【社長インタビュー】世界一周から起業へ。〜自由という名の本質を求めて〜

広報担当のきしなです。アドウェル株式会社も創立2年を迎えることができました。ということで、代表の小原に創業当時のことをインタビューしました!

(きしな) 代表!起業しようと思ったきっかけは何ですか?

(小原) 昔から起業したいという思いがありました。大学生くらいからですね。

そもそも、日本で生まれたからエスカレーター式に日本で働く、という選択肢が自分の中にはなかったんです。どの国、どのエリアで働くのか、何をするのかを自分でちゃんと決めたくて。

でも、どこで働きたいかなんて、大学に通っているだけじゃ分からないじゃないですか。だから、まず世界が見たくて、大学3年生のときに世界一周に行ったんです。

気に入った国が見つかったら、そこに住んで仕事を見つければいいや、みたいな気持ちで日本を旅立ちました。世界一周中、同じようにバックパッカーをしている日本人の方にたくさん出会いました。

会社を辞めて世界一周をしている社会人の方もいて、日本の会社で働くのって本当に大変だと思いました。

何が大変かって、日本はいったん会社を辞めたら、ものすごいディスアドバンテージになってしまう。だから、会社を辞めて旅に出るという選択肢は、キャリアとかステータスとか、いろいろなものを捨てないといけないんですよね。

僕は旅が好きだから、絶対にまた世界一周に行きたい。だからといって、リスクは取りたくないという気持ちもすごくあって。その両方を満たすためには、会社に依存してはいけないと思いました。いつでもどこでも働けるスキルを身につけたくて、起業したいという思いが強くなりました。

僕の本質は学生の時から全然変わっていなくて、“自由になりたい”なんですよ。

自由になるために、何が必要で、どうなればいいのか、ということばかり考えていました。

とても現実的な話になりますが、社会的な自由を手に入れるためには、経済面での縛りをクリアにしないといけない。そういった意味でも起業したいと思っていました。


※世界一周中の写真 @マチュピチュ(ペルー)

(きしな) 大学を卒業してからは企業で働いていたんですよね?

(小原) 新卒でベンチャー企業に入社しました。学生からいきなり起業するよりも、社会人をやりながら起業の準備をしたほうが成功しやすいと思ったんです。スキルを高めたり、人脈を作ったり、お金を貯めたり、いろいろ必要なことがありますから。

資本金として9百万円を貯めた段階で起業しました。

自分で会社をやってみて、お金の大切が本当の意味で分かった気がします。銀行の口座がどんどん少なくなっていくのを見るのって、眠れないくらいの恐怖なんですよね(笑)

でも、絶対になんとかなるって思っていましたし、絶対になんとかしてみせるって思いました。僕はこの世に不可能なことって、ほとんどないと思っています。ほとんどのことには解決策がありますし、頭を使って、手や足を動かして、どうにか解決するしかないんです。

(きしな) なぜアドウェルという会社を作ったんですか?

(小原) 僕、もともと食べること、飲むことがメチャクチャ好きなんですよ。

僕のように、美味しいものを食べたいだけ食べていても、最低限の健康が担保される世界を作りたかった。

自分の食生活は悪いだろうという自覚があるので、将来の健康が心配だったんです。あと、食に関わる健康はけっこう矛盾が大きくて、その矛盾を解消したかったという気持ちが大きいです。

健康に気を使っている人はけっこう多いけれど、きちんとしたエビデンスがないまま行動していることが多いと感じます。本当に自分にとって良いのかどうかが分からないまま、なんとなく健康に良さそうな行動をしている。例えば、テレビで健康に良いといわれている食品やスーパーフードばかりが注目されている、みたいなことが残念だし不健全に見えました。

いろいろな起業家の人たちと話す機会が多いですが、何かしらの「矛盾を解消したい」という想いから起業する方が多いように思います。


※世界一周中の写真 やっぱりお酒が好き

(きしな) 実際、どんな風に起業に至ったんですか?

(小原) 起業のアイディアはいくつか持っていて、そのうちの1つが「SIRU+(シルタス)」です。

「SIRU+」のアイディアをいろいろな人に話したとき、「すごい良いじゃん!」「そのサービス使いたい!」という声は聞いていたので、ニーズがあることは確信していました。ただ、ビズネスとしてお金を儲けないといけないので、そこが当初は不安でした。

あるとき思い切って、とある企業にアイディアを持っていったんです。そうしたら、その企業が抱えている課題と「SIRU+」で解決できる課題が同じだったんです。

そこからは、トントン拍子で話が進んでいきました。

(きしな) 起業したての頃はどんな感じだったんですか?

(小原) 起業して1年くらいは、ほぼ1人でやっていたのですが、とにかく楽しかったです。人から見たら大変だったのかもしれないですが、全然大変じゃありませんでした。

むしろ、スムーズに話が進んでいって驚きのほうが大きかったです。

最初、自分1人と取引先企業の方2人だった打ち合わせが10人になり、役員会議になり、どんどん大きい話になっていくのが楽しかったです。

(きしな) 起業して良かったことは何ですか?

(小原) たくさんありますけど、一番はすべてを自己責任でできることかな。成功しても自分の責任、失敗しても自分の責任、というのが自分には合っているんですよね。サラリーマンだと、納得していなくても上司の指示ならばやらなくてはいけないことが多いじゃないですか。しかし、今はすべて自分で納得して行えるので、ストレスがありません。

また、実現したいことがどんどん形になっていく、というのは言葉では表しきれないくらいの感動です。とはいえ、まだまだこれからですけど!

スタッフも9人に増えて、個性的なメンバーばっかりで、本当にこれからが楽しみです!

シルタス株式会社's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
3 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon