不健康社員99.9%の会社が真面目に健康のことを考えてみた。

アドウェル株式会社、広報担当のきしなです。

弊社は食に特化したヘルスケア会社ですが、真面目に健康(主に食生活)のことを考えないことをモットーにしています。

それはなぜか!

一言でいうと

「真面目な健康=つまらない・大変・面倒くさい」から。

もちろん誰もが「健康でありたい!」とは思いますが、そのためには多かれ少なかれ努力が必要です。

・お酒を控える

・お菓子や脂っぽいものは控える

・夜遅くに食事をしないようにする

・野菜を食べるようにする

etc

総じて、食べたいものを思いっきり食べられない…何かしら我慢しないといけない…

そんな不自由さを感じざるをえません。しかし、健康のためにどれだけのことを我慢できるでしょうか?

残念ながら、それほどできないのが現実です。できたとしても、一生続けることは難しいでしょう。

また、健康のために頑張っていることが、本当に良いかどうかの検証をすることも難しいです。例えば、健康のためといって野菜ばかり食べていたとしても、足りていない栄養をきちんと摂れているとはかぎりません。実は同じ栄養ばかりを摂っていて、本当に必要な栄養は摂取できていないことは大いにあります。

真面目に健康のことを考えるのであれば、誰もが簡単に

「自分の栄養バランスを見ることができる」

「自分の食生活への気づきがある」

「健康になるための行動ができる」

それこそが、”自分の健康”と向き合うことへの根本的な答えのはず。

そんな思いから、アドウェルは「買い物履歴」から「栄養管理」をするサービスを提供しています。買い物情報から栄養バランスを見える化し、自分の好みにフィットした食材やレシピを提案するアプリを開発中。

私たちが口にしているもののほとんどが、“買い物”を通じて成り立っています。そこに注目し、買った食材を栄養素に変換し自動的に記録することで、買い物をするだけで日々の栄養バランスが分かるエンジンを開発しています。

私たちが目指すのは、今よりも少し健康になれること、今よりも少しマシになれること。しかし、健康のための我慢や無理は強いりません。

「食べたいものを食べて健康になれる未来」の実現に向けて、一緒に突っ走ってくれる方を募集しています!!

シルタス株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings