メリットや必要な許可を解説!飲食店でのテイクアウト導入

近年、高齢化・核家族化・女性の社会進出などのライフスタイルの変化から中食の需要が高まり、テイクアウトを導入する店舗が増えています。

テイクアウトのメリットは売上のアップ、客単価を増やせる可能性、人件費の削減が挙げられます。

ですが、テイクアウトを導入する場合には、イートイン形式の飲食店で必要となる営業許可と食品衛生管理者資格に加えて、別途許可が必要になる可能性があります。

テイクアウトを注文するお客様はイートインとは違い、お店に提供スピードを求めており、待たされることを嫌うため、提供までに時間がかからないメニューの考案やレジまわりにも工夫が必要です。

会計に手間取ってテイクアウトのレジに列ができるようでは、来店してくれたお客様を逃すような機会損失にもつながりかねません。そこで最近では「事前決済」を導入するお店も増えています。

事前決済についてこちらで詳しくご紹介しております。

株式会社Samurai's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon