1
/
5

社長の隣の僕 ”毎日成長録”

Photo by Joshua Earle on Unsplash

”金持ち・成功する・成績を出す為にはルールがあり、答えがある。
しかも、その答えを99%の人が知っている”
それは『だれよりもやる。とにかく行動する』
ただわかっていても皆やらない。だから1%の人しか成功しない。
1%の人は成功の答えがでているのだからその為ひたすら努力を重ねているだけ。
                             高野 匠

こんにちは。DEFASTA事業推進部の斉藤です。

実は僕、社長の隣の席で仕事をさせていただいています。本当に嬉しいことです。。。本日は、そんな僕が社長の隣で仕事をさせていただいて”気づいたこと”をまずは3つ共有していきたいと思います。

※上記の格言は僕がモットーにしている入社を決めた際に頂いた言葉です。

”最強のタイムマネジメント”

入社して一番最初に驚かせれた部分は社長のスケジュール管理能力。
朝から晩まで毎日予定が詰まっています。一秒たりとも無駄にしていない。僕はまずこのスキルに感銘を受けました。
時間は唯一、みな 平等に与えられているもので、
限られた時間でどれだけ効率よく仕事ができるのか、をしっかり計算していると感じています。
僕も限られた時間をうまく管理できるように最近”To do List”というもので1日の仕事を管理しています。社長のリストと比べると仕事量の違いに悔しさを感じる日々です。僕よりも多い仕事のタスクを僕よりも早く終わらせている事はなんでなのか?どうしたら社長のようになれるのか?を常に考えるようにしています。早く成長したい!もっと貢献したい!って日々刺激を受けられる環境に感謝しかありません。

”言葉の使い方”

社長は毎日のように面談、面接、打ち合わせをオンラインで行っているのですが、日々僕が感じることは、伝え方・言葉の使い方が巧みであるということです。

自分の思っている事を100%相手に伝える事って意外と難しくありませんか?

相手にわかるように、シンプルに、わかりやすい言葉で、簡単に、感情を乗せて話す。そして相手の話し方によって言葉の難易度も調整して話す。これって簡単そうで難しい事だと思っているのですが、これをやはり社長は使えています。では、なぜこれができるのか?と思った時に、話す、伝える以上に聞く能力が高い!と僕は推測しました。自分の思いだけを伝えるのでは相手に伝わりきらない。しっかり相手の話を聞き、相手に合った言葉の使い方、伝え方を巧妙に使い聞き手を満足させられるように僕も真似していきたいと思っています。やっぱりM&Aという凄まじい業界で最強のトップセールスマンだったんだなと数字以外で感じる部分です。

”できないことはない。まずはやってみる”

僕らの社長にできないことはあるのか?と思うくらい、困ったら助けてくれるし、なんでもできる人!本当に尊敬。と思っていましたがここにはしっかりとからくりがありまして…資料作り、ライティング、YouTube、ホームページ作り等なんでもできる訳で・・・一度そのスキルについて聞いたことがあります。その回答が
・基本的にまずはやってみる

・勉強すればできる

・人間はある程度のラインまでやればできる
とのことでした。凄さの裏には努力あり。当たり前ですけど改めて感じています。

僕は社長の隣という最強のポジションで日々成長し続け、必ずRIght Brothersを3年以内に上場させます!

みなさん応援よろしくお願いします。

Right Brothers 株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more