[現地直送便] サンフランシスコ出張記 OneLogin Connect19 Report2

はい、みなさん、こんにちは。宮澤です。
アメリカのハンバーガー、思ってる倍ぐらいある。

今回、現地時間の9月25日、10月3-4日にそれぞれ行われる、以下のカンファレンスに参加するため、サーバーワークスから、3名海外出張に行っています。

【onelogin connect 2019】
https://www.onelogin.com/events/connect/connect-sf
【BoxWorks 2019】
https://boxworks.box.com/

DAY3は、9月25日に開催された、"OneLogin Connect 19"のイベント内容をレポートの続きを紹介したいと思います。
イベントのアジェンダは以下で公開されてます。
https://www.onelogin.com/events/connect/connect-sf/agenda

DevOps

なんと、Terraformを利用して、コネクタを作成できるようになると紹介がありました。
AWSのSAMLコネクタなど、少々手間がかかるモノの場合、運用が楽になりそうです。

Sandbox

OneLoginは今まで、SANDBOX環境がなかったため、事前の検証を行うことが難しい状態でした。
今回、Sandbox機能がリリースされることが発表され、本番環境をそのままコピーしての検証などが容易になるとのことでした。
これは、エンタープライズ系の企業から多く要望があり、それを受けてのリリースのようです。

Hydra Infrastructure

OneLogin社の次の取り組みとして"Hydra Cloud Ingrastructure™"が紹介されました。
これは、信頼性を高めるための次世代のソリューションで、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのインフラを構築するということでした。

エンドユーザーのログインはとても重要な機能であり、それを読み取り専用で実現しています。

Routingに関しても、DNSを冗長化して、可用性とパフォーマンスをあげているようです。

ベースインフラに関しては、複数のデータセンターをアクティブで稼働しており、データセンターレベルなどでの停止に耐えられるようになっているようです。

また、各データセンター内のデータベースは以下のような形で冗長化やリードレプリカが構成されており、ユーザービリティと公開養成をあげられる構成になっているようです。

まとめ

後半のセッションでは、OneLoginをより安心して使うことができるようなお話が多かったです。
特に、OneLogin自体のインフラの構成に関しては、非常に勉強になる部分がありました。

株式会社サーバーワークス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more