1
/
5

システムディレクターの語る、ECならではのおもしろさとは??

―昭夫さんは、前職ではどんな仕事をなさっていたのですか??

前職では、コンテンツ管理のシステム開発にPMとして関わっていました。
パッケージのカスタマイズの案件に携わっていたのですが、専門性が高いパッケージだったため、ほとんどが特定の業種向けの案件でした。そのなかで、特定の業種でだけではなく、さまざまな業種の課題解決に向き合いたい、一つの業種で培ったスキルが、他の業種でも通用するのか挑戦したい、と思い転職を考えました。
そして、転職活動を進める中で様々な業種のクライアント様がいるエスキュービズムに出会い、入社を決めました。

―エスキュービズムでどのようなお仕事をなさっているのですか??

現在は、システムディレクターとして、ECの案件の開発に携わっています。

前職ではPMとして、エスキュービズムではシステムディレクターとして開発に関わっていますが、業務の大枠はあまり変わりません。
要件定義から、進捗の管理、外注の企業様のアサイン・社内エンジニアとの顔合わせなどのマネジメントを行うのが私の仕事です。
今は、2つの案件にアサインされているのですが、どちらも全く違う業種のクライアント様なので要件が大きく異なります。様々な業種の課題解決に向き合いたいと考えてエスキュービズムに入社したので、クライアント様の幅の広い要件に合わせてカスタマイズし、開発をしていくという業務にやりがいを感じています。

―やりがいを感じる一方、大変だと感じることはありましたか?

入社したての頃は、エスキュービズムのスピード感になれていくのが大変でした。

具体的には、案件の要件定義からローンチまでのスピードや、各個人の意思決定のスピードが前職よりもかなり早いと感じました。
はじめはそのスピード感に圧倒されることもありましたが、周りの方のサポートのおかげで次第に付いていけるようになっていきました。わからないことがあったらいつでも聞いてくれ、という環境があるのは非常に心強いです。


―今後は、どのように働いていきたいとお考えですか。

現在アサインされている案件の関係でECの話になってしまうのですが、ECの開発の一番面白いところは、企業の販売戦略が色濃く反映されるため、クライアント様によって要件が大きく異なってくることだと思います。
この環境の中でより多くの案件に携わり幅広い要件に対応していく中で、自分自身のスキルの幅も広げていきたいと考えています。
そのために、まずは今の案件を無事にローンチさせることを目標に頑張っていきたいと思っています。

株式会社エスキュービズム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings