1
/
5

猿の新たな褒め文化。受賞者インタビューから見える猿メンバーの家族のような関係性。#MVI受賞者interview01

こんにちは!猿人事部の今村です!
今回より猿の月間社内表彰で受賞した社員のインタビューを毎月連載していきたいと思います。

猿では6月より新たな社内の取り組みとして、月間MVI表彰式がスタートしました!

そもそも月間MVIとは?

MVPではなくMVI、、、?と感じている方も多いと思いますが、

Most Variable IKI(粋な人)を略してMVI!という猿ならではの粋な表彰制度なんです。

猿のPRINCIPLES(行動原則)に沿って活躍していた“最も粋な人”を全社員が毎月投票を行い、投票の中から選抜された1名が全社会議で表彰されます。

この制度は、活躍している1人1人にスポットを当て、社員同士が称え合うことでモチベーションや関係性向上に繋げ、やりがいを持って働ける環境にしていきたいという想いから生まれました。

そしてこちらが猿のPRINCIPLESです。

このPRINCIPLESに合致した行動をしている社員を、そう感じた具体的なエピソードを添えて投票します!

そして今回!

初の月間MVI表彰式が実施されました。
記念すべき第1回MVIは誰が掴み取るのか、、、緊張感漂う全社会議でしたが、何と受賞者は2名。
そのお二人がこちら!

月間MVI受賞の富田さんと、月間MVIサポート賞受賞の美穂さんです!

富田さんと美穂さんは、実はお互いをMVIに投票していたまさに相思相愛ペア。

全社会議で美穂さんは富田さんを月間MVIに推薦した理由を以下のようにコメント。

富田さんは一言でいうと私にとってお母さんのような存在。近くで仕事をさせて頂いて日々感じるのは優しさを具現化したら富田さんだなと思う程、とても優しくて思い遣りに溢れた方だということ。まさに猿のマザーテレサだと感じ、投票しました。
(選んだPRINCIPLES:マザーテレサのような思い遣りと感謝)

お互いに賞賛し合う姿がとても素敵で、会議中にリアル泣きそうになった今村でした…。

MVI受賞者には社長より粋なプレゼントが贈呈されるのですが、今回はこちら!

家事育児と仕事を両立する富田さんにはリラックス体験GIFT、お酒がお好きな美穂さんにはペアのビアグラスをプレゼント。粋ですねーー、、!

そして今回!
第1回表彰式の受賞者であるお二人に受賞後インタビューを行いました!
全社員の中から選ばれた富田さん、美穂さんから業務内容・仕事のコツ・猿に入社するまで・お互いのことなどなど、様々な質問に応えて頂くことで猿で活躍するメンバーの魅力を解き明かしていきますーーーー。

自己紹介

ー 富田さん、美穂さん月間MVI受賞おめでとうございます!まずはお二人の簡単な自己紹介をお願いできますでしょうか。

<富田>
はい、マーケティング事業部所属の富田です。猿には2018年に入社いたしました。
趣味は、自宅にママ友や子供のお友達を招いておもてなしをすることですね。私も友人宅に招かれることが好きなので(笑)自分の好きなことを相手にも体験してもらうことで良さを感じて欲しいという想いから、気づけば趣味になり、よく自宅で大人数のパーティーを開いています!

<美穂>
同じくマーケティング事業部に所属しています。私は猿に2020年に入社いたしました。
趣味は温泉、サウナ、岩盤浴、筋トレ、ヨガ、散歩など、主に健康関連のことが好きですね!

ー 富田さんはすでにマザーテレサ感!美穂さんは健康意識高い〜!お二人とも本日はよろしくお願いします!

猿に入社するまで

ー 猿には中途入社と伺いましたが、前職はどのようなことをされていたんですか?

<富田>
新卒で法律事務所に入社してパラリーガルを務めていました。その後企業の法務部に転職をして、出産・育児により仕事を離れている時期がありましたね。

<美穂>
私も新卒で法律事務所に入社しました。大学時代はパラリーガルのアルバイトもしていて、富田さんとは大学も学部も学科まで同じで共通点が多いんです!新卒では弁護士秘書を務めながら副業でライター業も行っていたので、その経験が今も活かせています。

ー お二人共法律関係のお仕事に従事されていた経験があるんですね!猿にはどんなきっかけで入社したんですか?

<富田>
育児も落ち着いて、復職を考えたタイミングで猿の求人を見つけました。
週3日〜でも働けるという条件だったので、育児と両立しながら働けると思いましたし、WEBマーケティングの業界に知見はないものの、業務が法律に関わる内容だったので自分と親和性があると感じて応募しましたね。
WEBマーケティングについて全く知識が無かったので不安でしたが「全然大丈夫ですよ」と山本社長が温かく迎えて下さりました。

<美穂>
私は副業でライターを行いながら、文章で人に物事を伝えることがとても好きなことに気づいて、ライター業務を本業にしたいという想いが強くなりました。また、前職では目上の方が多く、トップダウンなことが多い職場だったこともあり、もっと主体的に働きたいと思ったのも転職理由の一つです。
そんな時、猿が運営しているメディア「不動産投資の教科書」のライター募集の記事を見つけて興味を持ち応募しました。

仕事内容・1日のスケジュール

ー 今では猿に欠かせないお二人ですが、具体的なお仕事内容を教えて下さい!

<富田>
私は記事制作のディレクションとサイト運営を担当しています。
サイト改善をシステム担当の方と話し合ったり、ライターの方に記事修正を依頼したり、社内外ともに多くの方とやり取りすることが多い業務ですね!

<美穂>
私は富田さんの業務サポートを行いつつ、コンテンツ制作やSEO対策などのメディア運営全般と不動産投資の教科書メディアのリライトや限定公開記事の執筆を行っています!

ー 富田さんはディレクション業務がメインで、美穂さんはライターなど制作業務がメインという感じでしょうか!1日のスケジュールも知りたいです!

<富田>
現在は週1で出社、それ以外はテレワークで働いています。
とある出社した日のスケジュールはこんな感じですね!

05:30▶起床・シャワー
   家事(お弁当、朝ごはん、子供送り出し、洗濯等)
11:00▶︎出社
   チャット連絡確認・処理
MTG準備・実施
13:00▶︎お昼
14:00▶︎記事のテーマ選定
    ライター振り分け連絡
    記事構成作成・チェック
CTA改善提案
19:00▶︎退社

<美穂>
私も基本はテレワークで週1回出社しています!

04:30▶︎起床
    ヨガ、出勤準備
07:00▶︎オフィス周辺で朝ごはん
09:00▶︎出社
    各業務の定例MTG
構成・記事チェック
12:00▶︎お昼
13:00▶︎社内外ライター進捗管理
    ライティング業務
18:00▶︎退社

ー お二人とも朝が早い〜!!朝からとても充実していますね。私も見習います!

お互いの尊敬ポイント

ー 今回は図らずしてお互いをMVIに投票していたわけですが、投票理由を教えて頂きたいです!

<美穂>
はい!富田さんはまさに私の理想の母親像そのものなんです。
とても寛大な優しさを持っていて肯定力が高いので、毎回大きな仕事が終わるたびに「ここが良かったよ」と褒めのフィードバックを下さります。
出社した際は仕事の話はもちろんプライベートの相談まで乗っていただいたり、雑談にも楽しく付き合って下さったり、まさに猿のPRINCIPLESにある「マザーテレサのような思い遣りと感謝」を自然な行動として実行されている方だと思い、今回投票いたしました。

<富田>
そう言っていただけると凄く嬉しいですね。ありがとうございます!
私は美穂さんに「期待を3歩超えてワクワクを生み出す」のPRINCIPLESを選択して投票しました。
依頼したことに対して必ず期日前に提出してくれること、ただ早いだけではなく提出内容のクオリティが高いことが美穂さんの期待を超えてくれる素晴らしい部分だと感じています。
また、記事チェックの際は、書いてあるものありきで「、」など気になる箇所だけ修正するという考えではなく記事の内容そのものにこだわりを持って修正してくれるので、ユーザーに記事を通して「どう思ってもらいたいか」という気持ちが強いんです。
スピードとクオリティ、どちらも兼ね揃えている部分が、美穂さんの期待を超えてくれる素敵な部分ですね。

<美穂>
富田さんありがとうございます…!
入社当初、新たな環境に緊張してガチガチだったんですが、富田さんとお会いした瞬間からその優しさ全開な雰囲気に一瞬で不安な気持ちが払拭されたのを今でも覚えています。
優しさだけでなく、時には業務として厳しいことを話して下さることもありますが、最初は必ず肯定から入る寛大な人柄をとても尊敬しています。

ー 業務の中でこんなに相手の良い部分を感じることが出来る関係性が本当に素晴らしいですね!

仕事で大事にしていること

ー 普段から仕事で心掛けていること、大事にしていることはありますか?

<富田>
仕事は誰か一人でも欠けてしまったら回らないと思うので、仲間だけでなく全てのあらゆる関係者の方々をとても大事にするようにしています。
本当は社内だけでなく社外の方とも直接お会いして交流を深めたいんですが、今はテレワークが推奨されている時代なので、中々会えないことがもどかしいですね。
なので日頃やり取りするチャットの文章一つ一つを丁寧かつ気持ちが伝わるよう表現することを意識しています。

<美穂>
私は何事も“素早く丁寧に”ということを大事にしています。
入社当初、業務の進捗が悪く仕事が積み重なってしまい、社長に相談したことがあるのですが、その時社長から「時間を決めて丁寧にやろう」とアドバイス頂きました。それからはどんな業務にも何時までに終わらせるという時間配分を徹底することと、スピードだけで雑な仕事にならないよう丁寧さを意識するようになりました。

猿の好きなところ・描く未来

ー お二人の描くvisionを教えて下さい!

<富田>
今はとにかく、成果を出すことに重きをおいています。
まだまだ自分に期待して頂いていることを実現できていないと感じています。成果を出さないことには次のvisionを具体的に見据えられないと考えているので、現在任せて頂いているディレクション業務とサイト運営の結果を出していくことが目前の目標です!

<美穂>
私も富田さん同様に、まずは現在任せて頂いているメディア運営などの業務を通してクライアント企業様の魅力をより多くのお客様に知って頂くよう貢献することです。
その先に猿で挑戦してみたいことは健康関連に特化したメディアを立ち上げたいですね。私自身が温泉や岩盤浴などを好きということもありますが、人生100年時代と言われていますし、需要があるのではないかと考えています。

ー 健康関連メディア…!すでに今村に需要があります!(笑)実現が楽しみです!
最後に、猿の好きなところを教えて下さい!

<富田>
“人”ですね。人間力の高い方が多いことが猿の魅力ではないでしょうか。
世の中の会社には色々な方がいるので、変わっている方や話しかけづらい方がいるのも普通だと思います。しかし猿に居てそのように感じた方は1人もいません。共感力が高く優しい方々ばかりで猿の皆さんが大好きです!

<美穂>
私は常に“新しい風が吹いている”環境が好きです。2021年度から新卒採用を始めたということもあり、社内は21卒社員や22卒インターン生といった若手メンバーの活気で溢れていますし、PRINCIPLESを一新するなど近い未来にIPOを見据えて新たな取り組みや挑戦を常にし続けているので、会社の成長に伴うスピーディーな移り変わりを肌で実感できる環境にとてもワクワクしますね!

ー お二人の人柄から改めて猿の温かい社風を実感しました!本日は本当にありがとうございました!!

インタビュー後記
富田さん美穂さんの取材をしていく中で感じた二人の共通点は、仕事に対するストイックな姿勢と自分より相手を思いやる人間力の高さ。記事制作等の依頼をする立場の富田さん、依頼を受け制作を担う美穂さん、どちらも相手に対し“思いやり”と“感謝”の気持ちで接しているからこそ業務が円滑に進んでいるのだと感じました。自分が忙しいと、周りへの気遣いや配慮に欠けてしまうことがありがちですが、富田さんと美穂さんのような優しく朗らかな雰囲気でいつも振る舞えるよう見習いたいですね!富田さん、美穂さん、本当にありがとうございました。
株式会社WonderSpace's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more