シアトル愛が止まらない!?シアトルのValueを体現しまくっているキャリア採用担当に色々と聞いてみた。

みなさん、こんにちは。


金麦のゴールド・ラガーが美味しすぎて困っています!


出戻り人事の増永彩です。




今回は、2016年4月に新卒採用で

シアトルに入社された渋谷さんをご紹介します!

▲シアトルメンバーとディズニー!!!


▼ プロフィール
名前:渋谷 瞳(しぶたに ひとみ)
入社:2016年4月
所属:Corporate Group
生年月日:1993年5月25日
出身:東京都
趣味:YouTube鑑賞、ドライブ(自分で運転する派)、読書、テニス



新卒で営業職としてシアトルに入社し、

今は人事(キャリア採用担当)として大活躍中の渋谷さん。


そんな彼女、常日頃よりシアトル愛が止まらないんです。


何でそんなに会社を愛しまくってるの?(笑)

営業から人事に移った経緯は?


などなど、気になる疑問をどんどんとぶつけてみました。



ぜひ、ご覧ください!


(もう慣れていただきましたよね?笑
 やっぱり口語体は関西弁になっておりますので、予めご了承ください。)




■シアトルへ入社した理由

増永(以降:増): 今日はよろしく!

渋谷(以降:渋): よろしくお願いします!

増: いつも一緒に採用業務やってる渋ちゃんにインタビューするんは何か変な感じ。(笑)

渋: そうですね。(笑)

増: でも、始めます!入社理由を教えてくれる?

渋: はい!理由は大きく分けて2つで、1つ目は「人」です。

増: 見事に100%くらい、みんな「人」に惹かれて入ってきてくれるなぁ。

渋: はい。(笑)
   新卒の会社説明会では、会社のイメージビデオのようなものを流していたんですが
   そこに出てこられていたシアトルメンバーの雰囲気が良くて、とても興味を持ちました。

増: 新卒ではビデオ流してるもんね。社風が伝わるいいコンテンツやね!

渋: はい!
   Identity(チーム・シアトル)が
   上手く会社に浸透してるんだなぁ、と感じたのを覚えています。
   2つ目の理由はまさしく、その「チーム・シアトル」に
   とても惹かれたからなんです。

増: シアトルといえば!!!っていう特徴の1つやね。

渋: はい!!

増: その2つを軸にしたきっかけとかってある?

渋: 大学生の頃、イベントサークルに所属していたんですけど、
   所属当初は参加率も悪くて、いつも来るメンバーは同じで
   中心メンバーしかサークルを楽しめていない、っていう問題があったんです。


渋: せっかくチームになれたのに、一部の人しか楽しめないのは寂しいな
   
と思っていて、みんなが楽しめる企画ってなんだろう?って考えたり、
   アンケートをとったりしながら、少しずつ改善していったら
   参加人数が増えていったり、改善に協力してくれる人が出てきだして。

増: おぉ!嬉しい変化やねー。

渋: はい。少しずつ雰囲気が変わったんですけど、その一体感を作り出せたことが本当に嬉しくて。
   一体感のある会社に行きたいな、と思うようになっていて、
   「人」、「チーム」の強みを持っているシアトルは私にとって、とても魅力的でした!

増: なるほど。

渋: 来社時にエントランスなどで社員の方に声をかけてもらえたり、
   代表と気軽にコミュニケーションがとれるような社風にも惹かれました。

増: シアトル愛が止まらない。(笑)




■シアトルで担当してきた業務

増: シアトルではどんな業務を担当してきたの?

渋: 最初の1年半はSESの営業を担当しました。
   とにかく数を経験しなきゃ始まらない!と思っていたので
   新規のパートナーさんにアポをとりまくって、開拓・開拓・開拓の日々でした!

増: 当時営業一緒にやってたけど、めちゃくちゃ高い目標を掲げて頑張ってたよね。
   常にスケジュールがびっしりでガッツすごいな、と驚かされたのを覚えている。
   常に小走りしてたよね。(笑)

渋: はい!(笑)とにかく足を使う営業をやっていました。
   半年が経った頃には、一部クライアントも担当させていただきましたね。
   クライアントは金融関係が多かったです。

増: SES営業として、クライアント、パートナー両軸の業務を経験したんやね!

渋: はい。そして、2017年夏頃に京和さん(代表)から
   人事が人手不足で大変だから手伝って欲しいと相談をもらったんです。
   前々から人事は興味がある仕事でしたので、
営業メンバーに
   相談の上「是非やってみたいです!」と回答しました。(笑)
   当初は営業と人事、月で半分ずつ工数を使いながら過ごしていました。

増: さすが!チャレンジしたんやね。

渋: 人事としてはキャリア採用がメイン業務でしたが、
   福利厚生の窓口や忘年会の企画・幹事など、幅広く関わってきました。

増: 人事メインになったのはいつ頃からだったの?

渋: 2017年12月からです!
   2018年度からは、キャリア採用チームのリーダーとして、
   採用やイベント企画、フロント業務(面接)、クロージングなどなど
   たくさん経験を積んでいっていて、対応できる範囲を広げようとしています。

▲渋谷さんが企画・デザインしたTシャツに袖を通すシアトルメンバーたち



■「営業」と「人事」を経験して思うこと

増: 営業も人事も経験して、それぞれについて経験できて良かった点や反省点などある?

渋: 広く浅く経験してしまっているので難しいですが、まずは営業。
   若手であったにも関わらず、クライアント企業の取締役クラスへの
   ご提案やお話ができるチャンスがいただけたことが、良い経験になりました。
   入社初年度で積める経験ではなかったかなと思っています。

増: 確かに、私も営業時代、”私ここに、いていいのかな・・・?”って、よく思ってた。(笑)
   周囲を見渡せば限り、代表や取締役、ベテラン営業さんばかりで・・・。

渋: すごく貴重な経験でした!
   反対に、営業としてはまだ未熟なまま、人事へ移ってきてしまったので、
   もっと営業としてバリバリ売り上げを作る!
   みたいなこともしたかったなと後悔もあったりします。

増: 目まぐるしく過ぎていったんやね。
   渋ちゃんの行動力があれば、営業としても数字作れたやろうなと思うけど。
   人事に関してはどう?

渋: 採用業務はもちろんですが、福利厚生や社内制度についても触れられるので、
   大学のサークル時代に感じた「みんなに幸せになってほしい」という想いが
   実現できる職種
だと感じます。
   社内のみんなを幸せにしたい、という想いが根幹にあるので、
   私に人事職はとても向いているのかな?と思っています。

▲渋谷さんが所属する「イベント盛り上げ隊!」のイベントは毎度、大盛況!!

渋: また採用の点でいうと、人事は求職者の方の人生を変える大事なポジションだと考えています。
   多くの方は今の会社に対して課題や不満を抱えていたり悩んでおられるので、
   その方々がハッピーになれて、人生を変えるきっかけをシアトルで見付けて欲しい!と
   いつも思って採用活動に臨んでいます。

増: うんうん、分かるな。転職って、人生の一大イベントだからね。
   こちらも求職者さんに真剣に向き合う必要があるよね。



■「人事」のやりがいとは

増: 人事のやりがいってどんなこと?

渋: 採用業務で挙げるならば、「転職」という
   人の人生を変えられる機会に携わることができる点ですかね。

増: 人生の一大イベントのきっかけになれることは確かに大きいよね。

渋: はい!人事業務で挙げるならば、
   社員をハッピーにできるところでしょうか。

渋: 社員の意見を参考に、福利厚生などの制度を充実させていくことなどができますし、
   人事って会社の文化や雰囲気を体現するポジションだと思っています。

増: (か、かっこいい。。)笑

渋: 会社と社員の架け橋になれるよう、頑張っていきたいです!

増: 応援しています!(お前もやれ。)



■今後の抱負

増: 既にかなりのことを経験していると思うけど、今後の抱負ってある?

渋: 人事部長的なポジションにつきたいと考えています!

増: なるほど!!!

渋: 採用業務だけではなくて、人事労務や広報など幅広い知識を
   持っていかなくてはいけない
、と思っているので、
   これからどんどんと不足している部分を勉強していきたいです。

増: 応援しています!!!(お前もやれ。)




■シアトルの好きなところ

増: シアトルのどんなところが好き?

渋: 圧倒的に「人」です!

▲みんなで仮装姿で過ごすハロウィンDAYも毎年開催

増: おぉ!やはり!!!(笑)

渋: みんなめちゃくちゃ個性的でユニークなんですが、いい人!!!
   他社の友達と飲むと、先輩の愚痴をよく聞くのですが、
   ”シアトルではそんな風に思うことないなぁ”っていつも思って
   恵まれてるんだなぁと感じます。

増: 確かに他社さんと比較すると、分かりやすいかもね。
   圧倒的に人間力の高い人が多いと思う。

渋: 自グループもそうですが、思いやりがあって、
   後輩想いで優しくて、暖かい人ばかりです。
   いつも、みなさんに甘えさせてもらってるなぁと感じています。

増: 愛が止まらない。(笑)


■どんな人をWanted?

増: どんな人に入社して欲しいと思う?

渋: 変化を前向きに捉えられて、
   自分の思いや意見をポジティブに発信していける人ですね。
   保守的な人には、シアトルは合っていない会社だと思います。

増: 納得!

渋: TeamTech(シアトルのコア・コンピタンスであるチームワーク×ITの技術・概念)も
   浸透してきましたし、自身の意見を発信できる人は、
   今後もっともっと前進できるはずだと思っています。

増: 会社のEngineとなってくれる人がどんどんと増えていけば嬉しいね!




■最後に

渋谷さん、ご協力ありがとうございました!


めちゃくちゃエネルギッシュで、

シアトルのValue(行動指針)をいつも全力で体現してくれている渋ちゃんに

シアトルメンバーはいつもパワーをもらっています。

▲常に動いている渋ちゃんを被写体にするのは至難の技(笑)



これからも

Valueを誰よりも体現する渋ちゃんでいてください!!!


今後とも、よろしくお願いします。




シアトルにはまだまだご紹介したいメンバーがたっくさん!!!

次回もお楽しみに。

シアトルコンサルティング株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings