いい人」という人格面が重要です。それがないと、多くの人を巻き込み連携して、ネットとリアル両方をカバーする仕組みをつくることは難しいですから。

田吹:あとは、「100%振り切ってる」会社だと思いますね。学習しながら成長するスタイルというか。事業を大きく振り切ると、当然課題がたくさん出てきますよね。その課題の解決法を模索し、実行していくなかで個々人が学び、結果会社全体が成長しているんだなと実感しました。

斎藤:経営陣の意思決定もとにかく速いですね。社長はセールス出身ですが、プロダクトへの依頼は筋が通っているし、こちらの言うことも理解してくれる。プロダクトを新しくつくるとか、このプロダクトを伸ばすという選択における意思疎通のしやすさが、決断の速さにつながっていると思います。
ある程度責任者クラスになると「経営陣との折衝に疲れた経験がある人」って結構いますが、そういう人にはぜひうちに来てほしいです。責任は大きいですがその分裁量も大きいし、もし失敗してもセカンドチャンスがすぐに来る環境ですから。

中島:「サービスを、プロダクトをこうしたい」という強い意思を、経営陣とぶつけ合えますよね。お互いの熱量をぶつけ合って、そのエネルギーで前進するイメージ。

田吹:社内の意思決定の遅さで悩んでいる人には、GAグループは本当にいいと思う。結果が出しやすい地盤があるのは重要ですよね。

斎藤:本当に大事なポイントですね。経営陣や事業サイドだけでなく、バックオフィスまで「攻め」のスタンスの人が本当に多い!

CHAPTER 02:ネットとリアルから顧客の体験価値を最大化する

中島:いまプロダクト企画部門では「事業責任者」を募集しています。この「事業責任者」は、具体的にどんな仕事をする人でしょうか?

田吹:「お客様にとって、ネットとリアル両方で心地良い不動産体験を提供するには?」というお題を解決するために、最適なロードマップを作る人、ですね。
GAグループは不動産の「リアル部分」をやっているのが大きな強み。お客様の行動データを取得して可視化し、顧客体験をあるべき姿からデザインして実行できます。そこに面白みを感じてやり切れる方に、一刻も早く仲間になってほしいと切に願っています。


GAグループが提供するサービスは、「とにかくカスタマージャーニーがベース」なのが魅力ですね。私も長くマーケティングに関わっていますが、正直「タッチポイントとして認知だけ」って辛いんですよ。

「ある程度集客したら終わり」「数字を数%上げて終わり」とかだと、やれることが少ないし本質的な課題解決になっていない気がして悩む方って、意外といると思うんです。
今はもうネットからリアルを定義する世界ですよね。ネット上で注文したら手元に実物が届くように。もし今の環境で、縦割り組織だったり目標が限定的でやれることが少ないと悩んでいる方は、ぜひGAグループに来てほしいです。「あるべき論」から事業をデザインして、そのための投資も惜しまない会社ですから。

中島:なるほど。いまの仕事で、目標数値そのものに疑問を抱いていたり、関われる範囲が小さすぎると感じている方にはオススメですね。

田吹:正直、「メディアだけやる」会社は多いんです。IT業界では「認知や集客がゴール、その後の顧客体験には関知せず」ということはよくありますから。一方でメーカーや小売では「とにかくたくさん売る」というゴールを設定しがち。いかに売るか、卸すかということに焦点を絞るケースが多いんです。その結果、「事業目線でIT活用」とは言いつつも、メディア以外はアナログという状況も起きやすい。

GAグループが提供する「RENOSY」は、お客様が物件を借りる・買う・投資する・売るという不動産体験をシームレスに体験できる体制とシステムがあります。GAグループは「集客して終わり、売って終わり」ではなく、「顧客の価値体験を最大化する」ことがゴール。この仕組みをいかに比類ないレベルに持っていけるかが勝負です。

中島:ひとりのお客様との向き合い方が徹底していますよね。

斎藤:GAグループは、投資物件を仕入れて販売するだけでなく、お客様に購入いただいた物件の賃貸管理もする。投資物件購入の場合、ローン期間は多くの場合30年程度ですが、ローン完済以降の物件売却などを考えると、ひとりのお客様とのお付き合いが70年に及ぶケースも少なくありません。ここまで持続性を考えながら事業を考えられる会社ってなかなかないですね。
かつ、その入口から出口まで、お客様向けの「RENOSY」はもちろん社内で使うプロダクトも揃っている。データマーケティングもできる。すべて自社内で解決できる、という環境は改めてすごいと思いますね。

田吹:GAグループのビジネスモデルはカスタマージャーニーが長く、その分やることが多い。「いかに異なる役割の人と連携してやっていくか」が非常に重要です。ネットとリアル両方をカバーするには、エンジニアもセールスも仕入れ担当も、すべてのプレイヤーを繋げる仕組みが必要なので。複雑で大変ですが、「お客様のためになっている」というやりがいがありますね。

CHAPTER 03:社内を巻き込み、本当に価値あるサービスを

中島:ずばり、どんな方に入社してほしいですか?

田吹:固定概念やこれまでの価値観にとらわれすぎない、柔軟なスタンスのある方ですね。GAグループが挑戦するのは、これまでにないビジネスモデル。新しいアプローチや変化を楽しめる方がいいと思います。

中島:現在、AIも含めるとプロダクト系の組織は100名程度。多いように見えますが、まだまだ足りていません。なぜならGAグループは、「①不動産というビッグマーケット ②お客様と70年のお付き合い ③多くのタッチポイント」というビジネスモデル。かつ、今はまだタッチポイントをすべて押さえられていません。
「すでにロードマップがあり、縦割りでやるべき領域と役割が決まっている」という会社は多いですよね。でもGAグループは、まずロードマップをつくっていくフェーズ。裁量が非常に大きいんです。

田吹:100名のプロフェッショナルと連携し、巻き込み、「RENOSY」をもっと良いものにしてほしい。本当にお客様のためになる事業をつくりたい!という人にはぴったりだと思いますね。


◆GA technologies では、一緒に働く仲間を積極採用中です
事業責任者の募集はコチラ:https://www.wantedly.com/projects/343618
エンジニア職種の募集はコチラ:https://www.wantedly.com/projects/370781

株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)'s job postings
これまでにないビジネスモデルに挑戦していく。ネットとリアルから、顧客の価値体験を最大化する。ーGA technologies事業責任者の魅力
GA technologies 採用担当
株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ) / Business (Finance, HR etc.)
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings