離職率を改善するために飲食業界が注目している「リテンションマネジメント」

近年、飲食業界では高い離職率が課題となっています。多忙を極める労働環境やモチベーションの低下などが主な原因と考えられます。

そんな中、離職率を改善するための施策として「リテンションマネジメント」に取り組む企業が増えています。

リテンションマネジメントとは、企業経営陣(あるいは店長やエリアマネージャーなど)と社員(あるいは店舗スタッフ)との間に良好な関係をつくり維持していくこと、またそのための施策を指します。


労働人口の減少などの要因により、将来的に企業が確保できる人材の母数は、これまで以上に少なくなっていくという予測も出ています。

こうした課題を克服するためには飲食店における業務を効率化していくことも重要です。

飲食店における業務効率化の取り組みについては、次のような記事も用意していますので、高い離職率や人手不足で悩んでいる飲食店の方は、ぜひこちらもご一読ください。

離職率を改善するために飲食業界が注目している「リテンションマネジメント」とは?

人手不足は業務効率化で乗り切る!飲食店が導入すべきシステム3選

株式会社Samurai's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon