全てのことに共通する成長の法則は「超回復」だ!


こんばんは

シーズアンドグロース17卒内定者の仙田です。



私事ですが、先週末、中学校時代に所属していたサッカー部の同窓会があり、

当時のチームメイトと恩師、コーチとお会いする機会がありました。

それぞれ近況を報告したり、昔話で盛り上がったりと楽しい時間だったのですが、

その中で、当時恩師が話をしていたトレーニング理論が話題にのぼりました。



「超回復」



スポーツをやっていた方や、体を鍛えることが好きな方は

もしかしたら聞き馴染みがあるかもしれません。

筋肉を大きくすることを目指すとき、

筋肉に負荷をかけ(=運動)、筋繊維が破壊されたあと、

充分な栄養と休養をとることで、

トレーニング前より筋肉が大きくなり、筋力が向上すること。

これを「超回復」と言います。





「超回復」には「運動」「栄養」「休養」のバランスが大事で、

「運動」が足りない、つまり負荷が足りない場合や、

「栄養」が足りない場合、「休養」が足りない場合には、

筋肉が強くならず、時には弱ってしまいます。


そしてこの「超回復」が全ての事に共通する

成長の法則だと、私は思います。


スポーツの場合は

「運動」:練習、筋トレ

「栄養」:食事、サプリメント

「休養」:睡眠

となります。

これを全ての事に共通するように例えると

以下のようになるのではないでしょうか。


「運動」:全力で取り組む

「栄養」:情報を得て、取り入れる

「休養」:振り返り、休む


例えば勉強の場合、自分は以下のように考えています。

「運動」

制限時間や期日を決めて、できないことでもできないなりに全力を尽くす


「栄養」

分からないことについて調べる


「休養」

できたこと、できなかったことを振り返り、

次に備えて休む

(寝る、気晴らしをするなど)



そして私が「運動」「栄養」「休養」それぞれの段階で

大事にしていることがあります。

「運動」

●期限を決める

●期限まで100%を尽くす

●できなくても、できないなりにやる


「栄養」

●知らないことについて調べる

●知っている人の話を聞く

●得た情報を取り入れる(勧められた本を読む、アドバイスを実践するなど)


「休養」

●できたこと、できなかったことを整理し、できなかったことから目を背けない

●次にまた100%で取り組むために、休むときはとことん休む



ここ数カ月、シーズアンドグロースで内定者として仕事をしていますが、

最近では仕事においても、成長していくためには

「超回復」の理論は大事だと実感しています。


自分の中で期限を決めて全力を尽くし、

先輩からのフィードバックや自分で調べた情報を取り入れ、

結果を振り返って、

休むときにはとことん休む


これを繰り返すことで、小さな成長が重なり、

半年前の働き始めた当時より、

かなりの成長が積み重なってきたのではと感じています。


これからも「超回復」を繰り返して、

少しずつ成長を重ねていきたいと思う、今日この頃です。

シーズアンドグロース株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings