1
/
5

【社員紹介 #03】コロナ禍によりIT業界へ興味を持ちリトライブへ

どのように就職活動を行っていましたか?

大学3年夏から広告業界と美容業界の企画職や広報職を軸に、インターンや就活イベントに参加していました。

その一方で2年間務めていた地元の観光大使の経験から、昔から憧れのある芸能の世界で自分の働く姿を想像するようになり「自分が本当にしたい仕事は何なのか」真剣に悩んだ末に、1年間自分の進路を考えるための休学をしました。

芸能のお仕事を見学したり、プロの方にお話を伺ったりなど「自分が楽しく働くこと」に関して考え抜いていくうちに、自己成長を楽しみながら仕事がしたいと思うようになりました。

就職活動を再開してからは、大学3年時と同じ業界を中心にリモートでの就職活動を行いましたが、希望業界ではいい結果が出ませんでした。リモートでの就職活動を経験していく過程で、最終的にはIT業界に興味を持ち、IT系のBtoB企業を中心に見るようになりました。

リトライブに入社を決めた理由を教えてください。

理由は大きく2つあります。

1つ目がメイン事業の内容に関心を持ったからです。大学在学時から興味をもっていたデザインやWebに特化した分野で、新規営業に悩みがある企業と制作依頼先を探している企業をつなぐという点が、自分がしたいと考えていた双方の悩みを聞き取ってサポートすることに通じると感じました。

2つ目は、面接の時に感じた「話しやすさ」です。就職面接の際、最終面接に至るまで終始雑談のような空気感で、ヒアリングと自己分析をしてくれました。40社くらい受けた面接の中でリトライブの面接が一番素をみせて話すことができ、相手の話を引き出す話し方を体感して自分もできるようになりたいと感じたことが大きかったです。

リトライブに入社し、社会人生活がスタートしての感想はどうですか?

勉強や実務の両方において自分で考えて共有するという点が徹底されているように感じます。

例えば、新卒入社してから1ヶ月が経った時にも、電話応対がうまくできずに苦戦していた時期がありました。直接的な解決策を聞く前に一度自分なりに状況を打破する解決策を熟考してから先輩に共有しています。その後、一緒になって解決策を考えたり、アドバイスを頂いたりして、以前よりスムーズに電話をできるようになってきました。

また、社員全員との距離が近くて、分からないことがあったらすぐに聞ける環境があることも嬉しいポイントです。仕事をする時間と和気あいあいとしている時間のメリハリをはっきりさせて、みんなで目標に向かっていく所が心地よくてめげずに頑張れています。

就職活動をしている方に向けて一言メッセージをお願いします。

私もみなさんと同じく、コロナ禍での就職活動を経験した一人です。
周囲とのコミュニケーションが取れない歯がゆさと漠然とした焦りや不安で気持ちが落ち込む時期がありました。でも、この状況になったからこそ、IT業界に関心を持つことができて自分の夢も具体化することが出来ました。

今年も引き続き新型コロナウイルスで先の見えない就職活動が続くと思いますが、マイナスのことだけではなくこの状況下だからこそ察知できる自分自身の性格や好み、行動の変化もあると思います。その変化の中で、「リカイゼン、いいかも!」「リトライブ、なんだか面白そう!」とあなたのアンテナに引っかかったら、自分のなりたい姿をたくさん想像してチャレンジしてみてください!

リトライブ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more