自粛ムードのなかでも多くの人に「楽しい」を!ゲームクリエイターの私がいま、届けたいもの【SAKURUG MEMBER BLOG】

初めまして!ゲーム系の運用UIデザイナーをしている社員のJ(写真右)といいます。

入社して大体4年近く経ちました。

ゲームが与えてくれる創造性やワクワクとした感情が大好きで、

デザイン系の学校に高校生から通い、なんとか作り手側の立ち位置になり、早6年。

日々自分がユーザーにそんな感情が与えられているのか?

年月が経った今でも自身の課題の中心にありつづけています。


このブログの記入タイミングの3月下旬現在世間ではコロナ対策により

例によって出向している会社でもリモートワークが推奨され、

人生初のリモートワークを現在進行形で経験させていただいています。

専門学生時代、同級の子達の中ではフリーのイラストレーターになりたいという子が

大変多かったのですが、その中で「会社員になる」と決めていた生徒の一人でした。

そもそもフリーランスは絵描きだけでなく営業も自ら行わなければいけない。

コミュ障の私には到底無理だと、家の中で自分を律して作業なんてできるわけないと。


しかし、現在自宅にて作業を行っております、行っているんです。


通常業務では口頭で済むことも出来なくなり不便な点は確かにありました。

緊急時の対応がワンテンポ遅れてしまうというリスクも忌諱されてはおりましたが

別に現状そのようなことが起きていない。

口頭で話たければテレビ電話のアプリケーションソフトを使えばいい、

共有漏れが起きるのであれば、ミスが起こりうる原因を調べてテンプレを作成すればいい、

人間やろうと思えば出来てしまうんだなと。


確かに準備や出費にと、面倒ではあるんですが、思っているより世の中は

様々な人の力でかなり便利になっているんだと今回のリモートの経験で

改めて教えられております。

この機会だからこそ避けていたことを試してみる、というのも

逆に新鮮で良いかもしれません。(合う合わないはあると思いますが...)


日々自粛ムードで気疲れしてしまう毎日ではありますが

エンタメを通してゲームを通して安全な息抜きとして

少しでも多くの人に「楽しい」を共有することができれば嬉しいです。

株式会社SAKURUG's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more