What we do

ロボフェス2018 ロボ団×JAXA
ロボットプログラミング教室「ロボ団」
夢見る株式会社は、「好きを学びに、社会とつながる」をミッションとしてカリキュラム・コンテンツ制作を独自で行なっています。 ロボットプログラミング教室・英会話教室・幼児能力開発コンテンツ事業。従来の教育業界の常識にとらわれず、革新的なサービスを展開しています。 2017年2月「東洋経済 日本を変える100社」に選ばれました! <ロボ団> 理数・ITに強い子どもたちを育てる大阪発の教育スクールで、日本全国に教室があります。 世界的なロボコンで毎年大阪代表として全国大会に出場しており、WRO2018では世界大会にロボ団生が日本代表として選ばれました! 独自のカリキュラムと専用学習アプリを使用し、STEM教育の基礎をはじめ、プログラミングやプレゼンテーションなどを学び、論理的思考力や問題解決力・やりきる力を中心に、チームで成果を出す力を身につけることができます。 公式HP:https://robo-done.com/

Why we do

「好き」が「学び」に変わる授業を
正解のない中を生き抜く子どもたちを育てる
子どもたち自身の「好き」が「学び」に変わる。学びが活かされる「社会」に触れ、「学ぶ理由」に気づき、自ずと未来を切り拓いていく。 ロボ団は、プログラミングレッスンを通じて、どんな社会でもたくましく、しなやかに生きる力を育みます。 教育は社会に出た時のことを意識して行なう必要があります。 しかし、米国デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏が提言した 「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業につく」というメッセージにあるように 正解のない中を生き抜く子どもたちを育てる必要があります。

How we do

夢見る株式会社で働く人たちのほとんどは、従来の教育業界の常識に捉われない異業種からの挑戦者です。 それぞれの事業で実際に授業をおこなうだけでなく、カリキュラムの作成・見直しや活動報告など、一人ひとりが複数の仕事を同時にこなしています。入社してすぐに教室運営に携わり、授業を行ないながらの業務は大変なことも多いですが、その一方で様々なスキルを得ることのできる貴重な体験となっています。 様々な業種の経験者による教育イノベーション創出の場にしていきたい。と考えています。

Page top icon