What we do

【3年半で50万ユーザー50万投稿を達成!グルメサイト『SARAH』を運営】 弊社のメインサービスは、2015年4月にスタートしたおいしい一皿が集まるグルメコミュニティアプリ『SARAH(サラ)』です。 既存のグルメサイトが店舗への口コミを中心としているのに対して、SARAHはレストランの一皿に対する口コミを中心としたアプリです。人気のメニューランキング、人気のユーザーを表彰するユーザーアワード、各ジャンルを極めたグルメマスター、レストランのおいしい一皿を表彰するメニューアワードなど、様々なコンテンツを通して、おいしい一皿に出会うことを応援しています。 例えば、「渋谷 ポテトサラダ」や「東京 担々麺」などメニュー単位で検索し、人気メニューのランキングが見れることが最大の特徴です。 現在はほぼプロモーションなしであるにも関わらず、3年半ほどで、50万ユーザー、50万投稿という大規模サービスにまで成長してます。雑誌『週刊ダイヤモンド』の「グルメサイト満足率ランキング」にランクインしたり、NHKの情報番組『ニュースシブ5時』で紹介されたりするなど、今、伸び盛りのサービスです。 App: https://sarah30.com/about Web: https://sarah30.com/

Why we do

【LIVING COMPANY】 SARAH.incは『LIVING COMPANY』というコンセプトのもと、 生きている実感がわくようなサービス、ワークスタイルを創出していきます。 会社とは世の中を豊かにするためにできた仕組みです。 同時に、個人のゴールに向けてメンバーで助け合う集団でもあります。 その中で現在、本当の豊かさとは何か、人とは何か、そんな答えの無い問いを見直す時代に差しかかっていると感じています。 SARAHにはお金や出世だけがゴールではなく、本当の豊かさについて考えるメンバーが揃っています。 創業後しばらく経営理念や会社としてのビジョンは無理に考えないという方針でしたが、会社の雰囲気から自然と出てきた言葉が『LIVING COMPANY』(生きている会社)でした。 ベンチャーの使命である利益を追求しながらも、「生きてんな〜」と実感する、そんな人間的な組織をみんなでつくっていきましょう。

How we do

年に一度は自然に囲まれて合宿
2017年末に移転したオフィス。内装や家具も社員で協力して作り上げました。
【離職率0%。みんなが幸せになれる組織を】 「ルールが少ない」ことがSARAHの1つの特徴です。 例えば、お昼寝はもちろんOK、会社に子供を連れてきている社員もいます。この文化の根底には上記の『LIVING COMPANY』というビションがあります。 生きていると環境は変わっていきます。ルールに関しても、困りごとがあったら、その都度判断しています。重要なのは制度を作るということよりも、みんなが幸せになれるか、ということなので、『どっちがハッピーなんだろう?』という基準で判断しています。 現時点で、離職率は0%。メンバー個々の裁量が大きく、自由な社風です。フラットな関係で、お互いを尊重しつつ働いています。 繰り返しにはなりますが、SARAHにはお金や出世だけがゴールではなく、本当の豊かさについて考えるメンバーが揃っています。 そんなメンバーと一緒に働きたいと思っていただける方を募集しております。