シェアリングエコノミービジネスの課題を「民泊」のよくあるトラブルから考える

シェアリングエコノミービジネスの代表的なサービスである「民泊」

2018年6月には、民泊に関する新法が施行され、新たな成長市場としてますます注目を集めています。

一方で、民泊については、すでにさまざまなトラブルがニュースなどで報道されています。

トラブルとしては、シェアリングエコノミービジネス全般に言えることですが、プラットフォームを活用して取引を行っていても、最終的には個人間で契約を結ぶことになります。

そのため、安全な利用は双方の良心にゆだねられている部分が多いものの、中にはそれを自覚できていない人も多く、「当事者間」で解決しなければならない問題の解決が遅れ、交渉が長引いてしまうことも…。

民泊に限らず、どのようなシェアリングエコノミービジネスであっても「トラブルを未然に防ぐ」ための仕組みが欠かせません。

その仕組みを構築するために必要なものはサービスモデルによって変わってきますが、どのサービスも基本的に「金銭のやり取り」が発生するという点では共通しています。

シェアリングエコノミービジネスでは、特に利用者間に金銭的なトラブルが起きると、プラットフォームを運営する事業者に批判が集中する傾向にあります。

一方、プラットフォームの信頼性が損なわれてしまうことで、事業が立ち行かなくなり、消えてしまったサービスも少なくありません。

そのため、利用者が安心できる決済システムの導入が、今後のシェアリングエコノミービジネスの鍵を握ると言えるでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

株式会社Samurai's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more