1
/
5

コロナ時代のオフィス環境のあり方

『前向きに退去支援&ビジネスチャンス支援』でTBSあさチャンに出演しました。

これからのオフィスのあり方を考えた時に

リモートワーク時代のオフィスのあり方を考えていく必要があると考えます。

コストは最低限で、集まりたい時にだけ集まれる場所(オフィス)のニーズが増えてくると思います。

またその際にリモートワーカーと集まっている場を繋ぐデバイスがある空間が必要になってくると思います。

まだ正解はない

これからのオフィスのあり方は会社の文化、業態によって正解が異なってくると考えています。もしかしたら正解なんかなく、常に変わり続けていくのかもしれません。

まだ誰も知らない答えを探していくことになります。

リモートワークの限界

リモートワークでは単純な業務は効率的にこなせても、
新しく創造できないものがあります。

オンライン型以外のビジネスは新しい創造なくして成長できない部分があります

ではこれからどんなオフィスが求められてくるのか。

これからのキーワード

集合より集中

今まで同じ場所にいることでコミュニケーションが生まれて、その熱量が一体感を生み出し、会社の運営のエナジーとなってきました。リモートワーク導入して大きな効果は業務に集中できることなのではないでしょうか。
その集中をどこ、どのように行うのかが問われています。

仮想背景などを使っても、家でのリモートワーク、クライアントミーティングには限界がありませんか?

リスク分散 ⇒ オフィス分散

みんなが集まるためのオフィスは1つのリスクに変わろうとしています。これからはオフィスを分散することで通勤、商談場所の距離を身近に、利便性を上げていくことが求められていきます。セキュリティが確保されている個室を確保できればTV会議での参加してもらうことで場所と時間を選ばない働き方に繋がり、オフィス分散がリスク分散につながります。

個人の選択肢の広がり

これからは仕事の成果を出せる人の雇用のニーズが増していきます。そのために、各自の事情が今以上に考慮されてくる時代になることで、働き方も会社に出社する人、リモートワークだけで働きたい人など、働き方の選択肢の広がりが始まっていくと考えられます。その人たちの選択肢の広がりの中でwithコロナ、アフターコロナに合わせた選択肢が広がっていきます。

そんなモデルケースオフィス作りました

コロナ自粛期間中に頂いたニーズに合わせて仕様変更していきます。

皆さんの希望に幅広く応えることができる空間提供をしていきます。

コストは最低限で、必要な時だけ仕事場を利用して、

集まりたい時だけメンバーと集まり、使った時間だけ支払うオフィス。

【オンラインとオフラインを繋ぐツール完備】
ZOOMなどのテレビ会議に連携したデジタルホワイトボード完備。
zoom、skype、teams、hang out、blue jeans、WebEXとの相性が良いから
メンバーに合わせてシステムを使い分けることができます

オンラインとオフラインが一緒にできる空間

私たちが得意なアナログからデジタル化への支援を行っていきます。

完全個室2か所を時間貸しで利用できて、働く場所と打合せする場所をご用意。

渋谷で始めるリモートワーク時代のワークプレイス
http://www.shibuya-office.tokyo/

withコロナ時代のワークスペース支援

リモートワークで仕事できるからと言って完全にオフィスをなくすわけにはいきませんよね?

1000坪の退去から30坪のオフィス移転まで支援しております。

今、『オフィス移転したいんです』と言って、『じゃあ物件探します』と言っている不動産屋はほぼあなたの会社ことなんか考えていません。

オフィス移転をすべきかは会社次第

まずオフィス移転をせずにできることがないかを私たちは提案しています。
それは私たちがレンタルスペースとシェアオフィスも運用している実績から提案できる内容になっております。

現在のオフィスを居抜きで退去したいというお問合せからスタート、これからのオフィスのあり方についてのワークスペース支援も行っております。

単純に物件を借りるから働き方、制度、会社の考え方まで色々と見直していく必要があります。

ワークスペース支援に関してはプロジェクト制でお受けしております。
ご興味がある方は気軽にご相談ください。

コロナ時代のワークスペースのヒントをお送りしております。
https://youtu.be/rVVFdJz5M-g

株式会社しんか's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more