1
/
5

What we do

TVログを国民1億人が使うメディアとして成長させます。
代表取締役社長の山本尚宏。特殊な経歴の持ち主です、ぜひお話しに来てください!
株式会社猿には、現在5つの事業部があります。 【Webマーケティング事業部】 日本をもっと輝かせるために『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』という信念を持ってクライアント企業に対してLP戦略や記事制作、SEO記事制作、広告運用などを活用したマーケティングコンサルティングを行っています。 https://saru.co.jp/ 【HOW TO MARRY】 『日本を世界で一番愛を感じられる国にする』という信念を持って、結婚を予定している女性たちに寄り添ったリアルで役立つ情報をお届けするウェディングメディアを運営しています。結婚指輪や結婚式場のご紹介も行っています。 https://how-to-inc.com/ 【不動産投資の教科書】 『不動産投資業界をもっと健全でわくわくするものに』という信念を持って、不動産投資をしようとしている方のミシュランガイドとなるようなメディアを運営しています。 https://fudousan-kyokasho.com/ 【Y・A・C】 『わくわくするような情報で働く女性を後押ししたい』という信念を持って、忙しく生きるすべての女性の人生を肯定し、応援できるような女性向けメディアを運営しています。 https://very-precious.com/ 【TVログ】 国民のわくわくした毎日を加速させるため『国民1億人が使うサービスを創る』という信念を持って、TV業界に「視聴率」とはまた違った評価軸を創ることを目的としたレビューサイトとメディアの運営をしています。 https://tv-log.com/ 【クリクロ】 『人々のファッションライフを豊かにする』という信念をもって、人々がファッションをもっと楽しめるようなサービスを新規事業として始めています。

Why we do

TVドラマのリアルな口コミがたくさん!面白いドラマがわかるドラマ口コミサイト「TVログ」
”人のこころに眠るわくわくを呼び覚ます - わくわくを引き出すアイデアを駆使して日本をもっと輝かせる” これが株式会社猿の存在意義です。 まず、一番にわくわくして欲しいのは猿のメンバー全員です。 メンバーがわくわくせずに、クライアント、ひいてはエンドユーザー(クライアントのクライアント)をわくわくさせることはできません。 そのため、メンバーが自発的に楽しく働ける環境創りに尽力しています。 そうすることで、クライアント、エンドユーザー、さらに日本全体が活性化してくれるはずと考えています。 また、猿では若手の育成にも力を入れており、数多くのインターン生が在籍しています。 一般的に「社会人3年目までは教育期間で、即戦力化は難しい。」 と言われていますが、 猿の長期インターンシップでは、様々な挑戦と責任感を養う経験をしてもらうことで、 社会人として求められるビジネスマナーの基礎は勿論、幅広くビジネス戦闘力を持つ人材の育成を図っています。 スキルを習得するだけではなく、社会人として、人として大事なことを多角的に身に付けた即戦力となる学生を社会に輩出することで日本社会の生産性向上にも貢献したいと考えています。

How we do

半年前に引っ越した青山一丁目のオフィス。
猿社のPrinciple(行動原則)。常に意識しながら行動します。
「楽しんで働くことができるか」ということが仕事をする上で大事だと考えています。 社会や人々に対してどんな役割を果たすのかを鮮明に想像し、理解できるならば、自ずと目標を掲げて、未来にわくわくしながら楽しく仕事に取り組むことができるはずだからです。 また、目指すゴールが同じであれば、同じ環境で働く仲間に対して感謝と思いやりが生まれます。 その考えのもと、インターンシップでは「バディ制度」を導入し、インターン生同士で協力しながら課題に取り組んでもらっています。 カリキュラムを遂行する上で、どのように仕事を進めていけば達成できるのかといったことを先輩インターン生に教えてもらい、先輩インターンは教えることでアウトプットのノウハウを身に付け、自分自身の学びと課題に繋げます。 その他、メンバーの働きやすい環境作りのために、福利厚生などにも拘っています。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/saru/post_articles/205868