1
/
5

森未来での半年間/Half a year at Shinmirai

皆さん。

12月になりました。この変わった年が暮れるとともに私のインターンシップも終わりを迎えます。今回の記事は私が森未来で過ごした時間を皆さんと一緒に振り返ってみたいと思います。

まずは、インターンのハイライトを紹介します。

  • 私の最初のハイライトは8月上旬に起こりました。森未来メンバーの浅野さんや宮口さんと一緒に、東京の新木場へ連れて行って頂きました。特に、珍しくて大きい板の印象が強く残っています。
  • 2つ目のハイライトは、1つのイベントではなく、8月から11月にかけて、他の森未来のメンバーにインタビューしたことです。他のメンバーをよりよく知る良い機会となっただけでなく、私の日本語を上達させて、インタビューの準備、実施、評価の仕方も学ぶ良い機会となりました。
  • 宮口さんとの顧客訪問は3つ目のハイライトでした。私は積極的に話すことはできませんでしたが、商談を体験したり、お客様の話をお聞きしたりするのはとても面白かったです。
  • 最後のハイライトは、浅野さんと一緒に吉野の地方に出張したことです。吉野は奈良南部に位置し、日本の林業の中心地として知られています。特に森本さんとの一日は、地元の木材市場とその森に連れて行ってくださったり、森本さんの家に一晩泊まらせていただいたりして楽しかったです。

それが私のハイライトでした。しかし、この半年間にはもっと多くのことが起こって当然です。以下では、良いことも悪いことも含めて、これらのことを振り返ってみたいと思います。

日本語を学ぶことが好きな私から見て、私のインターンシップの一番のポイントは、完全に日本語しか使わない環境だったことです。朝の「おはようございます」に始まり、夕方の「おさきにしつれいします」まで、一日中日本語を聞いたり使ったりしました。

特に電話のスキルを身につけられたことが嬉しいです。私はいまだに電話が苦手です。けれども、かなり上達したと言えるでしょう。

また、日本語学校の先生方も知らないような木材に関する日本語を勉強できたことも、幸いでした。

インターンの二つ目のメリットは、日本のビジネス文化を経験することです。例えば、「朝礼」のやり方や、お客様の見送り方などを学びました。 また、日本式のコミュニケーションも少し理解できたような気がします。言葉では言いがたいが、一般的には自分の意見を言うことよりも、聞いたり、空気を読んだりすることが重要だと思います。

森未来での3つ目の良い点は、仕事がない時間を自由に研究や人脈作りに使わせていただいたことです。教授や、ドイツで林学を学んだ日本人、その他の専門家とも話をしました。また、北海道で日本人の林学生に会ったり、林業会社を訪問したりしました。

完全に日本語しか使わない環境は、私の語学力を向上させるためにはとても良かったです。しかし、それは私の足かせにもなりました。写真を撮ったり、データをコピーしたり、ブログに短い記事を書いたりといった簡単な作業以外は、あまり役に立たなかったと思います。もっと役に立つ仕事や面白い仕事をしてみたかったので、悔しいです。

なお、日本語がもっと上手に話せれば、会社の事業や日本の林業についてもっと詳しく学べたのではないかと思っています。

私は森未来での時をとても感謝していますし、学んだことを将来に活かしていきたいと思っています。そのような機会はまだ見つからなかったんですけど、「なるようになる」と言いますよね。

以上です。いつもありがとうございました。

クリス

Dear readers,

It has become December. This crazy year comes to an end, and with it, my internship.

With this last article, I would like to review my time at Shinmirai with you.

First, I want to give you my highlights of the internship.

  • My first highlight happened in early August. Together with Asano-san, and Miyaguchi-san, we joined Mukai-sensei on an excursion to Tokyos timber market: Shinkiba. Especially the rare wood left quite an impression.
  • My second highlight was not a single event, but the interviews I did with some of the other Shinmirais from August to November. Not only were they a good chance to get to know the others better, but they were also an excellent opportunity to improve my Japanese and learn about how to prepare, conduct, and assess an interview.
  • The customer visits with Miyaguchi-senpai were my third highlight. I did not play an active role in it, but experiencing a business talk and listening to the customers were very interesting.
  • My last highlight was the business trip with Asano-san to the region of Yoshino. Yoshino is located in southern Nara prefecture and is known as the heart of Japanese forestry. I especially enjoyed the day with Morimoto-san, who took us to the local timber market and their forest and let us stay in his house for the night.

These were my highlights. But of course, much more happened during the last half a year. In the following, I want to review these other things, talking about the good and bad things.

From the perspective of someone who likes learning Japanese, my internship's best point was the complete Japanese environment. I did hear and use Japanese the whole day, starting with the "Ohayou gozaimasu" in the morning and ending with the Osaki ni "shiturei shimasu" in the evening.

I am especially proud of the phone skills I acquired. Don't get me wrong; I am still terrible at talking in Japanese on the phone. But, I can confidently say that I improved a lot.

Furthermore, I am also delighted with the thought that I learned all these wood-related Japanese words that my teachers probably don't know.

The second benefit of my intern was that I experienced Japanese business culture first hand. For example, I learned how to do a "Chourei" or how to see customers off. Also, I feel like I gained an understanding of group-intern dynamics. I don't really know how to put it into words, but I think that in general, listing is more important than giving your opinion compared to back home in Germany.

The third great aspect of my time at Shinmirai was that I was allowed to use my working time to research and network. I did talk with professors, with Japanese who studied forestry in Germany, and other experts. Moreover, I met Japanese forestry students in Hokkaido and visited forestry companies in Kochi, Gifu, and Nagano.

The complete Japanese environment was great for improving my language skills. But it did also hinder me. Apart from simple tasks such as taking photos, copying data, or writing short articles for our blog, I was not very useful to the team. Work that was more helpful or more interesting to me was just out of my Japanese capabilities.

Also, do I feel like I could have learned so much more about the company's business or the Japanese forestry industry if I spoke better Japanese.

I am very thankful for my time at Shinmirai and hope to use what I have learned in the future. I have not found an opportunity to do so, but as the Japanese say: "Naru you ni naru."

That's all. Thank you

Yours,

Chris

株式会社森未来's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more